※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


誘う

琉夏を誘う(琉夏&琥一普通以下)

○○「(ええっと、琉夏くんは……いた! 琥一くんと一緒だ)琉夏くん、琥一くん!」
琉夏「よっ、○○ちゃん。」
○○「おはよう! ねえ、今日の自由行動、一緒に行かない?」
  • OK
琉夏「お誘いだ。コウ、どうする?」
琥一「俺に聞くな。」
琉夏「OKだって。」
○○「よかった!」
  • NG
琉夏「あー……ちょっと予定立てちゃってて。ゴメンね。」
○○「そっか……急だったし。じゃあね。(うぅ……残念)」

琥一を誘う(琉夏&琥一普通以下)

○○「(ええっと、琥一くんは……いた! 琉夏くんと一緒だ)琥一くん、琉夏くん!」
琥一「オマエか。」
○○「ねえ、今日の自由行動、一緒に行かない?」
  • OK
琥一「……ルカ。」
琉夏「いいよ、行こう。」
琥一「だと。」
○○「よかった!」
  • NG
琥一「無理だ。」
「そ、そっか。じゃあね……(うぅ……残念)」

誘われる

琉夏<琥一(琥一友好)

琥一「おう、○○。」
○○「あっ、琥一くん。これから自由行動?」
琥一「ああ。……来るか? ルカも一緒だ。」
  • OK
琉夏「ナンパ成功だな、コウ。」
琥一「バカ言ってんじゃねぇ。行くぞ。」
○○「(ふふっ、楽しい自由行動になりそう!)」
  • NG
琥一「先約か? ……なら仕方ねぇ。じゃあよ。」
○○「(せっかく誘ってくれたのに、悪いことしちゃったかな……)」

琉夏<琥一(琥一好き以上)

琥一「○○。」
○○「あ、琥一くん。琉夏くんも。」
琥一「オマエどうすんだ? 今日の自由行動。」
○○「まだ決めてないんだ……」
琥一「……来るか? 一緒に。」
  • OK
琥一「よし。」
琉夏「コウ、ニヤけてる。」
琥一「バッ……ニヤけてねぇ!」
琉夏「赤くなってる。面白ぇ……」
琥一「テメェは置いてく。」
琉夏「ついてく。」
○○「ふふっ。そろそろ行こう?」
琥一「あ、ああ。」
  • NG
琥一「……そうか。じゃあ気をつけて行け?」
琉夏「……残念。」
○○「(せっかく誘ってくれたのに、悪いことしちゃったかな……)」

琥一<琉夏(琉夏好き以上)

琉夏「○○」
○○「琉夏ちゃん、琥一くん。おはよう。」
琉夏「おはよう。……あのさ、自由行動誰かと行くの?」
○○「ううん、まだ決めてないよ。」
琉夏「ハァ……間に合った。じゃあさ、一緒に行こう?」
  • OK
琉夏「よかった。」
琥一「こりゃ倍世話が焼けんな……」
琉夏「大丈夫。きっとその倍楽しいよ。じゃあ、出発だ!」
(ふふっ、楽しい自由行動になりそう!

自由行動1回目

○○「広いなぁ……羊がたくさん居るね!」
琥一「まあな。北海道だからな。」
琉夏「…………」
○○「琉夏くん?」
琉夏「そうか。やっとわかった。」
○○「なに?」
琉夏「コウってさ、何かに似てると思ってたんだ。羊だ。」
琥一「またシュールなことを……」
○○「でも言われてみると……ちょっと似てるかも。」
琉夏「コウ、メェーって鳴いて。」
琥一「鳴かねぇよ! だいたい俺は、どっちかっつーと、あっちだろ。」
○○「あっち?」
琥一「ほら……狼だろ。」
○○「狼なんだ……」
琉夏「オオカミ、カッコいい〜!」
○○「アハハ!」
琥一「なんだよ!」
琉夏「オオカミ怖ぇ〜! 逃げろ−!」
○○「逃げろ−!」
琥一「ウルセー!」
※以下、好感度で分岐

琉夏&琥一友好以下

○○「これが時計台か……」
琥一「なんだか思ってたよりちいせぇな。」
○○「う〜ん、そうかも。……あれ、琉夏くんは?」
琥一「チッ……あのガキ。」
○○「迷子になっちゃったのかな?」
琉夏「迷子じゃないよ。」
○○「あ、琉夏くん!」
琉夏「写真撮ってたんだ。」
琥一「フラフラすんじゃねー。」
琉夏「ほら、そこ並んで。2人を撮ってやる。」
琥一「勘弁しろよ。」
琉夏「照れんな、コウ。どっちがガキだよ。」
琥一「テメェだ、テメェ。」
○○「もう、ケンカしない! せっかくだから、わたしが2人を撮ってあげる。」
琥一「はぁ?」
○○「ほら、並んで並んで!」
琉夏「どうする?」
琥一「知るか。」
○○「はい、笑って!」
琉夏「笑えって。」
琥一「オマエもな?」
○○「チーズ!」
琥一「チーズ。」
琉夏「チーズ!」
※琉夏>琥一
○○「はぁ……楽しかった! 今日はありがとう。」
琉夏「なんの。」
琥一「そういや、明後日もあんだろ、自由時間。」
琉夏「○○ちゃん、また行く? 俺たちと一緒に。」
○○「いいの?」
琥一「いいんじゃねぇか?」
○○「ふふ、じゃあ、明後日ここで!」
※琉夏<琥一
琥一「疲れた……」
琉夏「ジジイあなぁ、コウは。」
琥一「大方テメェのせいだけどな?」
○○「ふふ、楽しかったね?」
琥一「おい、明後日の自由行動どうすんだ?」
○○「まだ、決めてないけどーー」
琉夏「そんなの決まってんじゃん。3人一緒だろ?」
琥一「だな。」
○○「うん!」

琉夏<琥一(琥一好き以上)

○○「お待たせ! 生乳アイス買ってきたよ! はい、ブルーベリー味。」
琥一「おう、ご苦労。」
○○「あれ? 琉夏くんは?」
琥一「クラスの女共にラチられた。これから小樽まで行くんだと。」
○○「そっか……琉夏くん、モテモテだもんね、しょうがないか……」
琥一「……アイス。」
○○「え?」
琥一「ルカのもよこせ。俺が食う。」
○○「でも……二つも?」
琥一「二つ食いてぇんだよ。ほら、行こうぜ。時計台見てぇんだろ?」
○○「う、うん……」

琥一「時計台ね……なんだか、思ったより小さくねぇか?」
○○「う〜ん、確かにそんな気もする。でも、絵ハガキと同じだね?」
琥一「まあな。ほら、そこ立ってろ。記念に撮ってやる。」
○○「わたしだけ? 一緒に並んで誰かに撮ってもらおう?」
琥一「勘弁してくれよ……」
○○「だって、せっかく修学旅行なのに……」
琥一「よし、待ってろ。ええと……あ、スンマセン! ちょっと写真を……」

※修学旅行スチル

○○「はぁ、楽しかった!」
琥一「あぁ。」
○○「今日は誘ってくれてありがとう!」
琥一「あ? いや、こっちもな……」
○○「?」
琥一「ていうかよ、明後日もまた自由行動あんだろ。それも……」
○○「一緒に行ってくれるの?」
琥一「まぁ、よ。オマエがイヤじゃなきゃ。……どうする?」
○○「行こう! それじゃ、明後日もまたここで待ち合わせね。」
琥一「おう。ルカのバカにも伝えとく。」

琥一<琉夏(琉夏好き以上)

男子A「あ、居たぞ!」
男子B「琉夏!琥一!」
琥一「あ?」
男子A「ちょっと、俺らと来てくれよ!」
琉夏「どした?」
男子B「いや、その……地元の奴らに絡まれちゃってさ。」
琥一「ハァ?何やってんだ、テメェらは……」
男子A「頼むよ!どっちか一人でも、ちょっと顔かしてくれれば、奴らビビって--」
○○「ダメだよ!修学旅行でケンカなんて!」
男子B「で、でもよ……」
琥一「俺が行く。」
琉夏「コウ、ダメだ。柄にもないことすんな。」
○○「……?」
琥一「俺にはこっちが性に合ってんだ。そっちはテメェでなんとかしろ。」
○○「あっ、待って!」
男子B「悪ぃな?こっちだ!」
琥一「道産子上等!」
○○「もう、琥一くん……どうしてこうなっちゃうんだろう?」
琉夏「ホント。お節介だな、コウは。」
○○「……?」
琉夏「行こう。小樽の煉瓦倉庫、見たいんだろ?」

琉夏「到着。」
○○「わぁ……外国の町みたい。琉夏ちゃん、どこ見たい?」
琉夏「オマエは?」
○○「ガラス工場でしょ、ニシン御殿と、水族館にも行きたいけど……」
琉夏「じゃあ、俺はそれ全部。」
○○「全部?時間、足りるかな?」
琉夏「じゃあ、走る。来いよ!」
○○「あ、待って!」

※修学旅行スチル

○○「ハァ……ちょっと忙しかったけど、全部まわれたね?」
琉夏「小さな町だからね。昔とあんまり変わってない。」
○○「あれ?琉夏ちゃん、前に来たことあったの?」
琉夏「ここで、生まれたんだ。」
○○「ぜんぜん知らなかった……琉夏ちゃんたち、北海道生まれなんだね。」
琉夏「ん?ああそうか、えぇと……そのことは、またいつか。」
○○「?」
琉夏「でも不思議だ……思い出したのは、楽しかったことばっかりだった。きっとオマエと一緒だからだ。」
○○「……琉夏ちゃん?」
琉夏「コーヒー飲んじゃえよ。もう門限だろ?」
○○「あ、ホント!」

○○「はぁ。楽しかった!」
琉夏「俺も。誘って良かった。」
○○「うん、ありがとう。素敵な思い出になりそう。」
琉夏「俺、もっとあってもいいな。オマエとの思い出。」
○○「琉夏ちゃん……」
琉夏「だから……」
○○「うん、明後日も一緒に行こう?」
琉夏「ああ。ありがとう、○○。……あ、コウ、忘れないようにしなくちゃ。」

枕投げ

琥一の好感度が一番高い

○○「琥一くん。」
琥一「オォッ、来やがったな!」
○○「ねえ、みんなで何してるの?」
琥一「バカ、出てけ!」
○○「えっ?」
琥一「そんなとこにつっ立ってたらーー」
○○「きゃ!」
琥一「だから言ったろうが。……もう逃げらんねぇな。来い、オマエはこっちだ!」
  • 一緒の場所に隠れる
「!!」
○○「琥一くん!?」
琥一「オマエ、もしかしてずっとここに……」
○○「う、うん。琥一くんも……?」
琥一「ち、違ッーー俺は何もしてねぇ!」
○○「えっ?」
琥一「触っちゃいねぇぞ? オマエが後から来てひっついてきたんだ! ハァ……悪ぃ冗談だぞオイ……」
「(じゃあ、さっきの感触って……)」

琉夏の好感度が一番高い

○○「琉夏ちゃん。」
琉夏「あっ、やっぱり来た♪」
○○「ねえ、みんなで何してるの?」
琉夏「これは何?」
○○「えっと、枕?」
琉夏「そしてここは夜の旅館の部屋。戦場とも言う。」
○○「ということは……」
琉夏「そう!」
○○「きゃ!」
琉夏「俺に任せろ!カタキはとってやる!」

自由行動2回目

○○「今日はお土産を買いに行こう。」

琉夏を誘った

○○「(えーと、琉夏くんと琥一くんは……あ、いた!)おはよう! 琉夏くん、琥一くん。」

琉夏&琥一普通以下

琉夏「おはよう、○○ちゃん。」
琥一「オゥ。」
○○「それじゃ修学旅行最後の自由行動へ出発。」

琥一「んじゃ、テキトーにブラブラしてみっか……」
琉夏「コウ、ここに集合な! オマエはどうする?」
○○「わたしもお店の中をいろいろ見て回ろうかな?」
琉夏「そっか。じゃ、俺はおみやげ物の試食して回ろっかな。」
○○「えっ?」
琉夏「半分冗談。……あっ。アレいい、熊注意のステッカー。コウの背中にぴったり。」
○○「もう……また琥一くんが怒るよ?」
琉夏「怒らせるんだ。黙ってるより面白いだろ?」
○○「それはそう……じゃなくて!」
琉夏「あ、鹿注意もある。これはオマエの背中用だな。」
○○「えぇっ!?」
琉夏「でもこれだけじゃダメだな。”この鹿に近づくべからず”って書き換えなきゃ。」
○○「?」
琉夏「まあそれは後で。ほら、おみやげ買うんだろ? 見ておいで。」
○○「あ、うん。じゃあまた後で!」

琉夏「お待たせ!」
○○「ううん。琉夏くん、なに買ったの?」
琉夏「”熊出没注意”と”熊っちゃった”と、”冬眠中、起こすべからず”ステッカー。」
○○「もしかして全部……」
琉夏「コウの部屋に貼って、コウの背中に貼って、コウの頭に貼る。」
○○「…………」
琉夏「それと。これは、オマエに。」
○○「わたしに? ……わぁ、カワイイ! ガラスの小鹿のマスコット?」
琉夏「透き通ってて綺麗だろ? 俺のはこっち。」
○○「あ、似てるけど角があるね? ふふっ、おそろいだ。」
琉夏「そう、おそろい。そしてコウには、このステッカー。」
○○「…………プッ!」
琥一「あン? なんだ、そっちはもう終わってたのか。」
琉夏「早く貼りてぇ……」
○○「(その姿、ちょっと見てみたいかも……)」

琥一を誘った

○○「(えーと、琥一くんと琉夏くんは……あ、いた!)おはよう! 琥一くん、琉夏くん。」

琉夏&琥一普通以下

琥一「オゥ。」
琉夏「おはよう、○○ちゃん。」
琥一「そんじゃ行くべ。」

琉夏<琥一(琥一友好)

琥一「来たな。」
琉夏「おはよう。よく眠れた?」
○○「うん、バッチリ!」
琥一「ククッ。んじゃ行くべぇ。」

琉夏<琥一(琥一好き以上)

琥一「○○。」
琉夏「おはよ。」
○○「ね、今日はどこから回る?」
琥一「みやげ買うんだろ? ならオマエがメインだ。」
琉夏「俺らはついてくから。」
琥一「そういうこった。先導頼むわ。」
○○「ふふっ、オッケー。それじゃ行こう!」
琥一「おう。」

琉夏「それじゃ俺、いろんなもの試食してくるから。またここでね。」
琥一「ルカ、勝手にどっか行くなよ!」
琉夏「はいよー。」
琥一「ハァ。……オマエはどうする? みやげ買うんだろ?」
○○「うん。家と、ご近所さんと。えぇと、それから……」
琥一「オイオイ。いくつ買うんだ?」
○○「うーん、いっぱい?」
琥一「よし。んじゃ付き合ってやる。荷物持ちだ。」
○○「えっ? でも、琥一くんもおみやげ買うんじゃ……」
琥一「俺のはテキトーだ。一度で終わる。」
○○「そう? じゃあ、お願いしちゃおうかな?」
琥一「そうしろ。」

琥一「これで全部か?」
○○「うん。ありがとう!」
琥一「気にすんな。…………」
○○「どうかした?」
琥一「ちっと待ってろ。」
○○「あっ、琥一くん!」

琥一「悪ぃ、待たせた。」
○○「ううん、どうしたの?」
琥一「これ……とっとけ。北海道の記念だ。」
○○「ラベンダーのポプリ? ……いい香り。」
琥一「オマエ好きだろ? 花とかそういうの。」
○○「うん。ありがとう、琥一くん!」
琥一「……あぁ。」
○○「ふたつネットがあるから、片方は琥一くんが持ってて?」
琥一「あン? なんでだよ?」
○○「琥一くんにも北海道記念。ね?」
琥一「……そうだな。」
琉夏「ハァ、腹いっぱい! お待たせ。」
○○「おかえり、琉夏くん。」
琉夏「ただいま。じゃ、次行ってみよう!」

自由行動終了後

○○「明日で修学旅行も終わり……あっという間だったね。」

琉夏を誘った

琉夏&琥一普通以下

琉夏「そうだな。」
琥一「ま、それなりに楽しめたな。」
琉夏「ああ。○○ちゃん。いい思い出作れた?」
○○「うん!」
琉夏「それならよかった。じゃ、またね。」

琥一<琉夏(琉夏好き以上)

琥一「終わっちまったな。」
琉夏「……あぁ。」
琥一「アー……眠ぃな。さっさと風呂入って寝んべ。じゃあよ、○○。」
○○「あっ、うん。じゃあね、琥一くん。」
琉夏「……ヘッタクソな芝居。バーカ。」
○○「……?あの、琉夏ちゃん?」
琉夏「ゴメン、こっちのこと。ねえ、修学旅行楽しかった?」
○○「うん、すごく楽しかった!ありがとう、琉夏ちゃん。」
琉夏「うん、俺もだ。楽しすぎて怖くなった。」
○○「怖い?」
琉夏「ああ、いろいろ。失うものがまた増えたような気がして。
   ……でも。少しだけ前に進むこともできたような気がする。」
   どっちもオマエのおかげだ。ありがとう、○○。」
○○(琉夏ちゃん……)

琥一を誘った

琉夏&琥一普通以下

琥一「あっけねぇな……」
琉夏「明日からまたいつも苦しい生活か……」
琥一「言うな。まだ終わってねぇ。」
○○「2人とも、いろいろ付き合ってくれてありがとう!」
琥一「ま、こっちもそれなりに楽しめたからよ。じゃあな。」

琉夏<琥一(琥一友好)

琥一「まったくだ。ハァ〜ア……」
琉夏「俺、まだ全然元気なのに。」
琥一「はしゃぎすぎだテメェ。どうせ今晩もバカ騒ぎすんだろ?」
琉夏「まあね? 今日の夜は、隣の部屋でドキドキのあの話題だ! オマエも来る?」
○○「えっ?」
琥一「バカ! あんな中にコイツ置けっかよ!?」
琉夏「……そうだよな。ゴメン、来ないで?」
○○「?」
琥一「あぁ、気にすんな。今日はちゃんと休め? ……じゃあな。」

琉夏<琥一(琥一好き以上)

琥一「あぁ。終わっちまったな。」
琉夏「コウ、やり残したことがあるだろ?」
琥一「は? ねぇよ、そんなの。」
琉夏「俺が消えれば思い出す。じゃあまた会おう! バイバイ、○○ちゃん。」
○○「あっ、琉夏くん! 今日はありがとうね!」
琥一「チッ、あのバカ……」
○○「琥一くんもありがとう。一日一緒に回ってくれて。」
琥一「礼なんか言うな。」
○○「琥一くん……もしかして怒ってる?」
琥一「バカ怒ってねぇ。……その。バタバタした2日間だったけどよ? オマエと一緒でよかった。」
○○「ふふっ。わたしもすごく楽しかった。いい思い出だね?」
琥一「あぁ、悪かねぇ思い出だ。……ありがとな。」
○○「(琥一くん……)」


更新日時: 2012/11/11 03:02:01
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ