ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ジェネシス・ガーデンを遊ぶ際に必要な知識を学んでいきましょう。
  • 専門用語については解説ページへのリンクがありますので、そちらにて参照してください。





○用意するもの
 カード40枚。ただし灰色のカードは入れてはいけない。同じ名前のカードは5枚まで。これを本陣と呼ぶ。
 カード5枚。灰色のカードのみ入れられます。これをクロスエリアと呼ぶ。こちらは無くても遊べる。




○ゲームの準備
1.本陣をシャッフルする。その後に、相手にカットしてもらう。

2.本陣から5枚のカードをドローして、手札にする。

3.ジャンケンで先攻後攻を決める。

4.引き直しを行える。





ゲームを行っている人の事をプレイヤーと呼ぶ。
貴方の場合は自分、対戦相手は相手とプレイヤーは立場によって呼び方は変化します。

ゲームの進行はフェイズターンという区切りがあります。

ターンはドローフェイズ、セットフェイズ、サモンフェイズ、クロスフェイズ、バトルフェイズ、リーブフェイズの6つで構成されています。
フェイズはドローからリーブへと進行していき、リーブフェイズが終了するとターンが1つ進行し、再びドローフェイズに戻ります。
これを全プレイヤーが同時に行っていきます。

各フェイズで行える行動がこちらになります。

  • ドローフェイズ
 全てのプレイヤーは自分の本陣から1枚ドローします。

  • セットフェイズ
 自分の手札から自分の戦域にカードをシャドウ配置する事ができます。
 また、すでに戦域に配置されているカードの配置を自由に動かす事ができます。
 戦域は前衛後衛に分かれています。
 配置と配置の移動は先攻から先に行い、先攻の配置が完了したら後攻が配置と配置の移動を行います。

  • サモンフェイズ
 前衛に配置されているカードを全て召喚します。
 カードが召喚された時、召喚コストを支払います。

  • クロスフェイズ
 クロスエリアにあるカードを戦域に配置する事ができます。
 配置するにはクロスエリアにあるカードに記載されている解放条件という項目を満たさなければなりません。
 解放条件が満たされた時、その項目の通りの行動を行う事でクロスエリアにあるカードを神格解放します。

 戦域にあるカード同士で武装が行えます。
 アクティブかアクトのカード2枚を選択。1枚をもう1枚の上に重ねてアクティブにする。
 この2枚は1枚のカードとして扱う。戦域を離れる時は常に同じ場所に移動する。破壊される時は両方破壊される。
 この状態を武装状態と呼ぶ。
 武装状態のカードは効果を失い、発動・適用する事ができない。

  • バトルフェイズ
 相手のカードに攻撃を行います。
 攻撃は、こちらの不利になるカードを破壊したり、相手にカードを召喚させて本陣を減らすのが目的です。

 攻撃はカードに記載されている速度の数値が高いカードが優先して攻撃できます。
 相手にも同じ速度のカードがあった場合は先攻から先に攻撃できます。
 攻撃を行えるのはアクティブのカードのみです。
 アクティブのカードをアクトして、相手の前衛からカードを1枚選んで攻撃を宣言します。

 前衛に配置されているカードが攻撃を受けた時、後衛のカード1枚で防御できます。
 全てのシャドウのカードは攻撃を受ける時、必ず召喚をしてアクティブにしなければなりません。

 戦闘するカードが決定したら攻撃側のカードに記載されている攻撃の数値分、防御側のカードに記載されている防衛の数値が減少します。
 全てのカードは防衛が0以下になると破壊され冥府に送られます。

 攻撃時、相手の前衛にカードが無い場合、相手の本陣に直接攻撃できます。
 直接攻撃も後衛で防御できます。
 防御しなかった場合は攻撃の数値だけ、攻撃を受けた側の本陣が冥府に送られます。

 攻撃が終了したら、攻撃の権利を別のカードに移します。
 攻撃権を移せるのは攻撃したカードの速度と同数、またはそれ以下のカードだけです。

 攻撃できるカードが無くなったらバトルフェイズは終了します。

  • リーブフェイズ
 全てのカードをシャドウにして、後衛に移動させます。
 後衛が埋まってしまい移動させられないカードは冥府に送られます。




○勝敗の付け方
自分の本陣が0枚になったら負けとなります。
なので、それよりも早く相手の本陣が0枚になったら、貴方の勝ちです。




○補足
 灰色のカードの召喚がX(エックス)になっています。Xは0として扱ってください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。