異牙呪印法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆異牙呪印法(いがじゅいんほう)

異牙忍者が用いる「印」結びのこと。
「業火・激流・烈風・地力・迅雷・森羅・氷結・壊龍・美雀・蛇神・魔影・決殺」という独特の呪文を唱え、
それに併せて手指で独特の形を作っていくことで異能を発動することができる。
しかし、鍛練を重ね印を省略する力・「印省(いんしょう)」を会得した忍の場合はその限りではなくなる。
また上忍家の人間に限っては生まれつき「印省」が可能であるという。