※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


下校


誘う/下校

好感度 紺野/普通>設楽/普通

○○「紺野先輩、設楽先輩。」
紺野「やあ。」
設楽「ああ。」
○○「よかったら一緒に帰りませんか?」
  • 両方OK
  • 紺野NG
  • 設楽NG
紺野「そうだな。一緒に帰ろう。」
設楽「行かない。」
○○「そっか、残念です。じゃあ設楽先輩、また今度。」
紺野「じゃあ、僕たちは行くか。」
  • 両方NG

好感度 設楽/友好>紺野/普通

○○(あっ、聖司先輩と玉緒先輩だ。)
○○「聖司先輩、玉緒先輩。」
設楽「なんだ、おまえか。」
紺野「やあ。」
○○「よかったら一緒に帰りませんか?」
  • 両方OK
設楽「断る理由もないしな。いいぞ。」
紺野「うん、僕もいいよ。」
○○「よかった。じゃあ、行きましょう。」
  • 紺野NG
  • 設楽NG
  • 両方NG

誘う/喫茶店

好感度 紺野/普通>設楽/普通

○○「紺野先輩、設楽先輩。」
紺野「やあ。」
設楽「ああ。」
○○「よかったらみんなでお茶しませんか?」
  • 両方OK
  • 紺野NG
  • 設楽NG
  • 両方NG
紺野「お茶か……僕の方は遠慮しておくよ。」
設楽「俺もやめとく。面倒だ。」
○○「そっか、残念です。じゃあ、また今度。」
○○(うう……残念)

好感度 紺野/友好>設楽/普通

○○(あっ、玉緒先輩と設楽先輩だ)
○○「玉緒先輩、設楽先輩。」
紺野「ああ、君か。」
設楽「ああ。」
○○「よかったらみんなでお茶しませんか?」
  • 両方OK
  • 紺野NG
  • 設楽NG
紺野「いいね。ちょうどそんな気分だったんだ。」
設楽「断る、めんどうだ。」
○○「そうですか……設楽先輩、じゃあ、また。」
紺野「じゃあ、僕たちだけで行こうか。」
  • 両方NG

好感度 紺野/好き以上>設楽/友好

○○「紺野先輩、設楽先輩。」
紺野「○○さん。やっぱり君か。」
設楽「今帰りか。」
○○「よかったらみんなでお茶しませんか?」

  • 両方OK
紺野「ああ、もちろん。僕も話したかったし。」
設楽「じゃあ、俺も行く。3人の方がいいだろ?」
○○「よかった。じゃあ、行きましょう。」
  • 紺野NG
  • 設楽NG
  • 両方NG


好感度 設楽/友好>紺野/普通

○○「聖司先輩、玉緒先輩。」
設楽「なんだ、おまえか。」
紺野「やあ。」
○○「よかったらみんなでお茶しませんか?」
  • 両方OK
設楽「お茶ね。いいよ、別に。」
紺野「僕もお呼ばれするよ。」
○○「よかった。じゃあ、行きましょう。」
  • 紺野NG
  • 設楽NG
設楽「お茶ね……いいや、今日はやめとく。」
紺野「お茶か、いいよ。」
○○「そうですか……聖司先輩、じゃあ、また。」
紺野「じゃあ、僕たちだけで行こうか。」
  • 両方NG

誘われる

好感度 紺野>設楽


①紺野/友好>設楽/友好
紺野「やあ、今帰り?」
○○「玉緒先輩、聖司先輩。はい、そうです。」
紺野「だったら、僕らと一緒に帰らない?」
設楽「どうする?」
『はい。一緒に帰りましょう』
紺野「それじゃあ、行こうか。」
○○「はい。」
『じゃあ、お茶して帰りませんか?』
紺野「お茶か。そうだな、そうしよう。」
○○「よかった。じゃあ、行きましょう。」
『ごめんなさい。今日は用事があるので……』
紺野「そうか、用事なら仕方ないな。」
設楽「また今度でいいだろ。」
○○(せっかく誘ってくれたのに、悪いことしちゃったかな)

②紺野好き以上>設楽/友好or好き
紺野「○○さん。ちょっといい?」
○○「玉緒先輩、聖司先輩。はい、大丈夫です。」
紺野「僕らと一緒に帰らない? 実は待ってたんだ。」
設楽/友好「どうする?」 or 設楽/好き「どうせ暇だろ? だったら付き合えよ。」
『はい。一緒に帰りましょう』
紺野「じゃあ、話しながら、のんびり行こうか。」
○○「はい、そうしましょう。」
『じゃあ、お茶して帰りませんか?』
紺野「いいな。3人で話をするのも、楽しいかも。」
○○「ふふっ、よかった。じゃあ、行きましょう。」
『ごめんなさい。今日は用事があるので……』
紺野「そうか……残念だな。また今度誘うよ。」
設楽/友好「また今度でいいだろ。」  or 設楽/好き「なんだ、人がせっかく……別にいいけど。」
○○(せっかく誘ってくれたのに、悪いことしちゃったかな)

好感度 設楽>紺野


設楽/好き以上>紺野/友好or好き
 ※設楽からは好き以上で誘われる
設楽「○○。 今帰りだよな。」
○○「設楽先輩、紺野先輩。 はい、そうです。」
設楽「ちょうどいい。 俺たちと帰らないか?」
紺野/友好「もちろん、無理にとは言わないけど。」or 紺野/好き「用事がなければ是非。だめかな?」

『はい。一緒に帰りましょう』
設楽「3人で帰るのも悪くないだろ。」
○○「はい、そうですね。」
『じゃあ、お茶して帰りませんか?』
設楽「話もできるしな、そっちの方がいいか。」
○○「ふふっ、よかった。じゃあ、行きましょう。」
『ごめんなさい。今日は用事があるので……』
設楽「そんな用事、キャンセルしろ。……冗談だ。また今度にする。」
紺野/友好「残念だけど、また今度。」 or 紺野/好き「」
○○(せっかく誘ってくれたのに、悪いことしちゃったかな)


割り込み

  • 紺野
①友情状態
紺野「○○さん。設楽。」
○○「紺野先輩。今帰りですか?」
紺野「うん。2人で帰るの?よかったら、僕も混ぜてくれない?」
○○「はい、それじゃあ3人で帰りましょう。」
設楽「紺野め……」
②愛情状態
紺野「ねぇ、それ、僕も途中まで一緒に帰ってもいいかな?」
○○「玉緒先輩。いいですよね、聖司先輩。3人で帰りましょう。」
紺野「ああ、ありがとう。」
設楽「紺野め……」

  • 設楽
①友情状態
設楽「おまえたち、一緒に帰るのか?じゃあ2人ともついてこい。」
○○「聖司先輩。もう、急だなあ。」
設楽「ほら、行くぞ。」
紺野「設楽は寂しがり屋だからな。」
②愛情状態
設楽「よし、行くぞ。」
○○「設楽先輩……行くって?」
設楽「一緒に帰るんだろ、俺も一緒に行く。 ……いいよな?」
○○「はい、もちろん。 3人で帰りましょう。」
紺野「そう来たか……」


下校会話

春休み前

○○「もうすぐ春休みですね」
紺野「いよいよ受験本番か……」
設楽「まだだ。まだ本番じゃない」
紺野「今から初めても遅いくらいだと思うけど」
○○「うっ、わたしもそろそろ考えないと……」
設楽「おまえら、時代を先取りしすぎだ。もっとゆっくり生きろ」

春まっただなか

○○「春ですねぇ……」
紺野「すぐに夏が来るんだろうなあ……」
設楽「なんだおまえら、ジジババみたいに」
○○「ジジババ……」
紺野「後輩を相手にババはひどいぞ」
設楽「だってそうだろ。縁側の風景が見えた」
紺野「設楽の家に縁側なんてないじゃないか……」
設楽「祖父の家にあるよ。あの爺さんが縁側でひなたぼっこしてるとこなんて想像つかないけど」
○○「お元気なんですね?」
設楽「お元気すぎる」

体育祭前

○○「そういえば、もうすぐ体育祭ですね」
紺野「楽しみでもあり、不安でもあり……かな」
設楽「………………」
○○「えーと……最近暑いですねぇ」
設楽「わざとらしい」
紺野「まあまあ。運動が苦手なのはわかるけど……」
設楽「苦手なんて言ったか? 言ってないよ、好きじゃないだけだ」
○○「ええっと……」
設楽「言いたいことがあるなら言え。簡潔に。10文字以内」
○○「うぅ……」
紺野「まあまあ」

夏休み前

○○「もうすぐ夏休みですね。」
紺野「設楽はまたフランスだろ?」
設楽「また、で悪かったな。」
○○「へぇ、いいなぁ・・・」
設楽「良くない。休みなのに全然休めないんだぞ。」
  「パーティーとかピアノ弾かされたりとか踊らされたりとか、そういうのばっかだ。」
紺野「・・・・・・いいよね。」
○○「いいですよね。」
設楽「良くないったら良くない。」

秋まっただなか

○○「道も落ち葉だらけですね。」
紺野「昨日の夜は風が強かったからな。」
設楽「・・・・・・なんか、変なにおいしないか?」
紺野「あ、これは・・・・・・銀杏かもしれないな。」
○○「あ、そうかも。イチョウの木があちこちにあるから・・・」
設楽「銀杏って、あの黄色いやつだろ?こんなにおいだったか?」
紺野「設楽は売ってるやつしか見たことないんだろ。」
設楽「悪かったな。うちの庭のイチョウは、銀杏がならないんだよ。」
○○「雄株と雌株がありますもんね。」

修学旅行前

紺野「そういえば、そろそろ修学旅行だよね」
○○「はい。お土産買ってきますね」
設楽「今年はどこだ? 香港か? オーストラリアか?
○○「予定では北海道に……」
紺野「何言ってるんだよ、設楽。僕らもそうだったじゃないか」
設楽「前は京都だったんだろ? 変わってるかもしれないじゃないか」

文化祭前

○○「もう少しで文化祭ですね。」
紺野「今年もみんな、はりきってるみたいだな。」
設楽「なんだよ、他人事だな。」
紺野「そんなつもりは・・・・・・」
  「うーん、でも、生徒会長なんてやってると、みんなと少し距離があるというか・・・」
○○「そうなんですか?」
設楽「そんなの、おまえが勝手に思ってるだけだろ。」
紺野「まあ、きっとそうなんだろうけど。」
○○「設楽先輩は?」
設楽「俺はどっちかっていうと、もっと距離がある方が嬉しいんだけどな・・・・・・」

冬休み前

○○「もうすぐ冬休みですね」
設楽「………………」
紺野「嫌そうだな」
設楽「いいことがない」
○○「学校がお休みですよ?」
設楽「親や親戚のイベントにつき合わされるくらいなら、学校のほうがマシだ」
紺野「学校に来たら来たで文句言うくせに……」
設楽「うるさい。おまえはどうせがり勉するだけだろ」
紺野「正月くらいはのんびりするよ」

冬まっただなか

○○「寒い日が続きますね。」
設楽「言うな。余計に寒い。」
○○「す、すみません。」
紺野「カイロを持ち歩けばいいのに。」
設楽「全身に貼るわけにいかないだろ。」
○○「ホント寒がりなんですね・・・」
設楽「ああもう、寒い。喫茶店行くぞ。」
紺野「わかったわかった。春までいるといいよ。」
○○「ふふ、喫茶店で冬眠ですか?」

期末テスト前

○○「もうすぐ期末テストですね」
紺野「そうだな……そろそろノートをコピーしておかないと」
○○「コピー?」
紺野「原本をなくされたら困るから」
設楽「こいつのノート、テスト前になるといつも争奪戦になってる」
○○「へぇ……」
紺野「設楽のノートも、見たら驚くよ」
○○「そうなんですか?」
設楽「……真っ白なだけだ。無駄な労力を使わない主義だからな」
○○(最初からコピーをあてにしてるんだ……)

バレンタイン前

○○「そろそろバレンタインですね。」
紺野「あっ、そういえば……」
○○「? どうかしたんですか?」
紺野「誰にどんなチョコをもらうかメモしておかなきゃと思って。ちゃんとリストを作って……」
○○「はぁ……」
設楽「細かい奴だな。もらった数だけカウントしておけばいいだろ。」
紺野「去年のホワイトデー、お返しを違う人にも配って足りなくなったのは誰だったかな……」
設楽「うるさいな。あとでちゃんとフォローしたよ。」
○○「(……2人とも、たくさんもらうんだなぁ)」

卒業直前

○○「もうすぐ卒業しちゃうんですね……」
紺野「そうだな、あっという間だ。」
設楽「あと一年くらいなら通ってもいいかもな。」
紺野「縁起でもないこと言うなよ……」
○○「………………」
「○○さん、どうかした?」
○○「こうやって3人で帰れるのも、あと少しなんだと思って……」
設楽「会いたければいつでも会えるだろ。」
紺野「それとこれは違うよ。」
設楽「バカ、そういうこと言うな。」
○○「………………」
紺野「……ああ、うん。そうだな、設楽の言う通りだ。」
○○「(寂しくなっちゃうな……)」

伝説の噂(ウソ1)

紺野「そういえば、教会の噂を耳にしたんだけど……」
○○「敷地内の教会ですよね? 一体どんな……」
設楽「知ってる。聞いたら1年以内に……ってやつだろ?」
紺野「そう、それ。ちょっとシャレにならないよな」
○○「あの……」
設楽「しっ、これ以上はヤバい」
紺野「うん、かぎつけられたら困るからな」
○○(な、なんなの~!?)

伝説の噂(ウソ2)

設楽「なあ、敷地内にある教会の伝説について聞いたことあるか?」
○○「どんな伝説ですか?」
紺野「ああ、あれだろ? 教会の屋根が開いて宇宙船が飛び立ったとか……」
設楽「違うよ、教会ごと飛ぶんだろ? あれがまるごと宇宙船でさ」
紺野「今も建ってるじゃないか」
設楽「飛ぶのは夜だけなんだよ。朝はあそこに戻ってくるんだ」
○○(……ふたりとも、本気で言ってるのかな……)

伝説の噂(本当に近い)

紺野「そういえば、敷地内にある教会の伝説を知ってる?」
○○「どんな伝説ですか?」
設楽「親に交際をぶち壊された姫が、あの教会の中でひたすら王子の帰りを待ってるんだろ」
紺野「……もっとロマンチックな話だったと思うけど」
設楽「何か間違ってるか?」
○○(そんな感じの話は聞いたことあるかも……)





更新日時: 2015/06/05 09:32:37
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ