※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

共有ライブラリへパスを通す

 デフォルトでは /lib と /usr/lib にパスが通っている。それ以外にパスを通したい場合は以下のようにする。

1.環境変数「 LD_LIBRARY_PATH 」に設定する。
 環境変数なので、設定した環境変数が参照できるプログラムしか有効にならないが、一時的に設定したい場合は以下のようにする。
 $ LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib:/usr/lib; export LD_LIBRARY_PATH
   または
 $ export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib:/usr/lib
 すでに「LD_LIBRARY_PATH」に値が設定されており、そこに追加したい場合は、以下のようにする。
 $ export LD_LIBRARY_PATH= $LD_LIBRARY_PATH: /usr/local/lib:/usr/lib

2.「 /etc/ld.so.conf 」に設定する。
システム全体でライブラリパスを設定したい場合は、/etc/ld.so.confファイルにライブラリへのパスを追記する。
ubuntu10.04やFedora14では以下のように書かれており、直接書くのではなく、「/etc/ld.so.conf.d」に置かれた.conf拡張子のファイルを読み込んでいます。
 $ cat /etc/ld.so.conf
 include /etc/ld.so.conf.d/*.conf
なので、同様に通したいパスを書いたXXX.confのようなファイルを追加してもよい。
ld.so.confを更新した場合は、以下のコマンドで「 /etc/ld.so.conf.cache 」を更新する。
プログラム実行時は、ライブラリ検索速度向上のため「/etc/ld.so.conf.cache」から検索される。
 # ldconfig


名前:
コメント: