※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ナンパ

男「こんにちは。いいお天気ね?」
○○「えっ? ええ……そうですね」
男「あぁっ、カワイイッ! 真夏の太陽から生まれた恋の天使みたい!」
○○「あの……なんですか?」
紺野「うん、僕もそう思います」
○○「あ……紺野先輩!?」
紺野「お笑い芸人の方ですか? すごいですね、その特殊メイク」
男「だ、誰が芸人よッ!? あとこれは地顔よ! 失礼しちゃうわねッ!!」
紺野「今日はオフですか? それとも"お笑いの仏様オン・ザ・ビーチ"に参加を?」
○○「そんなイベントないですよ!」
紺野「はは、いいツッコミだな! 僕らも参加できるんじゃないか?」
男「ちょっと! 無視しないでよッ!!」
○○「あ、芸人さん。ごめんなさい……」
男「だから芸人じゃ……もぉ……知らないッ!! そこで夫婦漫才続けてなさい!!」
紺野「夫婦漫才ね……やれやれ、変なナンパだったな」
○○「え、ナンパ!?」
紺野「本気で気付いてなかったのか。彼も可哀想に……」
○○「だって……」
紺野「まあいいや、もう行こう。あと僕が遅れたせいで、ごめん」

金髪

男「ちょっといいですか~?ねえカノジョ。ひょっとしてナンパ待ち?」
○○「いえ、待ち合わせですから。」
男「そっか。オレを待ってたんだ。ごめん、お待たせV」
○○「あの、やめて下さい……」
紺野「○○さん、遅れてごめん。……あれ、そっちの人は?」
○○「紺野先輩。いきなり話しかけられて、困っちゃって……」
紺野「ナンパか……人の恋愛のやり方に口を出す気はない。だが彼女は”困ってる”と言った」
男「だったらなんだよ……どうするつもりだ?」
紺野「とりあえず出るとこに出ようか。」
男「へっ、な~んだそれ。そんなの怖くもなんともねーし。」
紺野「僕は乱暴なことをしたくないだけだ。でも、君がそういう態度なら、実力行使だってかまわない。」
男「ぐっ……カノジョ~。こんなおっかない奴やめて、俺と遊ぼうぜ!」
○○「イヤです!」
男「……はっきりかよ。もういいよメンドくせー。じゃーな!」
○○「助かりました。ありがとうございます。」
紺野「僕が遅れたせいだからな。弱い相手でよかったよ。行こうか。」

斎藤

斎藤「見つけちゃった! 俺のきゅんきゅんエンジェーゥv」
○○「あの……何かご用ですか?」
斎藤「あれー、オレのこと知らない? 業界じゃちょっと知れたPなんだけど?」
斎藤「ま、そんなことは無問題! そこのミーセーでメーシーしながらキミのデビューについてMTGっちゃとう♪」
紺野「○○さん。遅れてごめん! ……あれ?なにかトラブル?」
○○「紺野先輩! ちょっと、この人が……」
斎藤「なんなの、キミ? ウチのアイドル候補生は忙しいから、どっか行って!」
紺野「な! アイドルになったら一緒にいられる時間がなくなるじゃないか……」
斎藤「あぁ、引き留めるパターン? 大人になって、カノジョのサクセス応援してよ」
紺野「“みんなのアイドル”なんて、僕は耐えられない」
斎藤「でも大事なのは本人の気持ち♪ キミも自分の魅力をいかしたいよね? ねっ?」
○○「お二人には悪いんですけど……わたし、アイドルになんてなる気ありませんよ?」
紺野「なんだ……僕の早とちりだったのか。それじゃ、行こうか!」
○○「はいっv」
斎藤「えっ、ちょっと待って! 話は終わってないっての! ちょっとカノジョぉ!」



更新日時: 2015/03/23 15:56:56
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ