ツタの館


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆ツタの館(つたのやかた)

厨弐市北区の山奥にあった館の通称。外壁が大量のツタで覆われていたことからこう呼ばれていた。
一時期は心霊スポットとしても有名だったが、地理的な不便さからほとんど人が寄り付かなくなり、
それに目をつけたエンジェルがアジトとして使用していた。最後は天使 九怨の死の際に崩壊。
現在では瓦礫の山の中から突き出た崩れかけの巨大な天使像の上半身が名残のように聳えているのみである。