※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ナンパ

○○「新名くん、まだ来てないみたい……」
 男「プリティ・ハニー♥僕とコンガリしてみない?」
○○「わっ!な、なんですか?」
 男「オーケイ、こわがらないで。小麦色のビーナスになろう?
   僕がオイル、塗ったげる♥」
○○「うっ……け、結構です。」
旬平「お待たせ……うっわ。なに?このコゲマッチョ。え、まさかナンパ?」
○○「ナンパ……なのかな……」
 男「ちょっとアナタたち!言いたい放題ヒドイじゃない!」
旬平「あのさ。この人に特攻ナンパしかけたくなる気持ち、わかんねえでもねえよ?
   でもダメ。この人、アンタにはマジもったいねえし。
   引き際も、自分のレベルもわかってねえオッサンは帰って寝た方がいいよ。時間は有効に使おうぜ?」
 男「なにさ、エラそうに!水着の下はマッシロケなオコチャマなくせして!」
旬平「じゃ、見せてやろうか?……オコチャマかどうか。」
○○「ええっ!?」
 男「ヤメテッ!!そんなのカノジョとアッチでやってなさいよ!」
旬平「……太モモも焼けててマッシロケじゃねえって話なのに、なに今の捨てゼリフ。」
○○「う、うん。そうだね。」
旬平「さ、泳ごっか!てかアンタまでなにキョドってんの???」

金髪

男「お・ま・た・せv」
○○「新名くん、遅いよ……!?」
  男「あ、誰かと間違えちゃった? そんなクソ遅刻ヤロウは放っといて、オレと遊ぼ?」
○○「い、いえ、結構です……」
  男「つれないトコもイイねぇv ほら、来いよ。」
旬平「クソ遅刻ヤロウ、けーんざーん。」
○○「新名くん!」
旬平「ゴメン、遅れちゃった。なんもされてねぇ?」
  男「にっ……新名って……アンタ、とっくの昔に引退したはずじゃ!?」
旬平「だから、ここにいんだけど?」
  男「へっ?」
旬平「引退したオレが、この人と待ち合わせ。イコール?」
  男「……あ!!!」
旬平「理解できたー? エライねー? じゃあとっとと消えようね? カブキアタマちゃん?」
  男「ウッ……オレッ……カブキじゃねぇもん!」
○○「新名くん、ありがとう。助けてくれて……」
旬平「……オレもあんな感じだったんかよ。だとしたら、マジ最悪……」
○○「新名くん?」
旬平「まあとにかくジャマ者も消えたし! 行こ!」

斎藤

斎藤「ダイヤの原石、見~つけた!」
○○「えっ?」
斎藤「ねえねえ、キミいま一人だよね? アイドルになってみたくなーい?
    あ、俺。こういうモンです。音楽プロデューサーっていうかスカウトマン、みたいな?
    ね、ちょっとオ~チャ~でもノ~ミ~しながら……」
旬平「ざーんねーん。見つけたのはオレが最初。だから、ダーメ。」
○○「あっ、新名くん!」
旬平「ゴメン、遅れて。なんもされなかった?」
○○「うん、大丈夫。」
斎藤「ちょっとちょっと~? 二人の世界に入んないでよ。」
旬平「あー、違う。全ッ然、違うよ? アンタがオレらの世界に入ってきたんだよ? ……土足で!」
斎藤「ひっ!」
旬平「まあアレだ。これ以上、この人に付きまとってグダるようなら、アンタ――
    この先、ここでスカウトがどうとか言えない状態になっちゃうかもよ? 気をつけようね?」
斎藤「うっ……これだから今どきの若いのって……」
旬平「……あー。マジゴメン、遅くなって。今後、気をつけるから。」
○○「ううん、助けてくれてありがとう。」
旬平「ん! じゃ、行こっか!」




更新日時: 2011/06/03 00:38:53
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ