邪気眼


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆邪気眼(じゃきがん)

邪気眼とは、人間の「掌」に発現(発眼)し、宿主の「意思(精神力)」によって
現代科学の力を超えた超常的力(異能力)を発揮する「第三の眼」の総称である。
(厳密には邪気眼エネルギーを使役して異能を起こす。)
邪気眼の発眼条件は現在のところ以下の三つが確認されている。

①親類からの遺伝。
生まれつき邪気眼を持っている人間に当て嵌まる。
例:異牙四大上忍
②異能者と接触(強いエネルギーに触れたり)した事による影響。
例:黒羽 影葉天使 九怨など。邪気眼覚醒剤による覚醒などもこのケースに含まれる。
③長年の修行の結果。

また、邪気眼の正体はその人間の精神内に潜むの「眼」であり、「発眼」とはすなわち上記の条件によって闇が覚醒し、
現実世界の本体に「片目」を貸すことである。その目的についてはを参照のこと。