霊の王姫-クレイティア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 名前:霊の王姫-クレイティア
 所属:灰 召喚:X 神性:解放 速度:1 攻撃:9 防衛:9
解放条件
 自軍戦域の「クレイティア」1体と自軍戦域の召喚3以上のユニット1体を封印する。
効果
 自身が召喚された時、自軍戦域に存在するアクティブのカード1枚を冥府に送らなければ自身を冥府に送る。
 自身はカード効果の影響を受けない。




フレーバーテキスト

「霊族はその1柱が樹木の一本であるという。ならばかの姫君はまさに森そのものと言えるだろう」





解説

 (バトルスペックだけ見れば)ジェネシス・ガーデン最強のカードである。
 (魔の王姫-ステイリアを除く)いかなるユニットの攻撃に耐える防衛9を持ち、
 (攻撃権が回ってくれば)いかなるユニットをも一撃で破壊する攻撃9を持つ。
 (他のスタータークロスユニットもそうだが)いかなる効果もこのカードには効かず、破壊・妨害を受け付けない。

 そして非常に維持コストが重いのがこのカードである。
 まずアクティブのユニットをコストにするので、前衛に出して召喚コスト支払ったカードをそのまま冥府に送らなければならない。
 召喚コスト+戦域のカード+攻撃手という3つのディスアドを背負っているのだ。
 フェアリーをコストにすれば攻撃を防げるのだろうが、その場合はフェアリーだけでコスト4を支払う必要がある。
 またクレイティアと防衛が1しか違わないので、同じユニットの攻撃でやられやすい。2体合計10の攻撃を受けるならどちらでも変わらないという事だ。
 せっかくの攻撃も、普通のユニットを倒す場合はオーバースペックなのでありがたみが薄い。

 緑単色では対緑の切り札となる。相手のクレイティア突破に必須なのである。
 また、ただでさえ相性の良い黄を相手にした場合は相手の獣の王姫-フィーゼを受け止めて反撃で倒せるので圧倒できる。
 混色にして維持コストにキリムフェナコドゥスを冥府に送れば実質0コストなのでコスト勝負でも有利になれる。
 専用の構築をすれば大いに輝きを放つので、皆さんも使ってみてください。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。