※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ゲーム進行


※バグ修正版のログは、HTMLファイルを一旦[保存]してからご覧ください。

プロローグ

正体不明の魔人能力者による、軍事施設連続テロ事件――
単独で基地を壊滅し、対魔人兵器を次々と支配下に置く恐るべき敵の名は、
暴走したオオツキ重工の対FCS兵器、XTA-13i『ティアレス』。
壮絶な戦闘の末、この事件を極秘裏の内に収束へと導いたのは、
軍幹部のフジクロ一佐に選出された、真野空人ら国家刺客魔人であった。

――だが、ティアレスの暴走は事件の始まりに過ぎない。
最終決戦に現れた旧型兵器、XTA-35RGを操っていたのは何者だったのか。
開発が放棄された筈のティアレスを起動させ、
オーバーテクノロジーの結晶、『E.R.L』を与えた勢力の目的とは。
静かな水面の下で国家を侵食し続けていた隠されし脅威が、再び出現する。

そして、一方……フジクロからの銃々ゐくよ抹殺指令を拒絶し、
裏切り者として逆に国家刺客に追われる身となった真野空人は、
新たに現れたフジクロからの刺客に追い詰められつつあった。
あの事件での味方はもはや存在しない。
忍び寄るテロ事件の黒幕と、フジクロからの刺客。
孤立無援。絶望的な状況の中で、状況を覆す一手は存在するのか。

※本シナリオは第6話『Hello_world._』の続編です。

プレイヤー初期ステータス

名前 オプション1 オプション2
真野空人 3 3 グラサン スモークボム
烏兎沼因幡 3 3 アーネの名刺 ナイフ
南部ガンドー 3 3 巌流島の櫂 真野空人の扇子
左文字閃 3 3 リストバンド 出来の悪い義手