※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ナンパ

男?「バンビちゃん!」
○○「はいっ!?」
男?「いけない! ウブなバンビちゃんが1人! アブナイわぁ……」
○○「もしかして……カレンの知り合いですか?」
男?「カレン? あぁ! そうそう! 知り合いなのよぉ~。もう、困っちゃう!」
○○(違うみたい……)
男?「そんなことより! ビーチでそんなキュートな水着危ないわよぅ……。お姉さん見てらんない!」
○○「お姉さん!?」
男?「いいの、それは! さ、いらっしゃい? 甘~い甘~いスイーツはいかが?」
琉夏「スイーツ食う」
○○「あ、琉夏くん。もう、遅いよ!」
琉夏「ゴメン。おっちゃん、俺もスイーツ食う」
男?「……天使!!」
琉夏「ねぇねぇ、おっちゃん」
男?「やだ……このアタシが本気で恋? まさかね、そんな――でもこのトキメキは……」
○○「あの……もう行っていいですか?」
男?「小娘はすっ込んでて!!」
○○「えぇ……」
琉夏「変なおっちゃん……」
男?「それは言わないで! ううん、笑っていいの……さよなら、アタシの天使……」
琉夏「俺、ナンパされた?」
○○「そうかも。なんか複雑な気分……行こう?」

金髪

金髪「チョリーッス! さっきから見てたけどさ。アンタ、逆ナン待ち?」
○○「えっ、わたし? いえ、待ち合わせ中――」
金髪「つーかもうよくね?」 ずいぶん待ってたじゃん? いい店あんだって、行こうぜ?」
○○「やだ、ちょっと――」
琉夏「トウッ!」
金髪「ドワッ!?」
○○「琉夏くん!!」
琉夏「ヒーロー参上」
金髪「イテテ……なんだてめぇ!!」
琉夏「通りすがりのヒーローだ」
金髪「……え?」
琉夏「蹴るぞ」
金髪「つーか……もう蹴ってね?」
○○「琉夏くん、ダメだよ! ケンカしちゃ!」
琉夏「いいんだよ、コイツ悪いやつだ」
○○「ダメ!」
金髪「ヒーローっつーか、アンタ桜井琉夏、さん……じゃね?」
琉夏「そうとも言う」
○○「そうとしか言わない!」
金髪「エヘヘ! なんかアットホームなうちに消えた方がいいっすよね? 失礼しました!」
琉夏「待たせたな」
○○「もう……どうしてすぐ乱暴なことするの?」
琉夏「あれ、ピンチだったろ?」
○○「それはそうだけど」
琉夏「オマエがピンチなら、俺はなんでもするよ」
○○「もう……」
琉夏「じゃあ、なるべく乱暴なことはしない。だからほら、機嫌直して行こう?」

斎藤

斎藤「……ですよねぇ! じゃ、ギロッポンで……えぇえぇ、クーニーで……はい、よろしくどーぞ~」
斎藤「おぉっ!? ねぇ、ちょっと君!!」
斎藤「いいねぇ……君、歌とか歌う方?」
○○「え、わたし? いえ、特に――」
斎藤「だよねぇ。むしろ歌わないよね、今。じゃ、グラビア興味ある?」
○○「グラビア!? いえ、ぜんぜん――」
斎藤「だよねぇ。むしろグラビアは無いわ。HBK428知ってるよね?」
○○「知りませんけど……」
斎藤「はい来たドーン! オッケー、じゃあ俺がプロデュース――」
琉夏「ドーン!!」
斎藤「オワッ!?」
○○「琉夏くん!!」
斎藤「イテテ……誰だコラ!」
琉夏「ヒーロー参上だコラ」
斎藤「わぁ……強そうだね君」
琉夏「強いよ? つーか、オッサンなに」
○○「琉夏くん、乱暴はダメだよ?」
斎藤「いやいや、彼女あんまりキュートなんでね、プロデュースしようかと――」
琉夏「よくわかんねぇけどさ、ナンパなら、よそ行って」
斎藤「ですよねぇ! おっと、ケツかっちんだ! よろしくどうぞ~!」
琉夏「腹立ったけどさ、我慢した」
○○「うん。ありがとう、助けてくれて」
琉夏「うん。……行こう」


更新日時: 2011/04/17 18:53:00
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ