米俵スグル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

米俵 スグル

ニンニク、入れますか?


米俵スグル(こめだわら‐)は、西武警察署捜査一課所属(未完成作品で、鷹勇次が上司と判明するため)の警察官。階級は巡査。担当地区は、行きつけの二郎や映る電柱などから、中野区江原町から池袋近辺にかけてと思われる。「ラーメン二郎」の提供する麺類「二郎」を食べることで「二郎仮面」という怪人ヒーローに変身する能力を持っており、都内だけで千人を超えるというヒーローの一人として、街の平和を守っている。初登場は『SH2 -The Snow Hiding 2-』。変身後の二郎仮面は数作品かけて存在を匂わせ、『みんなのヒーロー二郎仮面』にてようやく登場を果たした。


注意:以降の記述には米俵スグルに関するネタバレが含まれます。



略歴


ヒーローとして活躍していたころの影山剣に憧れ、警察官を志す。しかし判定は芳しくなく、周囲からは「受かったら警察の不祥事」と言われるほど。そんな時、番組打ち切りによって傷心中の影山(無職)に出会い、ヒーローとして再起するきっかけを与える。時は流れ、なんと無事警察官になった彼は、ニケ・マダイーニの逮捕を担当。同僚の荒矢断共々返り討ちにあい、逃亡を許してしまったものの、鱈場蟹了によって倒されたマダイーニを今度は逮捕に成功する。前後関係は不明だが、「二郎仮面」への変身能力を得ており、憧れだったヒーローの一人として活動を開始。ピーターレオン・G・マクイーンと交戦し、一度は死の淵をさまうことなどもあったが、二郎仮面の父の助けを受けてパワーアップを果たして凱旋。みごとわるいやつらを懲らしめ、街の平和を守った。あと、どこかでサンタにボコられたりした。


人物


ヒーローを夢見ていただけあって正義感はそれなりにあるようで、進んで街の平和を守ろうとはしており、ダメージもいとわず戦い、お腹を空かせた人にも親切に二郎をふるまう。が、変身に時間がかかり被害者を助けるのが大幅に遅れる時であっても「ま、しょうがないよね!」とバッサリ切り捨てるマイペースかつ適当な性格。その性格は勤務態度にも表れており、パトロールにかこつけて開店前の二郎に並びに行くなど、税金泥棒な一面もある(ただし、同僚であろう越前京子の蛮行と比べれば、被害者が出ない分可愛いものであるし、後述するように遠方の悲鳴を聞きつける能力を持っているため、いつでも変身して駆けつけられる準備をしていると好意的に解釈することもできる)。また、基本的に私服警官であり、高倉蜂とまるで散歩のようなのんびりとしたパトロールを行っていることから、もしかすると特に招集や命令の無い限り、西武署の日常の活動は任意なのかもしれない。
二郎仮面は一部の子供達や、彼のことをよく知らない人からは不審者がられたり、あまつさえ怪人扱いされることもあるが、地道な活動が実を結び、実際に助けられた人からは「すごく強くてカッコイイ」と絶大な支持を得ている他、一時期居なくなっていた間は「いつ帰ってくるの」とファンの子供が毎日泣くほどの人気ぶりである。
見た目通りオタク趣味があるようで、キチ○イになった際に「(らき☆すたの)こなたと結婚したい。脇の下を舐めたい。髪の毛の匂いを嗅ぎたい」などとうわ言を言っていた他、サンタクルス・ライバックに「みなみけのDVD」をねだったりしていた。ニコニコ動画やyoutube、アメーバピグも良く観ているとのこと。


逸話


  • 初登場時には語尾に「~だプー」とつけていたが、上司に怒られたので止めたらしい。
  • ハシコフ・ロジンスキーにも一瞬だけ登場しており、高倉と連れションをしている。
  • 月に千杯もの二郎を食べている。一日に30杯以上、鍋二郎を駆使しても睡眠時間を引くと約30分に1杯という驚異的なペースと、月に60万円以上を費やす財力が必要になるが、「変身のために食したばかりにも関わらず、戦闘後すぐに二郎を食べに向かう」「食後に歩いていたところに影山剣に出会ったのに、少し話をしただけですぐ腹の虫が鳴き二郎へ向かう」など、ペースとしてはほぼその通り描写されている。また、若き日の財源は定かではないが、現在は殉職率の非常に高い危険な西武警察署捜査一課所属であるため、ある程度高額の給与が支給されているとみられる他、変身前の彼の身体能力で西武警察に配属されるとは考えづらく、二郎仮面に変身する能力を上層部が把握している可能性は高い。もしそうであれば、変身のための二郎の代金はある程度公費から支給されているということも考えられる。
  • ラーメン二郎に警察手帳を置き忘れたうっかりおまわりさんがニュースになったことがあるが、99%彼であると思われる。豊島区と表示されていたので、池袋店か。ラーメン二郎で警察手帳を出す必要性を考えても、やはり身分を明かして無償提供を受けているか、経費で落としている可能性は高い。
  • bladeへのリクエストから、『Edge Of The Blade SPECIAL』当時は東京都練馬区在住だったことが分かっている。現在も二郎仮面への変身には主に池袋店やひばりヶ丘店を利用しているため、西武池袋線沿線に住んでいると思われるが、ひばりヶ丘店まで一時間程度かかるとのことから、おそらく仕事上の担当地域は駅から少々離れている。
  • 「二郎の場所」として、真っ先に「江古田」を挙げており、長編シリーズ世界には我々の世界にはない「ラーメン二郎 江古田店」が存在するとみられる。普段池袋店を利用しているならば次に近いのは江古田店であるはずのところを、定休時の代替店舗としてわざわざ一時間もかかるひばりヶ丘店を挙げていることから、この江古田店の定休日は池袋店と重なっているか、もしくはど○と屋のように臨時休業が非常に多く変身用としては信頼性に欠ける店舗であると思われる。若き日の米俵スグルは臨休を非常に恐れており、その点でも変身時の江古田店敬遠の理由は臨休の多さではないかという疑惑が深まる。
  • キチ○イになった際、「キラーオークションなんか一生完成しねぇよwwww」とうわ言を言っているが、撮影から公開まで5年も経った現在、予言は現実のものとなってしまった。あなざちん完成マダー? なお、最近編集が再開されたもよう。


能力


  • 「二郎」を食べることで「二郎仮面」という黄色いスーツに覆面姿、大きなサングラスをかけた、某昭和の有名ヒーローを黄色くして横に伸ばしたようなヒーローに変身することが出来る。変身プロセスは本編では描写されておらず、本編公開前にmixiにてアップロードされた動画に収められているのみ。変身コードは「ブラブラアブラカラカラカラメヤサイドカモリニンニク」という呪文を二度繰り返した後「チェンジ 二郎仮面!」と叫ぶ。
  • 変身後は「二郎」のようなどんぶり姿で「ブラブラアブラカラカラカラメヤサイドカモリニンニク」の呪文とともに戦う現場に飛来(仮面ラ○ダーメ○オのような感じ)し、閃光を放ち実態を現す。また、戦闘後は二郎仮面の姿のまま飛び去っており、飛行能力も有している。
  • 遠方で助けを求めている声を聴き取ることが出来る。この能力と上記の飛来能力が組み合わさることで、迅速な救助活動が可能となる。ぶっちゃけ直接目撃してから二郎を食べに向かうより早い。
  • 二郎仮面に変身中はどこからともなく二郎を取り出すことが出来るようであり、ニンニクなどのオプションも自由自在。お腹を空かせた人々にふるまっている。
  • ラーメン二郎三田本店で「本当の二郎」を食べることにより、「二郎仮面 三田本店モード」に変身することが出来る。こちらは技も身体能力も全てがパワーアップしている。
  • 彼の力の源は、二郎に含まれるニンニクから得られる「ニンニクパワー」。弱点として、ファブリーズなどの消臭スプレーを吹きかけられると、この力が失われてしまう。「三田本店モード」の場合は、その程度では無力化されない(ただし、この時使用されたスプレーはファブリーズではなくリセッシュであったため、スプレーの性能による違いだった可能性も否定できない)。


必殺技・得意技


二郎仮面 支店モード(仮称)時

「あっち向いてホイ」で相手を横に向かせることよって隙を作った後にキックを叩きこむ。そのため、まずじゃんけんに勝利出来なければ発動出来ず、さらに負けてしまった場合逆に自分が攻撃されるというリスクの大きい技。また、複数人が相手だと使いづらい。

口から放たれる、強い悪臭を伴った黄色い可燃性のガス。通常はとても耐えることが出来ず逃走を強いられるが、毒性があるわけではないので、事前にニンニクの臭いに慣れておけば対抗出来る。先述の通り可燃性であるため、相手が発火を伴う技を使用した場合は引火して大爆発が起き、必殺の一撃となる。

ただのパンチのような見た目だが、装着重甲状態のレオンに一定のダメージを与えており、思いの外威力は高いらしい。

見た目、ただの体当たり。レオンにあっさりかわされており劇中では不発のため、その威力のほどは不明だが、多分たいしたことはないだろう。


二郎仮面 三田本店モード時

まるで中の人が変わったかのような俊敏さ(スーツアクター:中澤まさとも)と、何倍にも強化された各必殺技を手に入れた、二郎仮面のパワーアップ形態。変身前に食べる二郎を、三田本店の「本当の二郎」にすることで変身可能となる。

巨大な竜巻を発生させ、敵を巻き上げ遥か彼方に吹きとばしてしまう技。もちろん悪臭も伴っているようだが、もはやそんなの関係ない。

某悪魔の猛牛のようなアフロと角を生やして敵に突っ込んでいく。ちなみに、この時とるポーズは(少々異なっているが)某百獣戦隊の鋼の猛牛のもの。猛牛繋がりで仕込んでくるとは、スーツアクター:中澤まさとものこだわりが光る。

アブラキックの一部であった「あっち向いてホイ」のくだりが独立。まずじゃんけんにおける最強の禁じ手「スタン・ハンセン(親指・人指し指・小指を立て、中指・薬指を折った形。この手の前では、グーもチョキもパーもただ蹴散らされるのみ)」によりじゃんけんに確実に勝利した後、「あっち向いてウィー!!!」の掛け声とともにウエスタン・ラリアットをぶちかます。

唯一名前がパワーアップしていない、かわいそうなキック。ただし性能はかなり向上しており、「あっち向いてホイ」は必要とせず、遠距離から脚をあげたポーズをとるだけで、敵の方が吸い寄せられて勝手にキックが決まるという、まるで馬場さんの十六文キックのような強力な技となっている。

ドロップキックのような、両脚で行うジャンプキック。これのみ、支店モード(仮称)での下位技が劇中では披露されていない。カラメパンチ・アパカーッに繋がるコンボの最初の一手として使用された。

カラメパンチを途中でキャンセルし、カラメアッパーに切り替える連携技。いわゆるキャンセル技であるため、カラメパンチの戻りのモーションが確認できず、続くカラメアッパーを回避するのは非常に困難。

高く飛び上がり、何度も「マシ」のコールを繰り返してパワーを溜め、どっさりと盛られた巨大な二郎ラーメンの姿に変身し、相手を爆発とともに押しつぶす攻撃。名前からしておそらく三田本店モードの最強の必殺技であり、実際にレオンへのトドメとして使用した。


登場作品



関係キャラクター