亀澄 玄耶(第参部)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:亀澄 玄耶(きすみ げんや)
性別:男
年齢:71歳
身長:177cm
体重:72kg
職業:ダークフォースのリーダー
容姿:和服を着た白い顎鬚を伸ばした老人。
眼名:玄武眼(げんぶがん)
能力:己の皮膚を鋼のように硬くし、逆に肉体内部をゴムのように柔軟にする能力。
   本人は前者を亀の甲羅に、後者を蛇の柔軟性に例えており、それ故に「玄武」の名がついた。
人物紹介:「蛇神」と呼ばれる老人。かつての亀澄事件の首謀者であり、当時の雀舞らに倒され・死亡したと思われていた人物。
      正確な時期は不明だが実は【第弐部】の時点で既に虎将 蒼月を殺害し、彼になりかわっていたことが明らかになっており、
      第弐部を含めての最大の黒幕といって差し支えない。
      ただし、【蛇神編】にて雀舞に敗北した際に、ヱ那堀 有慧を自身の「切り札」、「最強の異能者」と明かしており、
      実力では彼には及ばなかったようである。

過去

亀澄 玄耶及び亀澄事件を参照のこと。

戦歴

vs雀舞 美緑→敗北(死亡)

技一覧

『千頭蛇壊拳(せんずじゃかいけん)』

殺傷力:A
蛇頭に模した拳を秒間千発叩き込む技。
あらゆるものを引き裂き、引き千切る威力があるため、まともに食らえば大ダメージは免れない。