※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


フラグ関連イベ

1.補習

「よーしここまで!補習組、お疲れさん。」
○○「(やっと補習が終わった・・・・・・一週間、長かったなぁ)」
大迫「質問があればいつでも来い。補習の補習してやるからなぁ!」
○○「(よし、もうひと頑張り、ノートをまとめてから帰ろ・・・・・・)」
――
大迫「お、○○。」
  「まだ残ってたのか?早く帰れぇ。」
○○「すみません、補習のノートをまとめてたら、つい・・・・・・」
大迫「よろしい。こりゃ次のテストが楽しみだな!」
○○「えぇと・・・・・・たぶん。」
大迫「おいおい、どうしたぁ?気の抜けた返事だんぁ・・・・・・」
○○「はぁ・・・・・・」
大迫「勉強、苦手か?」
○○「はい・・・・・・好きになれません・・・・・・」
大迫「ちゃんと真正面から、全力で勉強にぶつかってるか?」
○○「ぶつかる?」
大迫「そうだ。なんでも一生懸命やれ。そうすれば、きっと好きになる。」
  「例えばそれだ。おまえ、そのノートに愛を感じるか?」
○○「愛っ!?あの、大切なものだとは思いますけど・・・・・・」
大迫「そうだろぉ!おまえの頑張りが詰まってるからだ。」
○○「そっか・・・・・・」
大迫「真正面から全力でぶつかれ!愛があれば、必ずそれは応えてくれる。」
○○「はい・・・・・・わかるような気がしてきました!」
大迫「いいぞぉ!よし、もう一度聞く。ちゃんと真正面から、勉強にぶつかるか?」
○○「はいっ!」
大迫「その調子だぁ!どうせなら、運動も、学校行事も全部まとめてぶつかってみろ!」
○○「ぜ、全部ですかっ!?」
大迫「そうだ!おまえのすべてをはば学にぶつけてみろっ!!ここにはその価値がある!」
○○「はば学にすべてを・・・・・・なんか、いいかも!」
大迫「それが青春だぁ!よし、先生がおまえの青春後見人だ!ハハハッ!」
○○「(大迫先生って熱いな・・・・・・青春、はば学の全て・・・・・・まずは勉強を何とかしないと)」

2.大迫先生の本

「(・・・・・・さてと。今日の復習だけはしっかりしておかないと!)」
「(・・・・・・うーん、やっぱりここわからないや。大迫先生に質問してみよう!)」
――
「失礼します。 大迫先生!」
「○○、どうした?」
「今日の授業でわからないところがあって。ここなんですけど・・・・・・」
「どれどれ?」
――
「よしっ!これでバッチリですっ!」
「コラぁ!調子いいぞぉ?ハハハ!」
「ふふっ!」
「・・・・・・どうだ?勉強に愛はあるか?」
「はい・・・・・・だんだん勉強が好きになってきました。」
「よし・・・・・・そうだ、おまえにこの本を貸してやる。机の中から出てきた。」
「本ですか?」
「先生も高校時代に読んだんだ。この本に出会わなかったら、きっと、先生は教師になってなかったろう・・・・・・
先生の人生を変えた本だ。ほら、持ってけ!」
「はい、ありがとうございます。」
「よし。今日はもう帰れ。あんまり遅くならないようにな?」
「はーい!」
――
「(『君たちよ、どう生きるか?』か・・・・・・そんなに厚くないし、すぐ読めそう)」
――
「(一気に読んじゃった。うん、いい本だな・・・・・・)
 (赤鉛筆でいっぱい線が引いてあったのは、きっと先生が感動したところなんだろうな・・・・・・)
 (あれ?最後のページに何か書いてある・・・・・・)
 ”俺は教師になる!青春の全てをぶつけてやる!”
 (青春の全てを・・・・・・よーし、わたしも青春の全てをぶつける!)」

3.期末テスト1位

「ハァ、まだ信じられない・・・・・・1位だなんて。
 そうだ!大迫先生に報告しよう!」
――
「大迫先生っ!」
「○○、来たなぁ?」
「はいっ!あの、わたし――」
「学年1位、おめでとう!!」
「は、はい!!あの、ありがとうございます・・・・・・」
「先生、ちゃんと見てたぞ?おまえが全力で勉強にぶつかってたのをな!」
「大迫先生・・・・・・」
「どうだ?青春は気分がいいだろう?」
「はい、とっても。本当に、ありがとうございます・・・・・・」
「バッカヤロー!そんな顔する奴があるかぁ!もっと胸を張れぇ!」
「はい!」
「ハハハッ!いい笑顔だ!おまえは素敵だぁ!」
――
「(がんばってよかった!・・・・・・でも、不思議。すごく心が温かい。これも青春なのかな?)」

4.体育祭で1位

  • 2年目
「(今年の体育祭はこれで終了。さて、家に帰ろう・・・・・・)」
「○○。」
「あっ、大迫先生!」
「今日は大活躍だったなぁ!お疲れさん!」
「はい、がんばりました。」
「よし、いい顔してるぞぉ!
 どうだ、体育祭に、愛はあるか?」
「はい、体育祭、大好きになりましたっ!」
「ハハハッ!それが青春だぁ!」
「ふふっ!」
「よし、いい顔だ。おまえは素敵だっ!じゃあな。気をつけて帰れっ!」
「はーい。先生、さようなら!」
「おう!」
――
「(いい顔、か・・・・・・わたし、どんな顔してたんだろ?)」

  • 3年目
「(今年の体育祭はこれで終了。さて、家に帰ろう・・・・・・)」
――
「ハァ!やっぱり勝てると嬉しいな!これが青春かなっ!
 (あれ?砂浜を走ってる人がいる。もしかして・・・・・・)」
――
「おう!○○。」
「大迫先生。こんなところで何してるんですか?」
「なにって、夕焼けの浜辺を走るのは先生の日課だぁ。」
「さっき体育祭が終わったばっかりなのにですか!?」
「まぁなっ!それより今日のおまえは、すごかった!素敵だった!」
「ありがとうございますっ!よ~し・・・・・・わたしも一緒に走っちゃおっかな!」
「おいおい、無理はすんなぁ?」
「大丈夫ですっ!?」
「コラぁ、待てぇ!ハハハッ!」
――
「!?・・・・・・痛っ!」
「大丈夫かっ!!」
「大丈夫です・・・・・・ちょっと、足をひねっただけです。」
「バッカヤロー・・・・・・見せてみろ!」
「あっ・・・・・・」
――
「よし、大丈夫。大したことなさそうだな?先生、ビックリしたぞ・・・・・・」
「すみません、心配かけて・・・・・・」
(タッチ)「バッカヤロー!」
「謝るやつがあるか。先生、おまえのそういうところ、大好きだ。」
「大迫先生・・・・・・」
(タッチ)「いいか、今日のことを忘れるな?」
「おまえ達若者は、がむしゃらでいい。迷惑なんていくらでもかけろ。俺達大人が全力で支えてやる。」
「はい・・・・・・」
「よし。先生が家までおんぶしてやる。行くぞ!」
「えぇっ?でも・・・・・・」
「遠慮すんなぁ!来い!」
(タッチ)「俺たちは今、青春まっただ中だ。」
――
「(なんだろう、この胸のドキドキ・・・・・・)」
『わたし、大迫先生のこと・・・・・・』
「(まさかね!でも、これって・・・・・・ドキドキじゃなくて、ときめき?)」


5.文化祭準備期間

  • 1年目
「(ふぅ、文化祭の準備もそろそろ大詰めだな)」
「おぉ、張り切ってるな!○○。」
「あっ、大迫先生。いよいよ今週末は、初めての文化祭ですから。」
「仲間と協力しあって準備をする。それこそ文化祭の醍醐味だ。今この瞬間を楽しめ!」
「この瞬間も文化祭・・・・・・はい!」
「いい返事だっ!熱いぞぉ!よーし・・・・・・先生にも手伝わせろぉ!」
「(ふふっ!大迫先生って、生徒より生徒っぽいかも。わたしもがんばらなきゃ!)」

  • 2年目
「(文化祭の準備も大詰め。えっと・・・・・・用具室の鍵は職員室だったよね)」
「失礼しまーす。用具室の鍵を貸してもらいに来ました!」
「○○。おぉ、ご苦労。そこの壁に掛かってる。
 いよいよ本番だな?きっと忘れられない文化祭になるぞ?」
「はい、失敗しないように頑張らないと・・・・・・」
「そうだな。でもな、時には失敗なんて恐れないで、やれるだけのことをやってみろ。
 失敗は青春の勲章だ。がむしゃらなおまえ達には失敗する権利がある。わかったか?」
「はいっ!」
「ハハハッ!おまえはいつも返事がいいなっ!先生そういうの、大好きだっ!
 よーし・・・・・・」
「・・・・・・大迫先生、どうかしましたか?」
「わからんっ!血湧き肉躍るんだっ!走ってくる!!」
「大迫先生!?」
「(行っちゃった・・・・・・よしっ!わたしもがんばらなきゃ!)」

  • 3年目
「(文化祭前、最後の週だ。やり残しがないように頑張ろう!)」
「オッス!気合い十分かー?
 いよいよ今週末は、学園生活最後の文化祭だ。おまえ達に言っておきたいことがある。
 羽目を外せ!青春の1ページなんて言わず10ページでも20ページでも書きなぐってやれ!
 何があっても責任は先生が取る!先生はおまえらを信じてる。全力で文化祭にぶつかれ!
 その代わり、悔いだけは残すなっ!いいか?これが青春だーっ!」
――
「○○。どうだ?とうとう最後の文化祭だ。全力でぶつかってるか?愛はあるか?」
「はい!文化祭、大好きです!」
「よし!青春まっただ中だな?おまえは素敵だ!」
「ありがとうございます!
 (大迫先生・・・・・・先生だって素敵です!)」

6.ローズクイーン





その他


修学旅行で枕投げに参加しない

「コラァ!!」
「わあっ!!・・・・・・あっ、大迫先生!?」
「ハハハ!よーし、枕投げには参加しなかったんだなぁ?」
「は、はい。」
「よしっ。でも今は就寝時間だ。こんな時間にここで先生に見つかったからには――」
「アハハ・・・・・・お説教ですか?」
「ウーン? されたいのかぁ? 安心しろ、先生はしない。さぁ、サッサと部屋に戻る。
 ・・・・・・氷室先生に見つかる前に!俺も怒られるからなぁ!!」
「(たしかに・・・・・・急いで部屋に戻らなきゃ!)」





更新日時: 2010/11/14 01:12:39
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ


.