※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 プログムを作成する場合、NetBeansやEclipseなどのIDEを使っている。
 機能が多すぎて、毎回ネットを検索して使い方を調べている。
 検索時間も馬鹿にならないので、以下に調べた使い方をメモしていく。


Jar作成時のマニフェストファイルのカスタマイズ

 Netbeansでjarを作成すると、MANIFEST.MFのファイル名で、自動的にマニフェストファイルをjarに組み込んでくれる。
 カスタマイズは、デフォルトで作成されるファイルに、カスタム内容を追加する形となる。(antのタスクをいじれば、自作ファイルそのものも組み込み可能かも)
 追加したい内容を書いたファイルを用意し、プロジェクト内の「project.properties」に以下を追加する。

■nbproject/poject.properties
manifest.file=mymanifest

なお、マニフェストファイルのパスは、プロジェクトのbuild.xmlがあるところからの相対パスで指定する。
これでjarを作成すれば、勝手にmymanifestの内容が追加される。
ためしに以下の内容を追加してみると、無事追加された。

■mymanifest
Main-Class: test.helloworld

■jar内のMETA-INF/MANIFEST.MF
Manifest-Version: 1.0
Ant-Version: Apache Ant 1.8.2
Created-By: 1.7.0_b147-icedtea-mockbuild_2012_02_14_21_41-b00 (Oracle Corporation)
Main-Class: test.helloworld








名前:
コメント: