※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


1回目

「ストップ」
「あの……ゴメンね、嫌だった?」
「なにが?」
「え? なにがって、だって……」
「だから、なんのこと? 言って?」
「あの、触ったりしたこと、だけど」
「なんだ、そのことか。ぜんぜん? 嫌じゃないよ?」
「そう、なら良かった――」
「ただし」
「え?」
「お互い様なら……だけどさ」
「あの、わたし……」
「今じゃない。いつかね?」
「…………」
「あれ? なんだかビミョーなムード。じゃあ、帰るわ」
(琉夏くん……)

2回目

「まただ」
「えっ?」
「“えっ”じゃない」
「あの、わたし……」
「ちゃんとこっち、見て」
「……うん」
「そんなに俺に触れたい?」
「ごめんね、嫌ならやめるけど……」
「質問に応えて。……どう、触れたい?」
「わたし、なんて言えばいいか……」
「“うん”って言えばいいよ」
「……わたし」
「いいよ、もう。ちょっと、いじめちゃった」
「でも、なんとなくっていうのは嫌だ、俺。それだけ、覚えといて?」
「うん」
「よくできました。じゃあ、帰る。バイバイ」
(琉夏くん……)

3回目

「ハァ……」
「あの……」
「今日はさ、なんか積極的?」
「ちょっと、ふざけ過ぎちゃったよね? ゴメン……」
「べつに、謝らなくていい」
「でも……」
「その代わり……」
「?」
「コチョコチョだ!」
「いやっ! くすぐったいよっ! アハハッ!!」
「思い知ったか。ごめんなさいは?」
「はぁ……苦しい……ゴメンなさい」
「よし。じゃあ、帰ろ。バイバイ」
「うん、バイバイ!」

4回目

「ちょっと、待って……一回、やめて」
「え? あ、ゴメン!」
「ハァ……」
「あの……」
「言っとくけどさ、俺ら、子供じゃないだろ?」
「う、うん……わかってるつもり」
「そっか。わかってんのか、……じゃ、いいんだな?」
「……え?」
「コチョコチョ2!」
「ダメっ! くすぐったいっ! ゴメンなさいっ! アハハハッ!!」
「思い知ったか。コチョコチョ2」
「はぁ、はぁ……思い知りました……ゴメンなさい」
「よじ。じゃあ、帰る。バイバイ」
「うん、バイバイ!」

5回目

「ダメだ、待って。なぁ、ホントに……」
「え? あの、ゴメン……」
「ハァ……」
「ねぇ、怒った?」
「怒るわけないだろ?」
「でも……」
「怒ってるんじゃない。ただ、少し……」
「……うん、どうしたの?」
「どうしたのって……俺……」
「…………ゴメン、もう大丈夫」
「う、うん……」
「“うん”じゃない。言ったろ? 俺たち、子供じゃないって」
「ゴメン、ふざけ過ぎたよね?」
「ホント、ふざけ過ぎだ」
「ゴメン……もう、やめるね?」
「え? ……もうって、これからずっとってこと?」
「だって、嫌な気分にさせたくないもん……」
「……嫌じゃないって。やめなくていい」
「でも――」
「ダメだ、やめちゃ。……じゃあ、帰る」
(……琉夏くん?)

6回目

「なぁ……」
「……あ、ゴメン」
「そうじゃない。そうじゃなくて、俺……」
「う、うん……」
「俺さ、もう、ダメかも」
「琉夏くん……」
「ギリギリなんだ。余裕、無いんだ」
「なぁ……そば、行っていい?」
「え? ちょっと――」
「オマエのせいだ……」
「……待って」
「……何やってんだ、俺」
「ゴメン、怖がらせて」
「ううん、わたしの方こそ」
「もう、帰った方がいいみたいだ。なぁ……」
「うん?」
「次、会う時はさ、いつも通りになってるかな、俺たち」
「きっと」
「そうだな、きっと……じゃあ、帰る」
「うん、バイバイ」



寸止め会話

  • 「言ってなかったけどさ……満月の夜は、俺、狼に変身するよ?」
 「琉夏くんを信じてるから」
  「そう言われちゃうと、変身できないんだ。でも……うん。ありがとう」
 「変身していいよ?」
  「ホントに? ……食べちゃうよ?」

  • 「楽しそうだな? こっちの気もしらないで」
 「知ってるよ?」
  「ウソ……俺、スゲェこと考えちゃってるけど……そのこと?」
 「こっちの気って?」
  「引くから言わない。いつかは、正直に話さなきゃだけどね?」

  • 「顔、赤いね。どした?」
 「はしゃぎ過ぎちゃった」
  「子供だ。カワイイv」
 「琉夏くんのせいだよ」
  「俺の? へぇ……」

  • 「言っとくけどさ……こういうこと、エッチなヤツにすると、誤解されるよ?」
 「平気平気!」
  「コラ。平気じゃないんだ。……俺が」
 「琉夏くんとか?」
  「俺? いやエッチだけどさ……そういうエッチとは、エッチが違うんだけどな……わかんないかなぁ」

  • 「このままさ、時間なんて止まればいい」
 「本当だね……」
  「ああ……無理だってわかってても、どうしても考えちゃうな」
 「大人になれないよ?」
  「そっか……うん。大人になれば、もう帰らなくてもいいもんな」

  • 「単車もいいけど、歩いた方がいいことも、あるな」
 「健康にいいよね?」
  「え? あぁ、そっちか……俺、“じゃない方”のこと考えちゃった」
 「スキンシップできるもんね」
  「まあ、そういうこと……一応、オブラートにくるんでみたんだけどね」

  • 「肩、抱いちゃおっかな……」
 「うん、いいよ?」
  「ありがとう。オマエの隣に、確かに“俺がいる”って感じたい……」
 「恥ずかしいよ……」
  「恥ずかしいのは俺も同じだからさ、ガマンして」

  • 「俺に触るのって、そんなに楽しい?」
 「うん、楽しい!」
  「俺も楽しい。じゃ、ギブ&テイクだ」
 「ゴメン、つい……」
  「“つい”触りたくなっちゃう。なるほどね。……へへ」

  • 「こうしてるとさ……ガキの頃のこと思い出すよな?」
 「懐かしいね……」
  「うん。可愛かったな……あ、今もね?」
 「子供のままがいい……」
  「俺は、大人になりたい。大人になれば自由だから……ほら、色んな意味でさ?」

  • 「今夜は月がキレイだ……少し遠回りしていこう」
 「ロマンチックだね?」
  「まあね。……誰かさんのせいでね」
 「遅くなるから」
  「あぁ、そっか。俺と違って、まだ囚われの身だもんな?」





更新日時: 2011/01/13 21:23:07
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ