※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


単独

・逃げる設楽先輩1

設楽「ああもう、うるさい。ついてくるな。」
女子「日誌くらい書いてよ。日直なんだから!」
設楽「おまえだってそうじゃないか。おまえが書けよ。」
女子「他の仕事、ほとんどあたしがやってるじゃない。日誌書いて職員室に届けるくらいはやってよね!」
設楽「ああ、もう・・・・・・」
○○「(設楽先輩、同級生ともあんな感じなんだ・・・)」

・逃げる設楽先輩2

(あ、設楽先輩だ)
設楽「嫌だって言っただろ。」
男子「だっておまえ以外他にいないしさー。」
設楽「去年みたいに氷室先生に頼めよ。」
男子「やだよ、またスパルタ練習になるに決まってるし。
   なぁ頼むってば、合唱コンクールの伴奏~。」
設楽「い・や・だ。」
(……設楽先輩って誰かに追われてることが多いような……)

・逃げる設楽先輩3



複数

設楽+不二山 校内会話

・ピアノ鑑賞1

不二山「……押忍。失礼します。」
設楽「ハァ……」
○○「設楽先輩!」
設楽「ああ、おまえか……」
○○「どうしたんですか?」
設楽「どうしたもこうしたも。」
設楽「ピアノ弾いてたら、なんか視線を感じたから廊下見たらいたんだよ。……あいつが。」
○○「え……ピアノ聴いてたんですか、不二山くんが?」
設楽「聴いてたんだが、考えごとしてたんだか……目を閉じてじっとしてた。」
設楽「これからもよろしくお願いしますとか言ってたけどーー」
設楽「ん?おまえ、知り合いか?あいつと。」
○○「あ、はい。同級生です。」
設楽「じゃあ言っておけ。どういうつもりだってな。」
○○「えっ!?わたしが?」
設楽「別にいいだろ。ここに居合わせたのもおまえの運命だ。」
設楽「とにかく、ちゃんと言っとけよ?じゃあな。」
○○「(うう、そんなこと言われても……)」

・ピアノ鑑賞2

不二山「ああ。なに?」
○○「設楽先輩のピアノ聴いてたの?」
不二山「うん。やっぱすげーな、この人の弾くピアノ。」
○○「すごい?」
設楽「うるさい。」
○○「あ、設楽先輩」
不二山「押忍。」
設楽「押忍じゃない。そこにいられると気が散る。どっか行ってろ。」
不二山「押忍、すみません。失礼します。」
設楽「……いや、待て。」
不「はい?」
設楽「俺のピアノがどうしたって?」
不二山「ああ……俺、練習前に瞑想するんすけど……」
設楽「……瞑想?」
不二山「ときどき設楽さんのピアノが聞こえてきて、そのまま音を追ってると……」
不二山「急にいろんな感覚が研ぎ澄まされるようなことがあって。」
不二山「ギリギリの試合で稀に掴める、あの感じと同じ。」
不二山「そういうときって俺、ほぼ負けてないんすよ。それを音色で引き出せるのがすげーなって。」
設楽「……おまえ、話が長いんだよ。でもまあ、そういうことか……」
設楽「……とにかく!聴いててもいいけど俺の邪魔をするな。わかったか?」
不二山「……押忍!」
○○「え?でもさっきはどっか行けってーー」
設楽「なんだよ。」
○○「……いえ、なんでも。」
設楽「ふん、じゃあな。」
○○「(あんまり悪い気はしてないのかな?)」

・ピアノ鑑賞3

○○「設楽先輩。もうお帰りですか?」
設楽「帰っちゃ悪いか?家の用事があるんだよ。」
○○「じゃあ、今日はピアノ聴けないんですね……」
設楽「まあな……あ。あいつに会ったらおまえから言っとけ。今日は来ても無駄だって。」
○○「あいつ……?あ、不二山くんですか?」
設楽「俺のピアノを毎日聴きにくる物好きなんて、おまえ以外じゃあいつくらいだ。」
○○「う……、でも、そんなに気にするなんて珍しいですね。」
設楽「……べつに気にしてない。後で文句言われたりしたら面倒くさいってだけだ。」
○○「…………」
設楽「……なにがおかしいんだ。ちゃんと言っとけよ?そろそろ来る時間だから。」
○○「ふふっ、わかりました!」
設楽「ふん……じゃあな。」
○○「(なんだかんだで、不二山くんのこと認めてるよね、設楽先輩……)」


設楽+紺野 校内会話

・1

○○(本を返却っと…)
設楽「別にいいだろ、どういう読み方したって。」
紺野「良くないよ。面白さが半減するだろ。」
○○(あ、設楽先輩と紺野先輩だ)
○○「どうしたんですか?」
設楽「…なんだ、おまえか。どうもしない、本を返しに来ただけだ。」
紺野「設楽、後輩にそういう言い方は良くない。」
設楽「何先輩面してんだよ。」
紺野「設楽だって威張ったような態度で……」
○○「あのー……」
紺野「ああ、ごめん。」
設楽「…………」
紺野「それがさ、設楽が本はあとがきから読むって言うんだ。」
○○「はぁ……」
設楽「それのどこが悪いんだ。おまえに迷惑かけてるわけじゃないだろ。」
紺野「だって結末を先に読むようなもんじゃないか。信じられない。」
○○「ミステリーなんかだと犯人が書かれてることも…」
紺野「だよなぁ。その通りだよ。」
設楽「おまえは関係ないだろ。なんで紺野の味方するんだ。」
○○「そ、そんなつもりは……」
紺野「設楽、後輩にそういう言い方は良くない。」
設楽「何先輩面してんだよ。」
○○(ループだ……)


特別

卒業(友好限定)

※好き以上は途中からスチルイベント発生
(……いい卒業式だったな。感動しちゃった)
「○○。」
「聖司先輩、卒業おめでとうございます。」
「……ああ。」
「こっちに来ちゃっていいんですか?みんな、校門のほうに集まってますけど……」
「別にいい。永遠の別れってわけじゃないし。」
「それはそうですけど……」
「何なんだろうな。普段ろくに話もしなかった奴らが、急に馴れ馴れしく声かけてきて。
 みんな言うことが同じだし。ピアノを聴いてたとか、もう聴けないとか……他にないのかってくらい。」
「………………」
「……まぁ、悪い気はしないけどな。」
「聖司先輩……」
女子生徒「ねぇ、設楽くん 写真一緒に撮っていい?」
「え?」
女子生徒「あ、わたしも!」
女子生徒「じゃあみんなで撮ろうよ!」
「………………」
「……みんな集まってきちゃいましたね?」
「卒業アルバムがあるのに、なんでわざわざ写真なんか……」
「………………」
「まぁ、最後だからな。今日くらいはクラスの奴らに付き合うか。
 ……じゃあな。また連絡する。」
(聖司先輩、とうとう卒業しちゃうんだ……)


更新日時: 2015/05/09 17:57:09
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ