黒服T

黒服T

トランスフォー……じゃなかった、変形!


黒服T(くろふくてぃー)は、黒服組織のトップメンバーかつBig4の一人。初登場は『手負いのケダモノ』。現在の登場作品はこの一作のみ。


注意:以降の記述には黒服Tに関するネタバレが含まれます。



略歴


黒服組織による裏切り者の串田龍巳狩りに幹部として参加し、彼を始末するべく暗躍。
持って生まれた変形能力を生かし、ヘリコプターに変形して串田に返り討ちにされ負傷した同組織のメンバー達の回収を行なう傍ら、直属の部下黒服E黒服BBAに銭湯で疲れを癒していた串田を襲撃させる。
それらの戦いで消耗した串田を自ら出向いて襲い、絶体絶命というところまで追い詰めることに成功したが、突如現れたパイルドライバーに邪魔され、彼と交戦することに。
しかし、無敵と思われた変形能力の関節の弱点を突かれて敗北し、チョロQに変形して本部に逃げ帰り、修復作業を受けた。


人物


黒服組織トップメンバーかつ、最強の呼び声高い四人組“Big4”の一人。同じトップメンバー内でもBig4は格が違うようで、トップメンバーのはずの黒服Eは彼の部下となっている。
いまいち強キャラ描写のもらえなかったトップメンバー黒服A黒服Bらと違い、Big4に名を連ねるだけあって監督をして「チート」、幕のタイトルをして「常識外の脅威」と評されるほどの圧倒的な戦闘能力を備えた幹部。
特に、少なくとも黒服L黒服O黒服Qという3人のトップメンバーが含まれていた6人組に襲われて圧勝のもとに返り討ちにした串田を、疲弊した状態とはいえたった一人で容易く絶体絶命の状況まで追い詰めた描写からは、有象無象のトップメンバーとは格の違う実力であることが伺える。
また、それほどの能力を持ちながらもそれだけに頼りはせず、部下をけしかけて串田を疲弊させてから襲うなど、知略にも長けている。
さらに黒服Lの倒れた体勢から、本部に連絡しようと最後まで試みていたことを読み取ったりと、洞察力も優れている。あらゆる能力を持ち合わせた、トップメンバーの名に恥じない幹部である。


逸話


  • 手負いのケダモノ』の最終幕では、パイルドライバーとの戦闘の傷を癒すため、分解修理が行なわれていた。また、敵の攻撃により出血した際にも血ではなく黒い何らかの液体が流れ出しており、どうも人間ではなく、アンドロイドか何かであるらしい。


能力


  • トランスフォー…変形

生まれ持った才能で、ありとあらゆる物体に変形することが出来る。その能力は質量、形、大きさの制限さえも受けることがなく、劇中では巨大なトレーラーから小型のチョロQにまで変形している。
ナレーションによる解説では「ありとあらゆる物体」なので変形先に制限はないものと考えられるが、劇中で披露されたものはヘリコプター、軍用トレーラー、チョロQなど、本体は乗り物の形状をしたものに限られている。
変形であるためその乗り物は彼自身の身体であり、運転席に誰も乗せずに自由に走行や砲撃が可能なのはもちろん、発声も出来る他、劇中ではヘリコプターからワイヤーを降ろして補助なしで重傷者を回収することも行っており、変形のモデルとなった通常の乗り物では動力の通っていない部分まで自在に動かすことが出来るようである。
また、軍用トレーラーのタイヤ部分だけをキャタピラやレーシングカーのタイヤに変形させるなど、実在車両にとらわれない自由な変形も可能となっている。
ただし変形に際して稼動させる関節部が弱点であり、人間の姿の状態から各関節に砂利等の不純物を浴びせられると、上手く変形出来ずに変形を試みても人間の姿に戻ってしまう。


  • 分裂

身体を分裂させ、さらにそれぞれが変形することが出来る。マシンに変形する場合は最大3台まで。劇中ではこの能力を利用し、串田に斬られた振りをして反撃した。
なお、ヘリコプターに変形した際には弾丸やミサイルを発射している他、軍用トレーラーが斬られた振りをした際にはオイルやガソリンが漏れているのが確認されている。この弾や液体もまた、この分裂能力に変形能力を複合して作り出したものと考えられるため、マシン本体以外の分裂にはもう少し余裕があるか、もしくは操ることの出来る分裂体が3つまでということであると思われる。


登場作品



関係キャラクター