ディートハルト・アイエン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:ディートハルト・アイエン
性別:男
年齢:24
身長:188cm
体重:79kg
職業::「カノッサ」幹部・四天王の一人。
容姿:セミショートの銀髪に青い目。襟首が非情に長い黒皮の戦闘スーツに黒いブーツ姿。
能力:オーラを対象者に送り込むことで肉体と精神に干渉し操作することができる。
    『デバッカ』なども彼の能力によって操作されたものである。
キャラ説明:秘密結社「カノッサ」結成当初からの古株メンバーの一人。愛称は「ディー」。
        日本人の父とドイツ人の母から生まれ、父方の「藍園」の名字を名乗っている。
        ニヒルで斜に構えたような性格で、どこかつかみどろこがない。
       「カノッサ事件」で銃弾を胸に受け死に掛けた経験から、強く今の世の中を恨むようになった。
        死体でさえ操れるということから、『冥界の傀儡師(ハデスマリオネイター)』と呼ばれている。

パラメータ

(本体)
筋  力:C
敏捷性:C
耐久力:C
成長性:N
(能力)
射  程:D~S(技によって変動する)
破壊力:D(基本的にないが、技によっては殺傷性が付加される)
持続性:S
成長性:N

戦歴

【1日目】
vs黒部 夕護→勝利
【2日目】
vs黒部 夕護→敗北(腹をぶち貫かれ死亡)

技一覧

『四肢烈斬糸』(ししれつざんし)

威力:小~中
指先から極めて細い強靭な糸を具現化して攻撃する技。
その威力はコンクリートの壁をチーズのように切り裂けるほどだが、
糸を遠くに飛ばせば飛ばすほど強度と威力が落ちる。

『四肢掌握糸』(しししょうあくし)

威力:無
指先から放った糸を対象者の体に突き刺し操り人形とする技。
あらゆる障害物や障壁を透過して対象者に向かわせることができる。
この糸から抜け出すには術者が自らの意思で解くか、
もしくは術者を上回るオーラを持ってして自力で糸を引きちぎるかの二つしかない。

『操糸結界陣』(そうしけっかいじん)

威力:無
四肢掌握糸の変形応用技。
蜘蛛の巣のような結界を張り巡らし、それに触れた敵の動きを封じる。
これから抜け出す方法は四肢掌握糸と同じ。

『脳操糸』(のうそうし)

威力:無
針のように硬質化した極めて細く短い糸を対象者の脳に埋め込むことで神経や感情を操作し、
状況に応じて様々な即席の操り人形を作り出す技。「デバッカ」などがその一例である。