※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第57回登場キャラ



【PC】

真野風花

希望崎学園の女性用務員さん。
よく割れたガラスや電球を取り替えたりするところを見かける。
用務員さんだが、優しげな外見と穏やかな性格から生徒たちの間でも地味に人気がある。

しかし、優しげで穏やかな姿は表の姿。
裏では、用務員の敵対勢力の主要人物を秘密裏に始末するプロの暗殺者。
別に殺人癖があるわけではなく、殺しも仕事だと思ってやっている。

魔人能力『エア・ロッカー』
空気を固定する魔人能力。
空気を柱のように固定して障害物を作ったり、
ナイフのように固定して武器を作り出すなど、応用は様々。

成功要素
「顔・外見」:【用務員】【優しげ】
「言葉遣い」:【穏やか】【暗殺者】
「能力・技能」:【エア・ロッカー】【風力使い】
「持ち物」:【ピッキングツール】【お茶】

夙川さくら

全国風紀連合に所属する風紀委員。ショートカットに眼鏡をかけ、制服のセーターと膝丈スカートを身につけている。
ドット柄ぱんつ。胸はAカップ。

生真面目な性格だが必要があれば実力行使も行う武闘派。
どちらかといえばマイペースな人物だが、自分に与えられた仕事等はきっちりとこなす。
霊感を持ち幽霊と会話ができるが、あまり活用できる機会はない。九夜思惟はみんなに見えてるし。
周囲には胸など所詮脂肪の塊と公言するが、実は貧乳を気にしてる。

希望崎の学生ではないが、変態が丘の事件以降雷華に会うためによくおとずれている。

能力『幽霊殺し(ゴーストブレイカー)』
霊気を纏った肉体により、この世にとどまったことを後悔するほど幽霊をぶちのめして、そのまま成仏させる。
ぶっちゃけただの霊感による幽霊との会話と霊気で幽霊に触れるというそれだけの能力。ぶちのめすして成仏させるのはただの本人の身体能力である。

成功要素
「顔・外見」:【貧乳】【ショートカット】
「言葉遣い」:【マイペース】【威圧的】
「能力・技能」:【幽霊殺し】【近接格闘術】
「持ち物」:【ドット柄ぱんつ】【眼鏡】

御巫 御幸(みかなぎ みゆき)

愛知県の某神社に巫女として働いている少女。
神社の一人娘で、誰もやるものがいないからと巫女を半分客寄せパンダとして使われているが本人は気づいていない。
巫女装束はお気に入りで、着る服がなければ巫女装束を着ることがあるが、その姿で街に出かけることはあまりない。
穏やかな性格で、感情をむき出しにして怒ることはほとんどない。
サブカルチャーには(参拝客のせいで)それなりに精通しているが、(参拝客のせいで)いろいろと勘違いしている感は否めない。

能力:『ささやき―いのり―えいしょう―ねんじろ!』
病気や怪我、中毒などで苦しんでいる人間を回復させる。
たまに症状が悪化することがあるが、それはご愛嬌。
能力原理として、病気の人に住み着く『魔』を退治することで回復させるので、
悪魔や妖怪など異形の者を封印、消滅させることもできる。
人間はできない。

成功要素
「顔・外見」:【肩甲骨当たりまで伸びている黒髪】【可愛らしい小柄なからだ】
「言葉遣い」:【穏やかで丁寧】【綺麗な声】
「能力・技能」:【ささやき―いのり―えいしょう―ねんじろ!】【巫女としての並はずれた魅力(カリスマ性)】
「持ち物」:【巫女装束】【竹箒】

サンドバッグ

鳴子橋しどれによって《戦慄の復活》を遂げた魔人の死体に、
キナコシュゲイ・クランのシュゲイソウルが憑依。
本来は矢塚一夜のサンドバッグ用の死体だったが、独自に活動を開始した。
生前の記憶ほぼゼロ、自我レベルゼロ、知性ゼロであるとされるが、
意外にハイクの心得などもあり、実際風流な一面も見せる。
仲間と共にSASUKE攻略を果たし、賞金の分け前でオハギを買った。

能力『サバク・ジツ』
自身の肉体を、皮だけ残して砂に変化させる魔人能力。
砂化の粗さや量を調整する事で、誰にとっても最適な殴り心地を提供できる。
口から砂嵐めいて砂を吐き出すこともできる。

成功要素
「顔・外見」:【ゾンビ】【手芸者】
「言葉遣い」:【禍々しい】【ポエットなハイク】
「能力・技能」:【サバク・ジツ】【ゴムめいた柔軟性】
「持ち物」:【オハギ】【エロ写真】

【NPC】

大銀河十傑集

moyai禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁禁