ロベルト・ヨーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロベルト・ヨーン

アイ・アム・ザ・ムービー。ワシがこの映画の主役じゃ


ロベルト・ヨーンは広島出身のやくざ。80年代に隆盛を誇った暴力団「麦踏会」の残党で、ジャック・ワイルドを義弟にもつ。初登場は『広島義兄弟』。


注意:以降の記述にはロベルト・ヨーンに関するネタバレが含まれます。



略歴


80年代に隆盛を誇った暴力団「麦踏会」所属。義弟のジャックと共に潰れてしまった組の再興を目論んでいた。
最初は二人だけで組を再建すべく資金調達に励んでおり、義弟は銀行への窃盗(金庫の扉を爆破しているので強盗ではないと思われる)、彼はパチスロなどに精を出していた。
その窃盗の際にジャックが落書きにしか見えないタカラの地図を見つけるが、偽物に決まっていると一蹴。しかし、その地図を求めて橋之巻末太郎が現れたことで本物であったと知り、「取引をしよう」と口車にのせて地図の場所に「核弾頭三発分のプルトニウム」が隠されているという情報を聞き出し、ジャックとともに彼を倒す。
早速回収に向かおうとするが、地図を偽物だと言われたジャックは既に地図を処分してしまっていたため、急いで探しに向かわせる。そこを恒例の「死んだフリ」をしていただけだった 橋之巻に襲われ、義弟ともどものされてしまうが、なんとしても麦踏会を再建するという強い思いで倒れることなく、立ったままKO。橋之巻を感心させた。
その後、活動を再開。麦踏会は『ウクライナ領日本』時点で1万人、『白雀蜂 前編では52014人もの構成員を抱える巨大組織になり、再興に成功した。
麦踏会34代目組長に就任。テロリストのニケ・マダイーニによる連続爆破テロ事件や同人物の脱獄事件に裏で関与していた。


人物


超人外道大百科では「頭脳の兄、力の弟」と評されており、作戦立案能力などに優れる。劇中ではその能力で橋之巻をも手玉に取った。しかし、「証券や小切手とともに金庫に保管してあったのだから本物ではないか」と義弟がもっともな推理をしていたタカラの地図を偽物だと決めつけたり、ギャンブルの期待値計算がおかしかったりと、本当に賢いのか疑問符のつく場面もある。
組長就任後は名前表記をカタカナ表記の「ヨーン」から「世恩」に変更。日本国籍を取得したのか、「世恩」が先代の苗字であったかは不明。


逸話


  • 麦踏会はただ潰れたのではなく「潰された」と表現されており、背景に抗争などがあったと推測されるが、その詳細は明らかになっていない。
  • 広島義兄弟』でのチンピラ時代はパーカーにニット帽とラフなファッションだったが、組長就任後は中折れ帽子にストール、コートといったマフィア風の出で立ちを好むようになっている。
  • BAYDER FleeForFreedom』冒頭、『白雀蜂後編』を模した偽オープニングにおいて警察(西部署)の鷹勇次と直接電話でやりとりする描写がある。実際の本編でどうなるかは不明であるが、何らかの関わりあいがある模様。
  • 公式ホームページにて「ロベルト世音」という当て字が公開されていたが、本編や超人外道大百科といった映像作品内では使われておらず、クレジットの役名もロベルト・ヨーンとなっていた。
  • 決め台詞は「アイ・アム・ザ・ムービー」。自分が出ている作品を「movie」だと勘違いしているのかと思われていたが、実はmobieはかつて「むうびい」と読まれていたことが判明したので、彼は間違っていなかった。正直スマンカッタ兄者。


能力


戦闘面で特筆すべき特殊能力のようなものは無い。あえて言えば、耐久力(というより根性)と、義弟を召喚することでコンビネーション攻撃を行えるのが特徴か。


得意技・必殺技


拳を相手の頭上から振り下ろし、その衝撃で相手の全身を倒れこむように地面に叩きつける。


登場作品


関係キャラクター