山田雨損


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場作品:『人でなき者たち

山田雨損(やまだあまぞん)は、カルボナーラスパゲティが大好物な民間人である。
蟹芝鉄平に瓜二つだが、血縁関係は不明。
ちなみに子持ち。

詳細

末広町出身。隣組の練習が大嫌い。のどかな山林でのお昼をこよなく愛する。
研究施設から外道が脱走したという報せが流れ、緊迫する山林にて
空気を読まず(読めず)お昼を楽しもうとしたところを大多喜大尉らによって発見・尋問される。
敵国のメニューを食うなと罵られようと、愛するイタ飯を食うことには全力を注ぎ
たとえ外道に襲われようともカルボナーラの麺一本たりともこぼすことはない。

劇中後半では親友と思われるイタ飯屋経営の松越義穴さんと
ふたりで食事を楽しもうとするなど、交友関係はそれなりにあるようだ。

なお彼はパイロット帽子を被っているが、パイロットなのかは謎である。
『人でなき~』は現代より半世紀ほど前の物語と受け取ることができるが
そんな昔の時代にも関わらず、Tシャツを羽織りプラスチック製の袋・器でカルボナーラを
美味そうに食す彼の姿は異端そのものである。
もし彼を発見した軍人が大多喜大尉ではなく厳格な軍人であったならば、即刻連行され処罰を受けていたに違いない。

ところでカルボナーラを開封する際、彼は愛するイタ飯を「敵国の料理」と称している。
日本とイタリアが敵対関係にあったとなると、MOBIE世界は我々の世界の歴史とは違う経緯を辿ったようである。