エクストリームさくら水産


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エクストリームさくら水産とは、人数分足りないごはんセットをいかに確保するかを競うエクストリームスポーツである。

概要

わが部がおそらく年間を通してもっともよくいくであろう飲み屋、さくら水産。しかし、安かろう悪かろうの法則から、この飲み屋も逃れきれていない。具体的な悪い点としては、注文した品が来ない、サワーにアルコールが入っていない。メニューのほとんどが「すいません、それ、本日できません状態」になっている。といった点が挙げられよう。
しかし、最大の難点は、ほぼ全員ごはんセットを注文するのに、さくら水産の炊飯器が小さすぎるため、人数の半数分程度のごはんセットしかサーブされない点である。
当然の流れとして、自分のごはんセットだけは確保しようという動きが出てくる。これが昇華しスポーツとなったものが本競技である。

ルール

至ってシンプルで、ごはんセットを確保し、完食した者の勝ち。

反則行為

発覚と同時に失格、すなはち追放となる行為

持ち込み

あらかじめコンビニでおにぎり等を購入し持ち込む技

雄山

ごはんセットにありつけなかった悔しさを海原雄山張りに無茶苦茶言う事で晴らす行為。例「馬鹿どもにごはんセットを食わせるな!」

hyde

ごはんセットにありつけなかった悔しさをhydeの身長をばらすことで晴らす行為。例「hydeの身長って155センチなんだぜ!」


過去の好プレー

寿司

「え、ごはんないんですか?じゃぁ寿司下さい」といって、寿司をオーダーしてその寿司セットを一人で食べ、おまけに会計を割り勘にした、本競技始まって以来の傍若無人プレー。当事者曰く「マリー・アントワネットの『パンがなければお菓子を食べればいいのに』」発言にヒントを得たとの事。

パン

「え?ごはんないんですか?じゃぁ、パンください」とふざけて発言したら、本当に食パンが出てきてしまったという奇跡のプレー。調査の結果、でてきたパンは、従業員の賄いであったことが発覚した。この事から、専門家の間で、さくら水産の裏メニュー研究を開始する者まで現れた、さくら水産研究の根本を変えたプレーということもできよう。