※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二話

目次へ

前へ(第一話)   次へ(第三話)





「ここは事務所です、さすがにここでは……」
 自分を犯すのか殺すのかはわからなかった男が、正気に戻って言った言葉に、ああ、やっぱりリンだなぁ…と綾子は安堵した。しかし、それもつかの間の安らぎでしかなかった。
 リンのマンションに向かうのは初めてだ。ぼんやりと見知らぬ住宅街が視界に流れ込むのを、夢のように眺めていると、ぞっとする現状に気づき始めた。
 制限速度が四十キロ程度の、信号の多い住宅街の道を走るのに、アクセルをべったりと踏んでいたリンの顔は、
何かに憑かれているか、はたまた自分の魂すらないといった調子で、案の定五十メートル先の信号が黄から赤に変わっても、
なんら動くこともなく、アクセルをべったりと踏み続けていた。
 すんでの所で綾子が運転を代わった。納車から半年未満で廃車にされそうになった車は、妙に自分に馴染む。
そういえば、いつだったかフーガを転がしてみたいと誰かに話したような気がする。だからといって、
こんな極限状態の最中で叶ったところ、喜ぶような余裕は綾子に残されていなかった。


「綺麗ね、ちゃんと掃除してるんだ。男やもめに蛆が湧くとか言うけれど、あんたには無縁ね」
 マンションの部屋は、意外でも何でもなく、リンの性格をそのまま反映したような、折り目正しい部屋だった。無駄な物は何もない。キッチンでやたら蛍光灯を反射する包丁3本には息を呑んだが、リンは台所には全く目を向けなかった。
「松崎さん」
 艶っぽい声に振り向くと、不意に抱き寄せられた。
 はしたないと思いつつ、綾子は背広とネクタイの間のシャツに頬をこすりつけた。薄布越しに伝わるリンのなめらかな肌は、先程までの不安を一掃させ、泣きたいほどに綾子の総身を切なくさせる。
「松崎さん……」
「リン……」
 この感情をどうして恋と断定できないのだろうか。触れられるだけで、呼ばれるだけで、苦しくなる、溶けるこの想いは何なのだろうか…。今までになかった感情の萌芽に、綾子は戸惑うことしかできなかった。
「もう、名前では呼んでくれないの……」
 哀願するように囁く、リンを見上げる双眸は涙がこぼれる寸前だった。
 リンはごくりと息を呑み、肩を震わせた。
「…呼んでも…いいのですか……」 
 許しを請うようにかすれた男の声は、戸惑いが色濃く出ている。
「さっき、私が何をしていたか……忘れてはいないでしょう? あなたのハンカチを……」
「私だって…この間、見られたんだもの……だから、おあいこよ」
 あられもない姿をリンに見られた時を思い出し、綾子は羞恥に耳まで紅く染めた。
「リンだけが呼んだ、リンだけの私の名前…これからも呼んでくれるなら……」
 途端、骨が軋むほど抱きしめられた。リンから吹き出る熱を、綾子は全身で受け止めた。
「……あ―――――――――」

 ――無粋な電子音が綾子のカバンから鳴り響く、音に振り向く綾子に、リンは眉をひそめた。
「ごめん……電話が……」
「大事な用だったら、またかかってくるでしょう」
 リンの腕の中でとろけていた身体が、急速に硬くなっていく、強引に綾子は唇をふさがれた。
「ふっ……ん」
 口の中をなめくじみたいに這う舌は、かえって綾子の焦燥を助長させた。三十秒は経過したのか、未だ鳴りやまない電話、綾子の胸はざわついた。
「ごめんね」
 リンの胸を強引に押しのけ、携帯を開いた。
「……麻衣?」
 涙声の麻衣に、心臓を止められそうになる、イヤな予感がする。
『バカ綾子! 出るの遅い! あのね、あのね、ぼーさんが…』
 血の気が引くというのはこういうことなのだろうか、頭が痺れてくる、目の前が暗くなってきた。
「わかった、すぐ行くわ」
 通話が切れた途端、綾子の精神も切れて飛びそうになる、貧血に似た症状を堪え、リンに叫んだ。
「ぼーずが事故ったらしいの、行くわよ!」
 興奮状態の綾子に対し、リンは醒めた目で一部始終を見つめていた。いや、今現在入ってきた同僚の事故の一報に対しても、眉一つ動かすことさえ手間だと言うような冷酷な眼差しで、フローリングにへたり込んでいる綾子を見下ろしていた。
「……どうしたの…」
「行くって、どこへ?」
 相変わらず冷え切った視線を送るリンを綾子は不気味に感じた。しかし、恐らくリンも滝川の事故に混乱ているからだと思い直し、綾子は麻衣から聞いたことを懸命に伝えた。
「病院には少年がいるわ、麻衣も向かってる、だから私たちも急いで」
「二人いれば充分でしょう」
 綾子の言葉をさえぎって、リンが言い放った。
「私たちは医者でもない、何もできない人間が雁首揃えて周りにいたって、それが滝川さんになにかいい影響でも?」
 苛立ちのこもった冷酷な口調で切り捨てられると、怒りがこみ上げてくる。しかし、一刻を争う事態、ここでリンと口論をしている暇はない。
「外でタクシー捕まえるわ」
 リビングから駆け出すと、玄関手前、容赦ない男の力が綾子の右腕をぎりぎりと掴んだ。
「……リン」
 今更ながら、今日のリンの精神状態はおかしいことを思い出した。台所ではきらきらと包丁三本が蛍光灯の光を反射させている。
「麻衣にはもう行くって伝えたの……」
 自然と声が弱々しくなった。リンは少し考え込むと、ため息を鼻からこぼし、綾子の手を離した。
「……私も行きます」
 綾子の長い夜が始まった。



「麻衣の両親は交通事故で亡くなったのよね」
 助手席で綾子がうなだれながらつぶやいた。小雨降りしきる夜空は、綾子を更に不安に追いつめる。
「急に…大事な人がいなくなるって、どんな感じなの、ねえ……」
 ワイパーの駆動音だけが、綾子に返事をした。闇を映すフロントガラスは、心労でげっそりとした女の顔を浮かび上がらせた。
 滝川がいなくなるということはどういうことなのだろうか、想像するだけで全身が絞られる様な痛みに襲われる。明日からいない…昨日までの事が全て思い出に変わる……。
「ああ」
 綾子の嗚咽に反応する様に、信号が青になった。


「原付にちょっと引っかけられただけだってのに、大げさだなぁ麻衣は」
 だって…とむくれる麻衣を、額に絆創膏、右足に包帯を巻いた滝川が笑った。
「少年、お前か~、俺の娘に縁起でもない事吹き込んだの」
 ねめつける様に見上げてきた滝川に、安原は「心外な」と咳払いをした。
「頭打ったんですよ、当事者としては慌てて当然でしょう。MRI異常なしと出るまでどんだけヒヤヒヤしたと思ってるんですか、ねえ?」
 処置室にて3人のやりとりを棒立ちで伺っていたリンと綾子に、安原は話を振った。
「ぼーず……」
「来てくれたのか……ごめんな、こんな夜中に」
 馬鹿と罵りたい、心配かけさせて、人がどんなに不安だったか、文句の一つでも言わなければ気が治まらない―――――

「……綾子」
 へらへらしていた滝川が、目を細めた。
「ごめんな」

「…無事…で…よかった……」
 ソファーにへたり込み、ぽろぽろと子供の様に涙をこぼす綾子の肩を、滝川はそっと抱いた。
「ごめんな」
 背中をさすられると、安心感に涙が止まらなくなった。
「…よかったの…よかったの…ぼーず…」
 ただひたすら、滝川の無事に、安堵した。
「はは、綾子もしおらしくなると可愛いな」
「馬鹿……」
「いやぁ、おれっち愛されてるなぁ」
 そうよ。と綾子は心中でつぶやくと、頭を滝川にこすりつけた。
 安心感に包まれて、全身が温くなる。時折ポンポンと肩を叩く手が心地よい。

 ――にもかかわらず背中の冷えるこの感覚は何だろう――
 そんなことは些末な問題だと、今はこうして滝川の無事を実感していたい。綾子はそのまま滝川の胸で眠ってしまいそうだった。
 ――それにしても背中が冷える――
 その分、背中を撫でる滝川の手の温かさが際だって、とろけそうになった。
 ――ますます冷えてくる――
 手では追いつかないほど冷えてくると、不快でたまらない。冷え性の様に骨が軋む。いっそ抱きしめてくれたら……
 ――綾子の心を読んだかの様に、背中は一層冷えた。ここまでくると灼けつくようだ。
 背中……背後……、後ろになにかそういう機器があっただろうか……




「滝川さんが無事でよかった、では松崎さん、そろそろ戻りましょう」
 明るさを装った声が背後から被さると同時、肩に鋼鉄の様な手が食い込んだ。
「……リン」  
 恐怖で目を見ることができない、穏やかな口調とは裏腹に、手には怒りがこもっている。
「ごめんな、リンにまで来てもらっちゃって」
「いいえ、無事が確認できて何よりです」
 見てるこっちがハラハラするような棒読み口調でリンが語る。
「そういえば、リンさんは松崎さんから連絡を受けてここへ?」
 安原の問いに、リンは変わらず穏やかな口調だった。
「松崎さんが谷山さんの連絡を受けた時、一緒にいたんですよ」
 綾子は絶句した。
「へっ? ……ああ、ごめん」
 間の抜けた謝罪と共に、滝川が綾子を手放すと、それだけで綾子は打ちのめされた、何が「ごめん」なのか。
「ちっ、違うのよ……これは……」
 なんとか滝川の肩を掴もうとしたが、リンに引き寄せられ、両手は虚しく空を切った。
「松崎さんはまだ落ち着かないようだ、こちらでなだめておきます。では、失礼します」
 肩を抱かれた綾子は、離れようとするが、リンが「ここで全部話したっていいんですよ?」と耳打ちすると、身動き一つとれなかった。リンの歩みに合わせ、ひたひたと歩く自分に綾子は情けなさを感じた。
 背後に刺さる視線が痛い、肩に食い込む手よりも気がかりだった――


目次へ

前へ(第一話)   次へ(第三話)