※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第45回登場キャラ



【PC】

夙川さくら

全国風紀連合に所属する風紀委員。ショートカットに眼鏡をかけ、制服のセーターと膝丈スカートを身につけている。
ドット柄ぱんつ。胸はAカップ。

生真面目な性格だが必要があれば実力行使も行う武闘派。
どちらかといえばマイペースな人物だが、自分に与えられた仕事等はきっちりとこなす。
霊感を持ち幽霊と会話ができるが、あまり活用できる機会はない。九夜思惟はみんなに見えてるし。
周囲には胸など所詮脂肪の塊と公言するが、実は貧乳を気にしてる。

希望崎の学生ではないが、変態が丘の事件以降雷華に会うためによくおとずれている。

能力『幽霊殺し(ゴーストブレイカー)』
霊気を纏った肉体により、この世にとどまったことを後悔するほど幽霊をぶちのめして、そのまま成仏させる。
ぶっちゃけただの霊感による幽霊との会話と霊気で幽霊に触れるというそれだけの能力。ぶちのめすのはただの本人の身体能力である。

成功要素
「顔・外見」:【貧乳】【ショートカット】
「言葉遣い」:【マイペース】【真面目】
「能力技能」:【幽霊殺し】【近接格闘術】
「持ち物」:【ドット柄ぱんつ】【眼鏡】

矢塚千夜

夢見がちで明るくいつも笑顔でちゃっかりした女の子
おしゃべり大好きで常に口が動いてる
本を読んだり小説やらポエムやらを書くのも好きで
それを他人に聞かせるのは更に大好き
将来の夢は小説家か絵本作家

大日本弩経知教信者であり
他人に親切にして貸しを作りまくればいつかみんなが
お返しに何かくれたりしないかなとか
現金でありつつも甘い考えを持っている

ポエムや自作小説のアイディアやプロットを書きなぐった
秘密ノートを常に持ち歩いている

元々は京都の女学院に通っているのだが
ある人物を追って希望崎学園に迷い込んだらしい

特殊能力:「シェヘラザード」
相手に「お話」を強制的に聞かせる能力
この能力を受けた相手は千夜の話に完全に魅入ってしまい
千夜が話を終えるまでずっと耳を傾け続けようとする

成功要素
「顔・外見」:【笑顔】【高身長】
「言葉遣い」:【関西弁】【明るく接しやすい】
「能力・技能」:【シェヘラザード】【創作活動】
「持ち物」:【秘密ノート】【ハードカバーの本】


屍骸雪(むくろゆき)

今は亡き母親(イタリア人)の形見である紅いマフラーに復讐を誓い、家族を見捨てた(と雪本人は思っている)父親(日系)を探して世界を旅する復讐系さすらい幼女純情派。
若干9歳にして地中海周辺の裏社会では名の通った殺し屋である。
切れ長の眼つきや荒っぽい言葉使いで少年に間違われやすい。
特技は列車事故に見せかけた暗殺。
好きな食べ物はサバのサンドイッチとマスカルポーネチーズの糖蜜がけ。

魔人能力『ホワイトライト』
空気中の有機物を『発光カビ』に変え、それを操る能力。
カビは自己増殖する上に強力な毒性を持ち、付着した生物の細胞を凍傷に酷似した症状で壊死させる。
『発光カビ』の光は屍骸雪以外の人間には視認できないが本人には1km先からでも視認できる。

成功要素
「顔・外見」:【ツリ目幼女】【厚着】
「言葉遣い」:【僕っ子】【冷静】
「能力・技能」:【銃器取扱い】【ホワイトライト】
「持ち物」:【母の形見のマフラー】【ナイフ】

【NPC】

番人

謎の目的で少女達3人を監禁している、独房の番人。
複数の事を同時にするのが苦手で、ちょっと忘れっぽい。

ネズミ

密室内に住み着いているノネズミ。もちろん人語を理解したりはしない。スタンド使い。

裸エプロン先輩

唐突に現れては生理現象を考慮したりルールをなかった事にしたりしてくれる。
少々後輩を甘やかし気味だけど、とても優しい先輩。