※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真野五郎


ライフ:3 精神力:2

経験点:6

設定

元魔人公安の希望崎学園社会科教師。
第7次ダンゲロスハルマゲドンにて死亡するも、地獄の底から蘇った。
特技であるナイフ投げには一層磨きがかかっており、一度死んだことも影響しているのか、今や幽霊等の実態が無いものも射抜けるレベルに達している。
しかし、寄る年波には勝てず、髪もところどころ白髪が交じり、だんだんと体力が落ちてきている。
1969年事件に参加しており、禅僧の恐ろしさを身をもって知っている。
「禅僧には近づくな!いいか、絶対だぞ!」

魔人能力『テレポーテーション・ライト』

右手で投げたものを半径30m圏内にテレポートさせる能力。
右手一本で投げたものでないと移動できない。

成功要素

「身体スキル」:【元鬼畜公安Lv.5】【低持久力Lv.-2】
「知的スキル」:【元ベテラン教師Lv.3】【責任感Lv.1】
「固有スキル」:【テレポーテーション・ライト[魔]】【異能レベルのナイフ投げLv.5】
「オプション」:【ナイフ3本Lv.3】【なし】

コンボ

【ナイフスローイング[連]】―【異能レベルのナイフ投げ】+【ナイフ】
異能レベルのナイフ投げが外れるはずがない。

【責任感を持ったナイフ投げ[連]】―【異能レベルのナイフ投げ】+【責任感】
責任感を持ってナイフを投げる。外れるはずがない。

【説得[連]】―【元ベテラン教師】+【責任感】
ベテラン教師だった経験を生かし、相手を説得する。
不良生徒だって更生しちゃうかも。

【不意打ち[連]】―【元ベテラン教師】+【元鬼畜公安】
説得、または説教をしておいて、少しでも油断したら殺す。
相手が口上を言っている間や、自分の話の間でも迷うことなく攻撃する。
勝利のためなら手段は択ばない。