※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第72回登場キャラ



【PC】

王 乱華(ワン・ランファ)

希望崎学園の3年生で、演劇部副部長。
はまり役はなく、主に余った役や欠員時の代役を引き受けているが、
いかなる役回りを宛がわれようとも十全に演じきって見せる。

台詞回しやら立ち振る舞い自体は平均以下なのだが、オーラがあるとは部員らの評。

対外折衝も多く引き受け、予算会議には部長に代わって参加、海千山千の凶悪な部活相手に
多額の予算をもぎ取った実績もある。

能力『怨恨食み』
霊体状の白山羊を具現する。
山羊は実体もつものを通り抜け、憎しみや恨みの感情を千切り喰う。
そして消化が終わると即座に霧散する。

成功要素
「顔・外見」:【表情豊か】【天使のオーラ】
「言葉遣い」:【わりと辛辣】【不思議ちゃんのオーラ】
「能力・技能」:【怨恨食み】【龍のオーラ】
「持ち物」:【手枷】【ビンのコーラ】

図書 文紀(ずしょ ふみのり)

希望崎学園の図書館で魔人司書を務めている男。35歳。
温厚な性格で委員や生徒のみならず、教師陣の信頼も厚い。
魔人司書は近距離・中距離のどちらの戦闘にも対応できるようにしているのが基本(そのため、拳銃と刀剣の両方を持ち歩いている)だが、
彼の場合、能力の特性も含め早打ちを得意としているため、拳銃のみを携帯している。
なお、図書返却の遅延者には厳しい。時には力づくで返却を迫る場合もある。

魔人司書に必要なスキルは通常の司書業務に加え、返却遅延者への制裁、及び対魔人戦闘能力も含まれる。
図書館で本を読んでいた者が突然魔人化するということは珍しいことではない。
その際に図書館が破壊されたり、利用客に死傷者が出るといった事件が年に数十件起こっている。
故に、魔人司書は覚醒したての魔人を即座に鎮静化させるだけの実力が要求される。
魔人司書は銃器及び刀剣の所持・携帯が許可されている数少ない職業である。
一人の魔人司書の実力は、魔人機動隊の一個小隊に比肩すると言われるほど優秀だ。

魔人司書になるためには、専門学校で四年間、修学生として司書講習を受ける必要がある。
魔人司書修学生には血反吐を吐くような辛い訓練が課せられ、毎年、八割の新入修学生はこの訓練で脱落する。
また、魔人司書には頭脳も要求される。魔人警察官や魔人体育教師のような脳筋が就ける職業ではないのだ。
訓練に耐えられる魔人の内、頭脳面で脱落する修学生は五割ほど。
つまり、最初の一年で魔人司書修学生は九割が脱落する。
残りの三年も一年目とは比べものにならないほどの厳しい訓練、勉学を課されるが、
最初の一年を耐えた者の内、卒業までの三年間で脱落するものは一割に満たない。
そして四年間の修学を終えた者は、晴れて魔人司書となれる。

希望崎学園における魔人司書の主な仕事は、魔人学生の鎮圧及び図書委員育成だ。
彼が魔人司書として希望崎学園に赴任してから、図書委員のほとんどが高い戦闘能力を誇っている。
生徒会や番長グループに次ぐ第三の勢力となりかねないのではないかと危惧する者もいるが、
図書には学園を乗っ取る意思は微塵もない。
彼らは本の守護者として存在しているため、ハルマゲドンに参加する者は少ない(禁止しているわけではない)。
参加するのは余程のことがあるか、ただの戦闘狂の場合が多い。
彼らのお陰で今日も図書館の平和が保たれている。

能力:『死の前三秒』
三秒先までの未来が予知できる。
相手がどんな攻撃をしてくるかがわかるので、大抵の攻撃は避けられる。

成功要素
「顔・外見」:【渋いオジサマ】【鍛えられた身体】
「言葉遣い」:【温厚】【冷静沈着】
「能力・技能」:【死の前三秒[魔]】【戦闘技術(武器の扱い含む)】
「持ち物」:【紳士帽】【ワルサーPPK】

ダンゲロス子

赤毛を後ろにまとめたお団子頭がトレードマークの元気娘。
喧嘩騒ぎをこよなく愛し、ひとたび学園で抗争が勃発すれば
鈍器片手に暴れまわる。

詳しい説明はこっちを見てくんねえ。
tp://www47.atwiki.jp/gldangerous/pages/31.html

能力技能:『火具槌(かぐつち)』
炎を産み出し、自在に操る魔人能力。
これを応用して炎を纏った護身術である炎堂流武術を駆使したり、
金属加工などに使用する。
ダンゲロス子の技、フレイムウィップやフレイムレインなどもこの能力を応用して使用される。

''成功要素 ''
「顔・外見」:【力強さを感じる目つき】【誰もが知ってる学園の問題児】
「言葉遣い」:【威圧的】【強引】
「能力・技能」:【火具槌】【喧嘩殺法】
「持ち物」:【使いこまれた鈍器】【工具】

千坂らちか

妃芽薗学園の一年生。人間の血管に対して強烈な執着を持つ。
性格は明るく前向きで天真爛漫。話し上手で人の心を掴むのが上手く、いつもクラスの中心にいる。
白みがかった金髪をショートカットにしており、人懐っこい感じの顔立ちは年上に好かれる。
正体は異能殺人者集団・裸繰埜一族の一人だが、勿論周りには秘密にしている。
彼女の身に着けている衣類、リボン、ハンカチといった物は全て人間の血管を加工して作られている。

詳しくはこちらを参照 tp://www45.atwiki.jp/dhgabix/pages/97.html

特殊能力:エヴァーブルー

一般的な感性から可愛い、綺麗、美形といった表現に当てはまる者を男女関係無く強制的に拉致する能力。
容姿の判明していなかったり、血管が存在しないキャラクターには使えない。

成功要素
「顔・外見」:【金髪ショートカット】【人懐っこい笑顔】
「言葉遣い」:【明るい】【さばさば系】
「能力・技能」:【エヴァーブルー】【解剖学】
「持ち物」:【メス】【血管製の衣類】

いいいい

伝説の勇者の最初の仲間
圧倒的パワーで敵をなぎ倒す
屈強なハスカール戦士だ!

成功要素
「顔・外見」:【屈強】【ヒゲ】
「言葉遣い」:【ウォォォォオオオオ!!】【アィイ…】
「能力・技能」:【Power Strike 強打】【Power Throw 豪投】
「持ち物」:【精巧な長柄斧】【投擲用ヤリ】

【NPC】

クラヴ・マガの指導員

実戦格闘術クラヴ・マガを極めた指導員。
あらゆる殺人技術を習得しており、さらにイケメンでもある。