※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

linuxのlibcには「backtrace(3)」という関数があり、その時点のバックトレースを取得できる。
サンプルはbacktraceのmanに出ているのでそれを使ってためしてみる。

■ソース
#include <execinfo.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <unistd.h>

void myfunc3(void)
{
    int j, nptrs;
#define SIZE 100
    void *buffer[100];
    char **strings;

    nptrs = backtrace(buffer, SIZE);
    printf("backtrace() returned %d addresses\n", nptrs);

    /* backtrace_symbols_fd(buffer, nptrs, STDOUT_FILENO) を
       呼び出しても、以下と同様の出力が得られる。 */

    strings = backtrace_symbols(buffer, nptrs);
    if (strings == NULL) {
        perror("backtrace_symbols");
        exit(EXIT_FAILURE);
    }   

    for (j = 0; j < nptrs; j++)
        printf("%s\n", strings[j]);

    free(strings);
}

//static void   /* "static" はシンボルを公開しないことを意味する */
static void   /* "static" はシンボルを公開しないことを意味する */
myfunc2(void)
{
    myfunc3();
}

void
myfunc(int ncalls)
{
    if (ncalls > 1)
        myfunc(ncalls - 1); 
    else
        myfunc2();
}

int 
main(int argc, char *argv[])
{
    if (argc != 2) {
        fprintf(stderr, "%s num-calls\n", argv[0]);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }   

    myfunc(atoi(argv[1]));
    exit(EXIT_SUCCESS);
}

まずは、manのとおり-rdynamicをつけてシンボルをつけて実行する。
$ gcc -rdynamic prog.c -o prog
$ ./prog 3
backtrace() returned 4 addresses
./prog(myfunc3+0x1f) [0x4009e3]
./prog() [0x400a74]
./prog(myfunc+0x25) [0x400a9b]
./prog(myfunc+0x1e) [0x400a94]

manの実行例だと、この下にさらにmain関数や__libc_start_main関数が表示されているのだが、なぜでない?
なお、-rdynamicををつけないと以下のようになる。
$ gcc -o prog prog.c
$ prog 3
backtrace() returned 4 addresses
prog() [0x4007a3]
prog() [0x400834]
prog() [0x40085b]
prog() [0x400854]

シンボル名が取得できないので、アドレスしかでない。
でも、addr2lineを使うと、関数名がわかったりする。
$ addr2line -f -e ./prog 0x4007a3
myfunc3
??:0

最後の行は呼び出し箇所をだそうとしているが、-gをつけてないので表示できない。
ーgをつけてコンパイルしてみると、以下の通り出力される。
$ gcc -o prog prog.c -g
tomonari@purplebird:~/test/C/backtrace/tmp$ prog 3
backtrace() returned 4 addresses
prog() [0x4007a3]
prog() [0x400834]
prog() [0x40085b]
prog() [0x400854]
$ addr2line -f -e ./prog 0x4007a3
myfunc3
/home/tomonari/test/C/backtrace/tmp/prog.c:14

というわけで、backtrace関数を使うには-rdynamicオプションをつけるのがよい。


名前:
コメント: