闇隠 巳呉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:闇隠 巳呉(やみがくし しぐれ)
性別:男
年齢:48歳
身長:180cm
体重:73kg
職業:「蛇神」率いるコラプター部隊・通称ダークフォースの隊員
容姿:長身の体に黒い短髪。顔に×字型の傷。袖や衣装(ロングコート)の丈が千切れた黒装束。
眼名:蛇流眼(じゃりゅうがん)
能力:水流操作。
人物紹介:「蛇神」に仕える元ISS特殊部隊「ブラックフォース」の隊員で、「大蛇(オロチ)」の異名を持つ男。
       その正体は闇隠騒動の元凶となった闇隠 巳呉その人であり、
       かつての「レッドフォース」で椥辻 空也と名乗っていた人物である。
       本編では【第弐部】の頃よりほとんど表に出ず、もっぱら裏でスパイ活動や策謀を巡らす役に徹していた為、
       戦士としてよりはむしろ策謀家として能力が際立っているように見える
      (実際に流辿一派マグ・ナンバーが彼の扇動によって事を起こしている)が、
       元々、異牙時代(~18歳まで)には「最強の水遁師」の名を欲しいままにする程の実力を誇っていた傑物であり、
       今でも忍の界隈では夜霞 龍之介と並ぶ近代異牙の「天才隠密」としてその名が広く知れ渡っている。
      【蛇神編】で【第弐部】以来となる戦闘をルカ・ナイトヘイズソフィア・ストラトス・ソロモンの両名と繰り広げ、
       豊富な技と強大な戦闘力を背景に終始圧倒するなど戦士として格の違いを見せ付けたが、
       最終的には闇堕化しながらも己の人格を保つという常識外れの芸当を会得した二人によって撃破され、死亡した。

過去

詳細は椥辻 空也闇隠騒動、【第弐部】過去ログを参照のこと。

戦歴

【蛇神編】
vsルカ・ナイトヘイズ、ソフィア・ストラトス・ソロモン→敗北(爆死)

技一覧

『驚天(きょうてん)』

殺傷力:F
「驚天の術」「驚天法」などとも呼ばれる、異牙忍者独得の高速歩法(忍歩)。
高速移動だけでなく、忍歩特有の音を完全に殺す、ということも同時に体現している。

『空蝉(うつせみ)』

殺傷力:F
異牙忍術の一つ。己の衣服を身代わりに敵の攻撃をかわす技。
達人になると仕込んでいた丸太などを小道具にあたかも入れ替わったかのように見せることもできる。

『虚実分身(きょじつぶんしん)』

殺傷力:F
『驚天』と『空蝉』の応用技で、異牙・高等秘術の一つ。
ルカ・ナイトヘイズ曰く「体得した者は過去現在併せてたったの一桁しかいないといわれる伝説の術」。
超々々スピードで移動することでその場にリアルな残像だけでなく自身の存在感そのものをも置き去りにし、
あたかも本当に肉体を分身させたかのように錯覚させる。
あまりのリアルさ故、実際に触れると一瞬だが肉体の感触を手がキャッチ(誤認)してしまう程である。

『水遁流壁陣(すいとんりゅうへきじん)』

殺傷力:F
異牙・初等忍術「水遁術」の一つ。
地中から噴き出す水柱を任意の包囲に広げ、その水圧で敵の攻撃を防ぐ防御技。

『水遁流激波(すいとんりゅうげきは)』

殺傷力:C
異牙・初等忍術「水遁術」の一つ。
空中に発生させた水流を鉄砲水のように撃ち出し対象を圧砕する遠当て技。

『水遁流斬波(すいとんりゅうざんは)』

殺傷力:B
異牙・初等忍術「水遁術」の一つ。
刃のように研ぎ澄まされた三日月型の水流を撃ち出す技。殺傷力では初等水遁術の中で最高を誇る。

『水遁蛇流撃(すいとんじゃりゅうげき)』

殺傷力:A
異牙・闇隠流高等忍術「水遁術」の一つ。『水遁流激波』を闇隠家上忍仕様に昇華した技。
発生させた水流を「蛇」の形にして放つ。
水流全体が高速で螺旋回転しているため、命中すると巨大なドリルで穿たれたような衝撃痕が現れそこから崩壊してしまう。

『水遁蛇王八殺(すいとんじゃおうはっさつ)』

殺傷力:A
異牙・闇隠流高等忍術「水遁術」の奥義。『水遁蛇流撃』を極大化した技。
「蛇」の形をした八つの水流を同時に放ち、敵を八方位から取り囲んで一気に包囲殲滅する。
単に蛇流撃の八発同時撃ちの技と思われがちだが、蛇王八殺は水流が高速螺旋回転するだけでなく、
一つ一つの水流が本物の蛇のようにのたうって不規則な軌道を描き、敵の迎撃を困難にさせている。

『闇拳蛇王決殺(あんけんじゃおうけっさつ)』

殺傷力:A
『水遁蛇王八殺』に闇業を併せて威力を極大化させた技。
己の邪気を複雑に編み込むことで黒く、硬く、そして強靭なものとなった水流を十六も発生させ、
それを闇人特有の二つの邪気眼で制御し・操作する。闇隠流忍術に伝わる最大の秘術。

『闇降の術(やみおろしのじゅつ)』

殺傷力:F
異牙・高等秘術「秘喚の影業(ひかんのかげわざ)」。
本来、上忍には必要とされない『異牙呪印法』を敢えて行うことで集中力を極限まで高め、
己の闇の力を最大限まで引き出せるほどの強力な自己暗示をかける技。
術の効力が続く(およそ一時間~数時間)まで闇人化を強制持続させる上忍家伝来の秘術中の秘術。
本来の自分自身に許された持続時間を一方的に無視して行使できるという多大なメリットがある反面、
効力が失われた時の肉体に及ぶ反動はかなり大きなものとなる(場合によっては死ぬ場合がある)等、
デメリットもまた大きい。その為、多用することはまずできない。
ルカ曰く「闇人化を会得した者の中でも更に類稀な精神力を持つ達人にのみ許された“裏技”」。

『光遁黒滅閃(こうとんこくめつせん)』

殺傷力:A
異牙・高等秘術「光遁術」の一つ。
指先に溜めた漆黒の邪気を光線にして放つ技。闇業の一種で、レッドフォースの「暗黒閃」と原理は同じ。