大仏仮面


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大仏仮面

何がクリスマスだ! 年末の貴重な時間を浮かれた行事にしやがって! 馬鹿騒ぎする暇があったら大掃除しろコノヤロー!


大仏仮面(だいぶつかめん)は、広域ギャング集団「大仏軍団」の首領。鎌倉出身。初登場は『Edge of The Blade』。


注意:以降の記述には大仏仮面に関するネタバレが含まれます。



略歴


199X年に迫害に苦しむラード星人・ベイダーのひとり原肉米金と結託、人類襲撃計画を企てる。原肉を追放した後計画がどうなったかは不明。
数々の組織を転々とし、その度に敵に攻撃され組織が崩壊するという不運を経て、広域ギャング集団「大仏軍団」の首領に。
人類襲撃計画から使用している隠れ蓑の宗教団体「統一仏学会」を使い、部下達に信者もとい構成員を集める勧誘活動をさせていた。
しかし、bladeをはじめとする邪魔者達により組織の経営に行き詰まり、仇敵である橋之巻末太郎に協力を依頼。さらには恩を売ったハシコフ・ロジンスキーとも手を組んで邪魔者達を蹴散らそうと目論んだが、西武警察の介入や魔神カネックの降臨といった予想外の事態に、計画は破綻。以後の作品では部下の大仏雑兵大仏残党に変わっているため、この出来事によって組織は大幅に縮小してしまったものと思われる。
その後はパチスロやネットオークションなど、地道な資金調達活動で組織の再建を目指している様子。
あと、どこかでサンタにボコられたりしてた。
シリーズ本編外の番外編でも抜擢され、『新年の “ぶ”挨拶2015』においては外道mobieを代表し登場。シリーズ15周年・次回作で20作記念の告知をしつつも最後に私情むき出しの暴言を視聴者に浴びせ、司令塔ジョージの一撃によって成敗された。


人物


組織の崩壊に何度も居合わせるという辛酸を嘗めてきただけあって忍耐強く、かつて所属していた組織のひとつを潰された恨みのある橋之巻末太郎であっても組織に利があると思えば頼り、砕いたゴルフボールを振りかけられるという屈辱にも耐えている。
外道という身でありながら、一方で自分のルーツ(仏像、仏教のアイコン)には誇りを持っているようで仏教を重んじる発言が見受けられる。(もっとも、その内容は極端かつ暴走したものだが…。)
その為、宗教がらみだけは我慢がならないらしく、『沈黙の聖鐘』ではキリスト教の使徒であるサンタクルス・ライバックには率先してケンカを吹っかけて返り討ちに遭い、シリーズ番外作品『新年の “ぶ”挨拶2015』でも賽銭をケチる初詣客に暴言を浴びせ司令塔のおしおきを喰らっていた。
自らの戦闘能力は低い分知略に長けており、同盟を組む、口裏を合わせて芝居を打つなど、他人の力を上手く利用して世の中を渡っている。


逸話


  • 好きなものはお茶とパチンコ、嫌いなものは因縁つけてくる人。
  • 劇中のテロップでは広域ギャング集団「大仏軍団」首領と書かれていたが、鷹勇次の台詞では団体名は同じで組長、公式ホームページでは小悪党集団「大仏軍団」頭領とされていた。
  • 家族の存在が劇中仄めかされており、『Edge of The Blade SPECIAL』では、子供らしき少年が声だけ登場。『BAYDER FleeForFreedom』でもやらかす原肉米金に対し「ウチの息子のほうがまだマシ」と言い放っていた。
  • 劇中のやり取りからすると影山剣にはいつも妨害を受けていたようで、きっと番組としての『Edge of The Blade』のおなじみの敵組織だったのだろう。そのためか、オープニング映像やCMにも登場している。
  • 多くの外道達と繋がりを持ち、情報通、何でも屋なため「外道業界のジャパネットたかた」と呼ばれているらしいが、本人は全く知らなかった。その情報網はさすがのもので、西武警察署署長大多喜寅信が外道であるという秘密をつかんでいることを匂わせていた。
  • 潰された組織を再建するために日々資金調達に勤しんでおり、パチスロ、ネットオークションなどを活用している。公式ホームページによれば「数々の組織を転々とし、その度に敵に攻撃され組織が崩壊するという、ある意味で悲惨なまでに不運な男」とのことで、一体再建したい組織がどれのことなのかは定かではないが、略歴の項で触れたように「大仏軍団」も『Edge of The Blade SPECIAL』を最後に大幅に規模が縮小してしまったようなので、彼自身がトップであったこの組織である可能性が一番高いだろう。


裏話


  • 本来であれば、『沈黙の聖鐘』は溶けて使えなくなっていた覆面を東急ハンズで買い直しての実に12作品振りの再登場だったはずなのだが、二つ前の『Edge of The Blade SPECIAL』に分割再編集された部分の『旧Edge of The Blade』に出演していたため、全く久しぶり感が無かった。かわいそう。
  • 中の人の誰矢御前氏は外道Taxi氏とは旧知の仲であり、毎回急な出演オファーにも嫌な顔せず応じてくれるそうだ。2015年元旦当日に企画・撮影の強行スケジュールだったシリーズ番外編『新年の “ぶ”挨拶2015』映像収録の際も出演を快諾。元旦、また雪の降る過酷な環境にも関わらず現場に馳せ参じ作品は無事元旦中に完成された。


能力


  • 外道であることが明らかになっているが、外道としては最弱クラスであり、不老不死ゆえに死にはしないものの頻繁に全治数ヶ月ほどの重症を負っている。
  • 武器として刀を使っているが、こちらも特に「デタラメな力」が付加された様子はみられない。全般的に外道としての能力が弱いのであろう。
  • 不老不死の外道であるにもかかわらず、「天国にいる兄ちゃん、もうすぐそっちに来るからな」という台詞から、同種族である可能性の高い兄の死亡が判明している。このことと、「外道から人間になった奴をしらないか」とライバックに質問されていたことを合わせて考えると、おそらくは彼自身も人間から転身した、それも不完全な外道であり、それゆえ能力が低いものと推測される。ところで関係ないが、天国は仏教では用いない用語である。勧誘じゃ極楽浄土って言ってたじゃん。
  • ちなみに、我々の世界の言葉で本来「外道」が何の道から外れていることを指すかと言うと、「仏の道」である。一応仏の道に足の小指くらいは突っ込んでいる彼なので、もしかするとそのせいで外道としての能力が低いのかもしれない。


得意技・必殺技


  • 受け身

公式ホームページによれば、これが得意技とされていた。様々な相手に叩きのめされ続けて会得したという切ない技である。
回転を多用して様々な攻撃をいなす描写が多数みられる他、一発だけではあるがリクエストライダーキックに耐えており、また、芝居で威力を抑えていたとはいえシベリアン千手観音を全弾弾き飛ばしていたので、確かにちゃんととれさえすれば効果を発揮出来るのだろう。

  • 威嚇

公式ホームページによれば、必殺技だそうである。
彼にビビっていた人物がいた記憶はないが、部下達は一般人を大いに怯えさせたり驚きのあまり静止させたりしていたので、きっと本気を出せば首領の彼はもっとビビらせられるに違いない。

  • 背後から斬りつける

公式ホームページによれば、これも必殺技だそうである。名前くらいちゃんとつけてあげても……。
劇中では何も知らない子分を無慈悲にも斬り付けた。……が、あのまま橋之巻と交戦していればもっと酷い目にあっていたことは想像に難くないので、彼なりの救済だったのかもしれない。
また、得物こそ使っていないが、ライバックにも背後に回ってから不意打ちを食らわせている。どうやら本当に技らしい。


登場作品



関係キャラクター