石ノ森


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

石ノ森

フフフフ、久しぶりの獲物じゃわい


石ノ森(いしのもり)は、GP2に仕える四天王の壱の将。初登場は『駆仁王之拳』。現在の登場作品はこの一作のみ。


注意:以降の記述には石ノ森に関するネタバレが含まれます。



略歴


GP2に四天王として仕えており、GP2タワーで開かれた日本制圧記念パーティーに参加。
しかし宴もたけなわ、何者かがタワーの敷地内に侵入したとの緊急連絡が入り、すぐさま戦闘配備に付き彼を待ち受けようとする。 ところが、侵入者がGP2タワーに放ったマッハパンチにより、タワーが倒壊。それに巻き込まれてしまい、戦うこと無く死亡した。


人物


台詞1つと断末魔しか出番が無かったため、詳細は不明。
侵入者を「獲物」と呼んでいることから弱者を一方的にいたぶるのを好む嗜虐性の持ち主で、「~じゃわい」という口調から、老齢なのではないかと思われる。


逸話


  • GP2四天王は松越一族以外で死亡確認された数少ないキャラクターだが、彼らの確認ではなぜかフライングが起きており、まだ生きていて断末魔を挙げている最中にも関わらず「死亡確認」のテロップが表示されている。


能力


  • 残念ながらその力を発揮する場面はなかったが、「全身に重火器を内蔵した改造人間」とされている。
  • 改造人間と言えば、他に影山剣がいる。彼と何か関係があるのだろうか。
  • そういえば、彼の装着重甲システムの開発元は「FOS PROJECT」……ん……? FOS……石ノ森……「Forest Of Stones」……!?


登場作品



関係キャラクター