EL TACO LEGENDARIO

EL TACO LEGENDARIO(えるたこれじぇんだりお)とは、
外道Taxi監督作にしてBDC'長編シリーズ第9弾である。

登場人物


あらすじ

殺人容疑で追われの身となった“ショー”・マツダ。
彼は一路、メキシコを目指す。
恩師の教えによると、そこには願いの叶う
『伝説のタコス』があるという…。
暴走刑事、そして悪の魔の手が迫るなか
彼は伝説のタコスを手にし、人生をやり直すことができるのであろうか!?
(YouTube版より)

メキシコ3部作について

当作品、『刑事クリムゾン』、『I Am Evil』の3作品は“メキシコ3部作”と銘打たれており
登場人物も共通しエピソードもリンクするものが多く、時系列もほぼ同時期のものとして描かれている。
特に今作エピローグ場面は、『刑事クリムゾン』の冒頭とリンクしており
上記メキシコ3部作の最たる部分であるといえる。
撮影も3作品ほぼ同時進行で行われていたのだが、どれかひとつでもお蔵入りとなれば
他の2作品にも影響の出るリスクを抱えながらの製作となっていた。
また各作品にどのシーンを分配するか、といったシナリオ構成も最終決定しないまま進行しており
外道Taxi監督曰く、「かなりの綱渡りな状態で進行していた」そうだ。
(詳細についてはメキシコ3部作を参照)

『駆仁王之拳』とのリンクについて

今作はシリーズ第3作『駆仁王之拳』と類似点があり、同作の続編的な位置付けもできる作品となっている。
  • OPの演出が一緒
  • 黄金蟲邦夫が登場。『駆仁王之拳』のエピソードを彷彿とさせる台詞・演出が複数あるほか、主人公の恩師的な役どころである
  • “ショー”・マツダが恩師から伝授された技を使う際、『駆仁王之拳』のOP曲が流れる

テロップのスペイン語表記について

メキシコが舞台となる今作は、各幕のテロップ表記がスペイン語併記となっている。
(OP・EDスタッフロールに至ってはスペイン語表記のみである)
これらは全て外道Taxi監督がGoogle先生に英語テキストをスペイン語に自動翻訳して頂いたものであり
メキシコ現地で使われるスペイン語とは異なる可能性があるとの事。