※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

九夜思惟

ライフ:3 精神力:3

設定

闇に生きてきたくの一。その実力は確かで、背後からの暗殺で血の花を咲かせる様から
「紅華(クリムゾン)」と呼ばれ恐れられている。
が、最近はなぜか任務のたびに敵の罠にかかってしまう。
鎖鎌には必ず脚をからめとられるし、だいたい壁際に追い詰められるし、仲間を人質にとられる。
そして抵抗できぬまま陵辱され、くやしいけど感じちゃうのであった。

「しまった……!」
「こんな奴らに……くやしいっ……!」

魔人能力『尾君のまやかし』

思惟は、"尾君(びくん)"と呼ばれる狐の霊にとり憑かれている。
尾君は妖艶なる女狐の霊で、霊気とともにフェロモンをただよわせることができる。
それにより、あらゆる生物のオスを興奮させ誘惑する技。
くの一としては有用な技なのだが、彼女の場合逆に危険を招いている気がしないでもない。

成功要素

「身体スキル」:【凛とした美人Lv.4】【くの一Lv.4】
「知的スキル」:【実践を伴わない性知識Lv.1】【霊の使役Lv.2】
「固有スキル」:【尾君のまやかし[魔]】【受難のヒロインLv.-2】
「オプション」:【ミニスカ忍装束(赤)Lv.2】【網タイツLv.1】