橋之巻末太郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

橋之巻末太郎

HAHAHAHAHA!


橋之巻末太郎(はしのまきすえたろう)は、劇中でも最強クラスの外道。初登場は『The Snow Hiding』(時系列上は『人でなき者たち』)。


注意:以降の記述には橋之巻末太郎に関するネタバレが含まれます。



略歴


人ではない外道という種族であるため、生年月日などの経歴は一切不明。人がまだ外道に対抗する力をもたぬ時代から活動が確認されており、人類に牙をむいていた。
半世紀前、軍の研究施設のある山中にいた大多喜寅信湯鳥世代山田雨損らを襲撃。兵舎の軍人など多数の犠牲者を生んだ。
外道として覚醒した大多喜との決闘では勝負がつかず不満を残し現場を去る。その後半世紀の時を経て大多喜とは再戦している(勝敗は不明)。
現代においても世界各地に被害をもたらしており、中東の砂漠地帯では鱈場蟹了の所属していた外国人部隊を壊滅させた。
199X年には日本に移住したラード星人・ベイダーを拘置していたドライアイス工場を襲撃し、甚大な被害をもたらした。
また時系列上は不明だが大仏仮面の組織を滅ぼし、魔神カネックと対決し引き分けている。
やがて日本を中心に活動するようになり『たからのちず』を巡ってはロベルト・ヨーンジャック・ワイルドを手玉に取る。
手応えのある戦いを求めて大仏仮面の大仏軍団の用心棒を買って出、影山剣鷹有次ハシコフ・ロジンスキーらと交戦。
魔神カネック、陳炒飯の乱入によって膠着状態に陥るも、満面の笑みを浮かべた。
その後は満足のいく戦いができない日々が続き、自らの脅威になりうる敵を自らの手で育てようと決断。腕に見込みのある犀多摩男J-MIIらをスカウト。
やがて成長した犀多摩男と外道版世代抗争に突入した。そのさ中には米国軍5万3000人を30分で壊滅し、犀多摩男へのアピールをも行う。
犀多摩男との世紀の決闘は両雄一歩も譲らぬ展開となり、初めての敗北を喫するも本人は満足なようだった。
勝負のあとには火星人軍団、超巨大化したGP2(山田太郎)が襲来。戦いのダメージ癒えぬなか、犀多摩男と不敵な笑みを浮かべ彼らへと襲いかかったのだった。


人物


ひじょうに好戦的な性格。手応えのある相手とやりあう事にこだわりをもち、腕のたつ相手ならば人はおろか同族である外道であっても襲いかかる。上述の犀多摩男を育てたように、敢えて自分の脅威となる存在を自らの手で育ててまで戦いに飢えている。
暴れること、戦うことに至上の喜びを感じる。だが短気や思慮に乏しい性格が多い外道にしては珍しく、後に訪れる喜びの為に面倒を引き受けたり我慢したりする一面も。
喜怒哀楽の起伏が激しく、狂気に満ちた笑みを浮かべた直後には豹変。その笑顔と笑い声は遭遇した相手のトラウマとなっている。
その凶暴な性格から人間・外道を問わず「暴れん坊外道」「外道が恐れる外道」「史上最キョー・3(強、凶、狂)の男」など様々な呼び名で恐れられている。
料理名に精通しているようで、相手を罵る際や攻撃する際に「この○○(料理名)が!」といったように用いる。その知識は人間のそれと変わらぬ知識量である。とはいえ引用した喩えがまったく想起するものではない事も多く、外道である故、彼の言う料理名と実際の料理には相当の隔たりがあるのは間違いない。
世界規模の脅威となっている一方、名前は知っているが顔は知らない、という人間もいるようで初対面では誰なのか気づかない者も多い。しかしいざ気付いた場合、恐怖のあまり失禁する者もいる。


逸話


  • シリーズ第2作『Edge Of The Blade』以降、首から風呂の栓をぶら下げている。これは外道Taxi監督によると「風呂の栓=力に蓋をしている(お前如きこれで充分)」という意味合いを込めた裏設定との事。とはいえ『D2 -The Dooms Day-』での犀多摩男との最終決戦では明らかに本気で闘っている際もこの蓋は外していない。もしかすると意味合いは逆で「蓋を外したまま=水(暴力衝動)が貯まらず、だだ漏れになっている」という意味合いなのかもしれない。
  • シリーズ第1作『The Snow Hiding』~第4作『広島義兄弟』頃まではまだ知性をわずかに感じる言動があったが、シリーズを重ねるにつれ狂気と戦闘欲が目立つ言動が増えてきている。

裏話


  • 演じているのは外道Taxi氏本人。クレジットでは『Katoon Taxi』表記となっている。『D2 -The Dooms Day-』の撮影の際、幾度となく行う変顔を維持するために顔面トレーニングを行っていたそうだ。
  • 特徴的な笑い方の元ネタは映画『エルム街の悪夢』のフレディ…だけでなく、NHKでも放送されていた1980年代の米国ファミリードラマ『アルフ』と、監督が大いに影響を受けたモンティ・パイソンの『スペイン異端審問団』も含まれているとの事。
  • 監督本人の過去の発言によると、性格などの設定には『餓狼伝説』シリーズの山崎竜二や『バキ』シリーズの範馬勇次郎等の影響も受けている。
  • 必殺技はいうまでもなくWWEのストーン・コールド・スティーブ・オースティンが元ネタ。枯葉迷彩の服装も同様である。
  • 長編シリーズ開始以前、監督が製作していた通称『D1』に同名のキャラが登場しており、演じているのも本人。名前や性格等大半の設定は『D1』から引き継がれている。なお『D1』シリーズから引き継がれたキャラクターは彼と松田秒吉の2名だけである。
  • また監督によると「橋之巻末太郎」という名前や残忍凶悪な性格などは『D1』よりも更に遡り、監督の中学時代から既に原型が存在していたとの事。

能力


  • 「外道に銃は効かない」というこの世界の不文律があるが、彼の場合は特に顕著である。人間相手の銃火器による発砲や爆破ではまずダメージを負わない。それは体外だけでなく体内もその頑丈さは同じなようで、口腔内に拳銃を発砲されたりハシコフ・ロジンスキーのシベリアンオーロラフィンガー波を飲み込んでも余裕の表情であった。刀などの斬撃ではある程度のダメージがあるようだが、衝撃によるダメージであって切り傷のようなダメージは見受けられない。
  • 外道相手の場合はある程度の天変地異を引き起こすクラスの攻撃を受けた場合であっても、舌打ちしたり即逆襲に転じるなど頑丈さが際立つ。
  • ゴルフボールを握りつぶすどころか粉にする握力、鷹有次の太刀筋を口で受け止める咬合力など、その他超人的な身体能力は数多い。


得意技・必殺技


肉弾戦と凶器攻撃をメインとする。外道の中でも最強クラスのスペックを持つだけあり、単純なパンチひとつでも尋常でない威力を誇る。 凶器も一見シンプルなものが多いが、「持った得物をデタラメな威力にする」外道能力の影響下にある為、侮れぬ威力をもつ。

  • 「志村、うしろー!」(仮)

奇襲時に多用。相手の背後に人ひとり分のスペースに不自然な空間があると発動。物音立てず足元からせり上がり現れ、狂気の笑みを浮かべ襲いかかる。

  • 「うわー、あと一撃でや、やられてしまうー!」

突然劣勢になり、棒読みなセリフをつぶやく。相手は油断してとどめを刺しにくるが実際はノーダメージで反撃確定、という狸寝入りな技。

  • 「スイカ割りぃー!」

ダウンした相手の腕を掴んだまま、全力で相手の脳天を地面へと踏み抜く。人間相手ならば間違いなく技の名の通り、悲惨な光景が広がることだろう。

  • 凶器攻撃(フォーク)

フォークを突き立て、相手の額へと突き刺す。その鋭さは鍛えあげられた外道・犀多摩男でも流血し、血とは思えぬ量の謎の液体が頭部全体から溢れ出たほどである。

  • 凶器攻撃(ステーキナイフ)

ナイフのように懐から取り出し、斬りかかる。外道の筋力で震動させており切れ味も倍増している模様。

  • 凶器攻撃(ナイフ)

握りこぶしの指の間にナイフを挟み、殴る動作の勢いを利用し投げつける。かなりの速度が出るため射程距離も長く、かつディスコダンサーのような常人ならば即死させる威力をもつ。

  • 凶器攻撃(他人の武器)

隙あらば相手の武器を強奪し、自らの武器とする。「持った得物をデタラメな威力にする」能力の影響を受ける為、人間が持っていた武器ならばその威力は増幅される。

  • ケンカキック

「イーヤーオーヤーラララララハイハイハイ!」と奇声を上げながら全力疾走し、振り上げた蹴り足を相手の顔面に叩き込む。相手は吹き飛び、場合によってはその飛距離はヨーロッパまで到達する。

  • 急所攻撃

シンプルな反則攻撃。相手の目の前でかがんだ状態から腕を振り上げたり、立った状態から蹴ったりする。当然相手は悶絶し行動不能となる。 この技から必殺技のハシノ・マスタナーへ移行するのが橋之巻の必勝必殺パターンである。 劇中では男性相手のみに放っており、女性へは果たして使うのかは不明。もっとも外道の腕力脚力を考えると、睾丸の有無に関わらず致死的なダメージは避けられないだろう…

  • 反則3段セット(仮)

目潰し、急所攻撃、脳天チョップの3連続攻撃。被弾した相手は高確率で前後不覚に陥る。3発のうち1発でも受ければ行動不能になりうる攻撃の為 3発すべて食らってしまうと、たとえ外道相手であっても気絶状態に陥ってしまう。

  • ハシノ・マスタナー

橋之巻の最大の必殺技。急所蹴りなどで相手の動きを止め、相手の首を背中向きに抱えて跳躍。地面に落下の衝撃を直に相手の頚椎・頭部へと与える技。 一見普通のプロレス技だが、この技はマネをした素人が死亡する事故も起きている危険な技である。 それを最強クラスの外道の彼が放つのだ。筋力をはじめとした超人的身体能力も相まって、たとえ相手が外道であっても無事では済まない。


登場作品



関係キャラクター