※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


1回目

「それ」
「? それって?」
「人との距離を縮めるためには有効らしいな。スキンシップって」
「うん。それがどうかした?」
「…………そんなに遠いか? 俺らの距離って」
「えっ……」
「だってそうだろ? 毎回毎回、どっかしら触ってくるってことは」
「ん? だとしたら、俺からもしたほうがいいのか?」
「ええっ」
「…………俺からはダメなんか。難しいな」
「あの……迷惑だった?」
「そう思ったら言う。…………」
「嵐くん?」
「俺は、あんまり気の利いたこと言ってやれねーけど」
「おまから触られるの、悪ぃ気はしてない。だから迷惑とか考えんな」
「じゃあな」
(嵐くん……)

2回目

「今日は激しいな」
「あ! ご、ごめん、わたしまた……」
「…………」
「?」
「おまえにそうされるとさ。なんだろうな。ヘンな気分になる」
「ヘンな気分?」
「うん。もっと近づきたいような、でも離れてなきゃダメなような」
「こう、さ。手首とか掴んで――」
「…………」
「嵐くん?」
「なんだ今の」
「え?」
「…………ダメだ。頭回んねぇ」
「今日はもう帰る。じゃあな」
「あっ、嵐くん!」
(行っちゃった……)

3回目

「…………」
「どうかしたの?」
「おまえ、受け身を覚えろ」
「え!? 受け身?」
「前に行ったろ。ヘンな気分になるって」
「う、うん」
「背中がゾクッとして、ヤバイって警報が頭ん中でガンガン……」
「で、体が反応しそうになる、勝手に」
「なるべく抑えるけど、こればっかりは保障できねぇと思う」
「……うん」
「独学が無理なようなら、俺が教えてやる。つきっきりで」
「だから――」
「…………」
「嵐くん?」
「やっぱダメだ。教えてやれねぇや」
「えっ、どうして?」
「もっとヤバイ気がする。わかんねーけど」
「ハァ……なんだこれ。モヤモヤして気持ち悪ぃ」
「とにかく気をつけろ。俺に押し倒されたりしないように」
「えっ!」
「ん?」
「う、ううん」
「? じゃあな」
(さらりと凄いことを言われたような……)

4回目

「やめ!」
「はっ、はい!」
「ハァ……おまえ、受け身覚えてきた?」
「えっ!」
「だよな。一人でできるワケねーか」
「教えてやりたいけどムリだし……」
「あの……ごめんね?」
「いい。それより……」
「こういうこと、まさか他のヤツ、に……」
「…………」
「嵐くん?」
「ちょっと待て……」
「嵐くん、大丈夫?」
「!!!」
「……わかった。なんとなく。モヤモヤがなんなのか」
「え?」
「おまえはいい。わかんなくて」
「???」
「帰る……またな……」
(大丈夫かな、嵐くん……)

5回目

「やめ!」
「はっ、はい!」
「ハァ……」
「迷惑じゃねぇって前に言ったけど。もう今日は触んな」
「あ……ごめん……」
「…………」
「…………」
「…………」
「あの……送ってくれてありがとう。わたし、ここで……」
「待て」
「えっ?」
「もうちょい、いろ。少しでいい」
「……うん」
「触んなっつったり、いろっつったり……バカなこと言ってんな、俺」
「おまえもバカだ。俺の言うこと聞いたりして」
「バカだ……ホント」
(嵐くん……)

6回目

「ハァ……」
「うん?」
「おまえが受け身覚えたくらいじゃどうしようもねーや。これ」
「えっ?」
「…………」
「俺が本気でおまえを抑えにかかったら、どんだけ暴れようと逃げらんねぇってこと」
「言ってる意味、わかるか? つーか、わかれ」
「じゃねーと、もうおまえとはこんな風には帰れねぇ」
「嵐くん……」
「わかったって言え。……ウソでもいい」
「…………」
「○○」
「……うん。わかった」
「……よし」
「じゃあ、またな」
(嵐くん……)



寸止め会話

  • 「やっぱ女だな……手、小っちぇえ」
 「ふふっ、そうだね」
  「その手で触れられるとさ、ギュッて握りたくなる」
 「嵐くんが大きいんだよ」
  「そりゃそうだ。おまえのがでかかったらちょっとビックリ」

  • 「悪ぃ。俺、近づきすぎたか?」
 「ちょっと……」
  「おまえがよく触るからさ、近い方がいいんかと思った」
 「そんなことないよ」
  「そっか。俺も嫌じゃねーけど、あんまり近づきすぎるとヘンな気持ち」

  • 「恋愛って、メンドクセェのかもな……」
 「そうなのかもね……」
  「苦しまねぇと幸せになれねーとか? 柔道の修行と一緒だな……」
 「そうかな?」
  「おまえ見てると、真面目に言った俺が情けねぇ気がする。……でも、助かるな」

  • 「なにか聞きたいことでもあるのか? 俺に」
 「今の気持ち……」
  「言ってもいいのか? ……なんてな。まだ言いたくねぇ」
 「べつにないけど……」
  「なら、おとなしくしてろ。俺が困る」

  • 「あんまりジッと見るなって。困る、なんか」
 「苦手なんだ?」
  「そうじゃねーよ。見つめんなら理由を言え。そしたらたぶん平気」
 「だって……」
  「いいんだけどさ。……俺もそうするぞ。いいか?」

  • 「! 今のはちょっとくすぐったかった……」
 「じゃあ、もう一回……」
  「同じ手は食らわねーよ」
 「弱点、見っけv」
  「いいよ、おまえになら知られても。……あんまりやるなよ?」」

  • 「さっきからゴソゴソと……何してぇの?」
 「くすぐり!」
  「俺は強いぞ? なら、おまえにも……しちゃマズイな。うん」
 「イヤだった?」
  「イヤっていうか、おまえが何してぇのか知りたいだけ。なに?」

  • 「そんなに気になるか? 俺の身体」
 「うん!」
  「腕、硬ぇだろ? ガキの頃とは比べものになんねーくらい育った」
 「べつに?」
  「そっか。……なら、なんでそんなに触るんだ?」

  • 「夜の空気って澄んでる気がしねぇ?」
 「そんな気がする」
  「気のせいかもだけどな? 俺の頭ン中もスッキリさせてくんねーかな……」
 「昼とかわらないよ」
  「そっか。……ちょっとはそう思わねぇ?」

  • 「俺、今ヘンな感じだ……」
 「わたしも……」
  「そっか。でも、嫌な感じじゃねぇよ? ……おまえは?」
 「熱でもあるの?」
  「ねえよ。……もしかして、あるのか?」





更新日時: 2011/01/13 20:41:41
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ