国際スイーパー協会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆国際スイーパー協会(こくさいすいーぱーきょうかい)

かつて世界で唯一スイーパーの資格ライセンスを公式発行していた国際的組織。
通称「ISS(International Sweeper Society)」、または「協会」と呼ばれ、本部は日本の厨弐市にあった。
設立から僅か15年足らずの間に欧米を始めとする先進各国に次々と支部を設けるなどして、
スイーパーの需要に伴って急速に肥大化していたが、ISS騒乱という不祥事により国際的信用を失い、
騒乱終結と虎将 蒼月の辞任に伴い、干渉に乗り出した政府、国連、先進各国などにより速やかに解体された。
ただし、組織の基盤は国際異能犯罪捜査機構にそのまま受け継がれている部分が多い。
なお、ISS内にはいくつかの部門や部隊が存在していた。詳細は下記で。部隊についてはISS特殊部隊を参照のこと。

◆会長(かいちょう)
初代:虎将 蒼月→二代目:柊 冬箕
ISSの総責任者。直属の部下にブラックフォースを持つが、それは余り知られていない。
◆副会長(ふくかいちょう)
初代:秋雨 流辿→二代目:九鬼 義隆
ISSの副責任者。会長が不在の時に代わりに指揮をとる。
◆会長補佐(かいちょうほさ)
初代:御影 篠→二代目:なし
会長の補佐役。
◆副会長補佐(ふくかいちょうほさ)
初代:九条 引継→二代目:なし
副会長の補佐役。
◆警備部門(けいびぶもん)
統括:禿山 貢
主にISS本部・各支部、またはISS所有の施設を警護する役目を持った部門。
依頼を所属のスイーパーに委託することもあるが、その案件のほとんどはリスクが低く報酬も低いものばかり。
ただ、ここに所属するスイーパーは国や民間から依頼を受けずともISSから毎月一定の賃金が保障されているので、
第一線から退いたロートルやリスクを恐れ安寧たるを良しとする二線級スイーパーが多く所属する原因になっており、
後述の治安維持部門所属のスイーパーなどからは常に揶揄や忌避の対象にされている。
◆治安維持部門(ちあんいじぶもん)
統括:閏 渇人
ISSが国や民間から請け負った依頼の中で危険度の高いものを所属のスイーパーに委託し派遣する役目を持った部門。
依頼案件の大多数が命に関わるものばかりなので、任務中に死亡するスイーパーも珍しくない。
その代わり一度の報酬が億に達する例も少なくはないので、部門の人気度では常にナンバー1に位置する。
なお、「ISS所属のスイーパー」とは、通常この部門に所属するスイーパーのことを指す。
◆研究部門(けんきゅうぶもん)
統括:柊 冬箕
邪気眼の原理究明や対邪気眼使い用の各種兵装の開発を目的とした部門。下部組織にイデアがある。
ここに所属するスイーパーは、スイーパーとしてではなく主に研究者として活動する側面が強く、
何かしらの特殊な事態が発生しない限りはほとんどスイーパーとして活動することがない。
ちなみに毎月の賃金は警備部門同様にISSから支払われる(ただし、業務の特殊性から警備部門より高額)。
◆医療センター(いりょうせんたー)
センター長:鬼怒 輝明
スイーパー専門の医療機関。ここに所属している人間はスイーパーであると同時に医師であり看護師である。
スイーパーとしてよりも医師としての活動が求められる。
◆情報室(じょうほうしつ)
室長:夜霞 龍之介
ISSの情報機関。情報収集、スパイ、幹部への連絡などを担当する。
レッドフォースと任務内容が被る場合があるが、レッドフォースを仮に戦闘のスペシャリスト集団とするなら、
こちらは隠密のスペシャリスト集団である。
最近になって新設された部署な為、他の部署よりも規模が小さく、構成員は現室長の息のかかった者達のみである。