愛地森蔵

愛地 森蔵

ワシは愛地森蔵。この森の主で、物知り好きのじいさんじゃ


愛地森蔵(あいち もりぞう)は、緑地ほどの広さしかないこぢんまりとした森の主。初登場は『ウクライナ領日本』。現在の登場作品はこの一作のみである。


注意:以降の記述には愛地森蔵に関するネタバレが含まれます。



略歴


すべてを操るガントレットを使いこなせないことに悩むミッコウシャの元に突如として現れ、「わさびの心」を授け、ガントレットを完璧に使いこなさせた。


人物


物知り好きのじいさん」と自称している通り、あくまで物知りが好きなだけであって本人は物知りでもなんでもないので、デタラメな知識ばかりを人に教える。しかし、言っていることは滅茶苦茶だったが、結果的にミッコウシャはガントレットを使いこなすことに成功しているので、何か本質を見抜く力は持っているのかもしれない。時折じじいジョークを会話にはさみ、相手を苛つかせる。


逸話


  • 彼が主である森は、森と呼ぶにはいささか狭いような印象を受けるが、ロケ地の正式名称は「江原屋敷森緑地」であり、公式にもれっきとした森である。
  • 彼が住んでいることから、これ以降の作品でクレジットにこのロケ地が書かれる際は「愛地森蔵緑地」となっている。


登場作品



関係キャラクター