豆知識


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海外の代理販売品

任天堂は、アメリカでNES(欧米版ファミコン)用ソフト『スーパーマリオブラザーズ』が発売される1985年まで、海外での自社製品の販路を持っていませんでした。
なので任天堂は、アメリカのMEGO社やイギリスの会社CGL、その他色々な会社に代理販売を求めました。
だから海外の一部ゲーム&ウォッチは、シリーズ名が『TIME-OUT』になっていたり、端に『CGL』という文字が入っていたり、あるいはボタン表示がフランス語になっています。

代理販売一覧
会社名/シリーズ名 主な国や地域 本体の特徴
MEGO アメリカ シリーズ名が『ゲーム&ウォッチ』ではなく『TIME-OUT』になっている。
CGL イギリス 本体端に『CGL』と書かれていたり、場合によってはステッカーが貼られている。
FutureTronics オーストラリア 本体端に『FutureTronics』というステッカーがある。
Trick O Tronic ドイツ なし(但し外箱と説明書がエスペラント語)。
VideoPoche ベルギー なし(但し外箱と説明書がオランダ語)。
Ji21 フランス ボタン表示がフランス語。

+ 代理販売品の画像

Mr.ゲーム&ウォッチの派生キャラクター

Mr.ゲーム&ウォッチには、派生キャラがいます。派生キャラと言っても、二次創作ではありません。
れっきとした任天堂の一次創作です。種類は、大きく分けて二つあります。
  1. アラームキャラクターである(例:ヘルメット/ゴールドのアラームおじさん)。
  2. ゲーム&ウォッチオリジナルのゲームで、説明書で主人公に名前が書かれている(例:スクィッシュ/マルチスクリーンのZIGGY)。
  3. 『大乱闘スマッシュブラザーズDX』及び『大乱闘スマッシュブラザーズX』でMr.ゲーム&ウォッチの技に登場]]ワイドスクリーン、Mini Classicsのファイア)。
上に行くほど多くなります。

+ 派生キャラ一覧