追加デート 通常

  • 好きなテレビ番組
「テレビは、どんなの観てるの?」
「テレビ? ああ、テレビは無いんだ」
「無いの?」
「そう」
「ふぅん……無くて、困らない?」
「平気。いつも、波の音が聴こえるから」
「そっか。ちょっと、素敵だね?」
「まぁね」
「……どっかにさ、テレビ落ちてたら、教えて」
(ホントは欲しいんだね……)

  • 好きな食べ物
「好きな食べ物ってなに?」
「サカナ」
「魚って、お刺身とか?」
「そう。でも、丸ごとの方がいい」
「じゃあ、焼き魚とかそういうの?」
「こう、さ……」
「?」
「丸ごと、生きもの食ってる感じがいい」
「生きもの。う~ん……分かるような分からないような」
「まだあるよ」
「なになに?」
「ホットケーキ。俺、毎日ホットケーキでもいい」
「毎日はダメだよ! 栄養が偏っちゃうよ?」
「そっか……じゃあ、サカナとホットケーキ。それならいい?」
(偏った食生活を送ってそうだな……)

  • 好きなスポーツ
「スポーツって、何かやってる?」
「前はね、いろいろやってた」
「へぇ! どんなの?」
「水泳と、サッカーと、あとは空手。コウと一緒に」
「空手? へぇ……琥一くんは分かる気がするけど、琉夏くんが空手……ちょっと想像つかないかも」
「そう? でもね、コウより俺の方が強いよ」
「そうなの!?」
「ヒミツだけどね。ほら、言うとコウ、泣くから」
「……ホント?」
「ホントホント、アハハ!」
(ウソだと思う……)

  • 好きな音楽
「琉夏くんは音楽とか聴く? 何か好きなのある?」
「よく聴くよ。好きかどうかはビミョー」
「???」
「コウがさ、よく家でレコードかけてる。そればっか聴かされる」
「レコードって……CDとかじゃなくて?」
「なんか、古いロックみたいなやつ。CDじゃダメなんだって」
「へぇ、こだわりがあるんだね、きっと」
「カッコつけてんだ。キザだからね」
「ふふ、ちょっとわかる気がする。琉夏くんもレコードかけることあるの?」
「あるよ。でも、俺がレコードに触ると、コウがメチャメチャ怒る」
(それも、なんかわかる気がするよ)

  • 趣味について
「ねぇ、琉夏くんの趣味ってなに?」
「趣味? 趣味か……趣味はね……」
「うん」
「忘れちゃった」
「忘れちゃったって……自分の趣味だよ?」
「俺の脳みそ、どうかしてるからね。でも最近ハマってることならあるよ」
「なに?」
「○○ちゃん」
「なになに?」
「だから、オマエ」
「!! もう、ふざけてばっかり!」
「怒られちゃった」

  • 学校のことについて
「ねぇ、琉夏くんって中学生の頃、どんな風だったの?」
「中学の頃? う~ん……」
「今よりマイナーだった」
「マイナー?」
「うん。街でチャレンジャーに絡まれるの、今より少なかった」
「そ、そうだったんだ……他には?」
「他は……あ、そうだ。髪がね、黒かった」
「へぇ……どうして染めちゃったの?」
「気が付いたら、コウと同じような髪型になっててさ、なんか双子みたいだから、染めた」
「琥一くんと同じって、じゃあ、琉夏くんもああいう――」
「まさか。今の髪が黒かっただけ。俺が髪染めて帰ったら、あのダサいリーゼントになってた」
「俺もイメチェン、だって。すぐ真似っ子するんだ、アイツ」
(う~ん、気が合うっていうのかな、そういうのも?)

  • 将来の夢について
「琉夏くんの将来の夢って、どんなの?」
「夢か。んー……」
「?」
「ノーフューチャー。夢なんて無いね」
「ぜんぜん?」
「ぜんぜん。そもそも、将来が無い感じ。よくさ、早死にするって言われる」
「それは、危ないことばっかりするからでしょ?」
「あ、そうか」
「もう!」
「もっと、ちゃんとしなくちゃダメだよ?」
「ゴメン。でもさ、なんかバカなことやってないと俺……」
「生きてるって感じが、しないよ。バラバラになりそう」
「そんな……」
「そういうワケで、これからもよろしくね?」
(琉夏くん……)

  • 異性の好み
「あのね? 好きな女の子のタイプって、なんかある?」
「あるよ」
「そっか。それって、どんな感じ?」
「そうだな……まず、子供が好きなんだ。子供達からも好かれてる」
「なるほど……ねぇ、それから?」
「それから、技を持ってる」
「……技?」
「3つくらいは持ってる。必殺な感じの技」
「なんか先が見えてきたような……」
「で、マッハ7で空を飛んで、ピンチになると――」
「もういいです」
「あれ?」
「…………」
「また怒られちゃった」
「だって、真面目に聞いたのに」
「ゴメン……怒った? じゃあ、今のままでいいや。な?」
(……ん?)

  • 恋愛について
「ねぇ、真面目に聞くんだけど、いい?」
「無理」
「じゃあ、いい……」
「ゴメン。どうぞ?」
「もう……あのね、琉夏くんは恋愛ってどういう風に考えてる?」
「真面目に?」
「真面目に!」
「そうだな……なんだか、キラキラ眩しい感じ」
「うん……わかるかも」
「うん。眩しくて、手が届かなくて、それでも欲しくなって……」
「でも、手に入れたら、後は失うだけだ。だから、いらない」
「琉夏くん……」

告白未遂イベント

※「恋愛について」を聞いた次の回のデート後に起きる会話イベント
「なぁ、覚えてる? この間、俺に聞いたこと……」
「聞いたこと?」
「そう……この間さ、恋愛ってどう思うか、聞いたでしょ?」
「……うん、聞いた」
「俺、あれからずっと考えてた」
「どうして、人は誰かを好きになるんだろう……」
「どうして、心は静かなままでいられないんだろうって」
「静かなままで……」
「俺沙、キラキラして、みんなが持ってるもの……そういうの見ても、羨ましくないって思った」
「俺は平気だと思ってた。でも、きっとそれは……」
「そう思わないと、悲しいから……」
「琉夏くん……」
「ずっと忘れたままで良かった。でも、もう無理だ……」
「オマエと、また巡り会ったから……」
(わたしと……)
「ゴメン……わかんないな、こんな話。ヘヘ……ウソウソ」


「琉夏くん、さっきのことだけど――」
「ダメ。さっきの無し。忘れて?」
「……うん」
「うん……ダセェ、俺。そんじゃ、またね?」
(琉夏くん……)




更新日時: 2011/04/17 19:55:24
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ