松越橋ノ介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

松越橋ノ介

諭吉さぁ~~ん!!


松越橋ノ介(まつこしはしのすけ)は、大学生。初登場は『D2 -The Dooms Day-』。現在の登場作品はこの一作のみ。同作品内で死亡したため、これが唯一の登場になると思われる。


注意:以降の記述には松越橋ノ介に関するネタバレが含まれます。



略歴


犀多摩男にペプシツイストの350ml缶を勝手に飲まれ、弱弱しく抗議をしたところ、逆に因縁を付けられてしまう。
そしてサイタマニアの名において市中引きずり回し(市中引き回し)の刑に処せられ、ぶん投げられたために福沢諭吉像に頭から激突し死亡した。


人物


大学生で、享年22歳。一人称はボクチン。
気が弱いようで、自分のジュースを返してもらおうという抗議も恐る恐るかつ下手であり、犀多摩男のガンつけに対しても必要以上にビビっている。
「日吉某大学」とぼかされているが、福沢諭吉像のある大学と言えば、やはり思い浮かぶのはロケ地でもある慶應義塾○学であり、高い学力をもっていたことが伺える。


逸話


  • 「すみません、その、そのジュース、ボクチンのなんですけれども……」と仕立てに出て丁寧に話しかけたにもかかわらず、よりにもよって犀多摩男につけられた因縁は「なんじゃその口の利き方は!」であった。理不尽。


登場作品



関係キャラクター