聖者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆聖者(せいじゃ)

「セイント」とも呼ばれる「邪気眼使い」とは対極に位置する異能者のこと。
古の時代より邪気眼使いの増加によって世界の平和と混沌のバランスが崩れると世に現れ、
それを正す為に邪気眼使いに大規模な「戦争(聖戦)」を仕掛けると言われている。
黒羽 影葉によると聖者は邪気眼使いと同じ「気(ただし聖者のそれは聖気と呼ばれる)」を操る
タイプの異能者でありながら、己の肉体からそれを生み出しているわけではないらしく、
過去全ての戦争にはその利点を活かすことで悉く勝利しているとのこと。
なお、聖者は『聖十字』と呼ばれる金の十字架を所持しており、
それを『聖具』と呼ばれる独特な武器に変化させて闘うことが明らかになっている。