MOBIEの世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MOBIEの作品群の中で特に大きなシリーズとして「長編シリーズ」と「水曜ワイドシリーズ」があげられるが、このうち水曜ワイドシリーズは現実という扱いであり、水曜ワイドシリーズの登場人物が長編シリーズの登場人物を演じているという設定である。
ただし、現実であるはずの水曜ワイドシリーズ内で死亡した外道Taxi氏の演じる橋之巻末太郎がその後も登場し続ける他、水曜ワイドシリーズの登場人物名が役者名そのままで統一されているのかと思えばそうとも限らず、長編シリーズの役者名が水曜ワイドシリーズの登場人物名にはなっていないなど、様々な謎が残されている。



<長編シリーズの世界観>

「外道」と呼ばれる者が存在する
外道とは銃などの効かない不死身の生命体である。彼らは強い攻撃力を持ち、手にした武器や道具さえもデタラメな性能になるなどの能力を持つが、自らが外道であることを自覚していなければこれらの能力は発揮されない。
その多くが凶暴な性格であり、一般人に被害をもたらすのを防ぐため、天気予報のようなノリで「外道予報」が配信されているほか、対外道専門の警察組織として「西武警察」が設置されている。


日本とメキシコは陸続きである
とある外道の必殺技によって、メキシコが大陸移動し日本にくっついた。
ちなみに国境は埼玉県所沢市の航空公園内にあるため、同公園の出口のひとつはメキシコ側にある。ただし看板は日本語表記。