駆仁王之拳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

駆仁王之拳(くにおうのけん)とは、
外道Taxi監督作にしてBDC'長編シリーズ第3弾である。

登場人物


あらすじ

198X年!日本ではひとりの男が、その圧倒的暴力で周囲を震え上がらせていた!
若き青年黄金蟲邦夫(こがねむしくにお)は、男の暴力によって命を落とすも
謎の中国人・陳炒飯(ちんちゃーはん)の手引きにより蘇生する。
やがて彼は日本全土をも制圧する宿敵との、運命の決斗へと向かっていくのだった...
(YouTube版より)

作品について

この作品は、『The Snow Hiding』と同様、外道Taxiが当時所属していた
日本大学芸術学部公認部会・B.D.C.演劇映画放送研究会の企画として立案・製作された。
※企画書でのタイトルはそのままだが、企画名は『台車で撲殺アフガン航空相撲』なる意味不明なものであった
もともと当初はより漫$画太郎色の濃い『駄菓子地獄変』という作品をやるつもりだったが
あまりの超展開の連続ゆえ、企画会議で「誰にも理解できぬ」とはねられた為、大幅に修正し現在の企画となった。

作品のベースは所沢ラ・パウザにて外道Taxi、登別カルロス、ハシュード・ビフー、松越 散らで話し合われ
タイトル、主人公の名前、宿敵の名前などが決められた。
またカンフーものということで鉄板な『復讐もの』路線でいくこと、
GP2タワー四天王の扱いなどもこの時決まっている。

上映会について

この作品は都合3回、一般上映の場を設ける形をとっている。
(おそらく外道Mobieでもいちばん多くの上映回数を誇っているかもしれない)
一度目は2002年、B.D.C.演劇映画放送研究会・前期上映企画として下北沢TOLLYWOODにて上映。
二度目は2003年。同部会上映企画として大泉学園・ゆめりあホールにて上映。
そして三度目は2006年、同部会の芸術祭上映企画として上映されている。
なかでもTOLLYWOODでの上映は関係者の中でも語り草となっており
観客が完全に一体となった空間での上映会だったと言われている。

ブルーバックについて

この作品では所沢部室裏の物置類に青いビニールシートをかけることで
擬似ブルーバックを行い、当時のMobie史上最も多い合成パートを撮影している。
どー見てもキレイにとは言いがたい合成具合ゆえ、賛否あるこの技法だが
後に検証したところ
「エフェクト調整でもうちょっとマシなレベルに抜くことができた」(外道Taxi:談)
と、当時の技術限界が見え隠れしている。
後述の2006年上映企画の際、本編を再編集したが
このパートについては「本当に合成やり直しだしたらいくら時間があっても終わらん」(外道Taxi:談)
ということで、合成パートについてはそのままの状態で編集・上映となっている。

編集バージョンについて

この作品は3つのバージョンが存在している。
『駆仁王之拳』『駆仁王之拳・炎』『駆仁王之拳・真』。
現在YouTube版をはじめDVDなど、各メディアで見ることが出来るのが3つめの『~真』にあたる。
最初に製作されたバージョンではDVD特典にもなっている
「もうひとつのエンディング」(後述)が正規エンディングとなっている。
そして『~炎』は、現行エンディングに加えてOPに炎エフェクトが入るなどしている。
また『~炎』では、「劇中CMはカットしようがないよね♪」という外道な理由で
あろうことか他作品のCMをぶち込むという暴虐の限りが尽くされ
Gadjetmovie氏監督作品『ブロウクン野郎』の特報予告が流れるという代物となっている。
そして『~真』は評判のよかった現行ENDを採用しつつ、OPを通常版にし
「よいとこ合わせにした」(外道Taxi・談)。2006年度の上映企画の際、再編集されたものとなっている。

エンディングについて

この作品は「もうひとつのエンディング」なるエンディングが存在する。
最初のバージョンではこちらのエンディングが採用されていた。
内容としては
  • 宿敵(GP2)がいなくなった街(夜明け)
  • ひとり歩く黄金蟲邦夫
  • その行く先には、師である陳炒飯の姿が
  • ゆっくりと構えをとる両雄、いまこそ三途の川以来の恨み晴らす時
  • いざ拳を交えん、そしてEND
というものである。
※このバージョンを作った理由として「当時、よい終わらせ方が他に思いつかなかった」(外道Taxi・談)ほか、
ライバルがいなくなったから次は師匠とだ!というコンセプトで撮られていた。
この内容については発表当初から「消化不足」「ちょっと拍子抜け」という意見も多く
よりしっかりしたエンディングを望む声も多かった。
そこで2003年の上映会を機に『駆仁王之拳・炎』が製作され
その際に追加撮影を実施。現在のエンディングが撮影された。