※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


追加デート 通常

  • 好きなテレビ番組
○○「必ず見てるテレビ番組って、ある?」
 嵐「テレビ? 必ずってのは……ねーな」
○○「じゃあ、よく見る番組とかは?」
 嵐「スポーツ中継。柔道は、あんまテレビでやんねーけどな」
○○「そうかも。どうして?」
 嵐「プロの団体がねーからだろ。世界大会とか、すげー盛り上がんのにな」
○○「そう言えばそうだよね……プロってできないのかな?」
 嵐「出来てもいいけど、見世物みてーになんのは、やだな。俺は」
○○「嵐くんは、ストイックなんだね」
 嵐「まあな」
○○(なるほどね……)
 嵐「ストイックってなに?」
○○(…………)

  • 好きな食べ物
○○「好きな食べ物ってなに?」
 嵐「好き嫌いならねーよ」
○○「へぇ! ぜんぜん?」
 嵐「ねーな。あ……あれ! なんだっけ、ほら、緑色の。アド……アドガボ」
○○「アボガド?」
 嵐「ああ、あれはヤダな。果物なんだか野菜なんだか。油みたいな味がする。アドガボだ」
○○「アボガドね。そっか、それだけ?」
 嵐「あと、シイタケ。変な味だよな?」
○○「好き嫌い……あるよね?」
 嵐「あんなの好きなやついねーだろ。そういうのは、好き嫌いって言わねんだよ」
○○「言うよ!」

  • 好きなスポーツ
○○「柔道以外で好きなスポーツって何かある?」
 嵐「ある」
○○「あ、やっぱり! 例えば?」
 嵐「野球だろ? サッカー、バスケ、水泳、あとは……わかんねー。いろいろ」
○○「スポーツが得意なんだね」
 嵐「まあな。身体動かしてアドレナリン出あくるとさ、頭ン中霧が晴れたみてーになるだろ?」
○○「う~ん……なるの?」
 嵐「なるんだ、俺は。脳味噌のさ、考えるとこじゃねー部分が、フル回転する感じ」
 嵐「自分が動くイメージが浮かんで、一瞬後で、イメージ通りに勝手に身体が動き出す」
○○「すごいな……やっぱり、嵐くんはアスリートなんだね」
 嵐「そうなんだろうな。俺さ、よく思うんだ」
○○「?」
 嵐「走りながらテスト受けたら、ケッコーいい点とれんじゃねーのか、ってな」
○○(それは無理じゃないかな……)

  • 好きな音楽
○○「嵐くんは、どんな音楽が好き?」
 嵐「音楽? 聴かねー」
○○「そうなんだ。ぜんぜん聴かないの?」
 嵐「ああ、聴かねーな。あ、そう言えば……」
○○「?」
 嵐「後輩からCD借りてた」
○○「そうなんだ? どんなの?」
 嵐「わかんねー。聴いてねーもん」
○○「聴いてみればいいのに」
 嵐「やだよ、めんどくせー。おまえが聴いてどんなだったか教えて」
○○「CDの感想を?」
 嵐「そしたら、それをあいつに俺が言う。なるべく“通”っぽい感想だ。いいな?」
○○(何かヘンなことになっちゃった……)

  • 趣味について
○○「嵐くんって、なにか趣味持ってる?」
 嵐「…………」
○○「? どうしたの?」
 嵐「言わねー」
○○「どうして? 教えてよ」
 嵐「笑うもん」
○○「笑わないよ?」
 嵐「ホントかよ……」
○○「ホント!」
 嵐「えぇと……花をさ、育てんだよ」
○○「お花?」
 嵐「お花とか言うなよ。花だよ。菊だ」
○○「菊か……ちょっと意外かも」
 嵐「俺に、柔道教えてくれた人が、育てろって言うから」
○○「へぇ……柔道と関係あるの?」
 嵐「あるんだよ。師範が言うんだから。どういうカンケーか知らねぇけど」
 嵐「小学生の頃からやってんだ。これがまた、一年中なんのかんのめんどくせーったら……」
○○「でも、ちゃんと続けてるんだ?」
 嵐「まあな。秋に花を見んのは悪くねぇよ。前はただ面倒なだけだったけど、今は、好きでやってる気がする」
○○(精神の鍛錬なのかな……)

  • 学校のことについて
○○「嵐くんは、中学の頃はどんな風だったの? やっぱり柔道?」
 嵐「まあな。でも、3年になってからは勉強ばっかだったな」
○○「受験で?」
 嵐「ある程度勉強出来ねーと、はば学は無理だろ?」
○○「そっか……あ、そう言えば。どうして柔道部の無いはば学に入ったの?」
 嵐「まあ、色々あんだよ」
○○「……?」

  • 将来の夢について
○○「嵐くんは将来の夢ってある?」
 嵐「柔道に関係してる何かができてりゃいいな」
○○「嵐くんなら、きっとできると思うな!」
 嵐「……うん」
○○「?」
 嵐「あ、そうだ」
○○「うん?」
 嵐「家の庭で犬を飼う。5匹くらいがいいな」
○○「5匹も!?」
 嵐「お袋が犬アレルギーだからダメなんだ、うちは」
○○「でも、それだと実家じゃずっと飼えないよね?」
 嵐「うん、だから大人になって結婚してから。人生計画の一つ。飼いてぇなー、犬……」
○○(今、すごいことをサラッと言ったような……)

  • 異性の好み
○○「ねぇ、嵐くんの好きなタイプって、どんな感じ?」
 嵐「……好きな、タイプ?」
○○「うん」
 嵐「えぇと……組み手型のスタイルだな。重量級には行く気はねぇし――」
○○「女の子のタイプってことなんだけど……」
 嵐「ああ! そっちか、そっちな? なるほど」
○○「どんな感じ?」
 嵐「どんなって……えぇと、目が二つと鼻と口がついてて、そんで………………わかんねーよ。そんなの、あんま考えねぇし」
○○「そっか……じゃあ、可愛いなって思うタレントなんかは?」
 嵐「顔見りゃわかるけど、名前がな、さっぱり」
○○「う~ん……じゃあ、クラスの女子とかでは? 中学の頃でも」
 嵐「女子って言われても、今まで、女でこんなに話したことあんの、おまえくらいしかいねーし」
○○(う~ん……)

  • 恋愛について
○○「えぇと……やっぱりやめとこうかな?」
 嵐「なんだよ。気持ち悪ぃな、言えよ」
○○「でも……どうしよう」
 嵐「これだから女は……ハッキリ言えって、ほら!」
○○「わかった。嵐くんは恋愛って何だと思う?」
 嵐「……えぇ?」
○○「どんな風に考えてる?」
 嵐「どんなって……恋愛なんだから、ラブってことだろ」
○○「それじゃ英語で言っただけだよ」
 嵐「じゃ、何語で言やいいんだよ」
○○「そうじゃなくて、こういう恋愛がしたいな、とか」
 嵐「わかんねーよ……そういうの、考えねぇようにしてるから」
○○「考えないように? どうして?」
 嵐「だって、男のくせにそういうの、違うだろ。女が考えることだよ」
○○「そんなことないよ。男の子だって考えるよ」
 嵐「考えねーよ。女が考えることって、日本じゃ昔から決まってんだ」
○○「でも、昔じゃないもん」
 嵐「じゃあ、俺は昔みたいなのがいい。決めた」
○○(ハッキリしてるのかしてないのか……)

告白未遂イベント

※「恋愛について」を聞いた次の回のデート後に起きる会話イベント
 嵐「…………あのさ」
○○「うん」
 嵐「こういうの、なんて言うんだろ」
○○「こういうのって?」
 嵐「こう……腕ん中に閉じ込めて、ぎゅーってしたくなるような。そういうの。なんかさ、おまえ見てると――…………」
○○「嵐くん?」
 嵐「……やばい。なんか、すげー動悸……」
○○「えっ!」
 嵐「おまえ、ちょっと後ろ向け」
○○「う、うん」
(後ろを向く)
○○「どう?」
 嵐「あ。なおった」
○○「ホント!?」
(振り向く)
 嵐「ぅ……」
○○「あっ、ゴメン!」
(後ろを向く)
 嵐「悪ぃ。ちょっとこのまま。……なんだこれ。ハァ……」
○○(だ、大丈夫かな……?)




更新日時: 2011/04/22 01:51:13
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ