葦ヶ矢 藍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:葦ヶ矢 藍(※【第弐部】の方はを参照)
性別:女
年齢:26歳
身長:162cm
体重:50kg
職業:御影家所属メイド→SA極東地区第01校所属のサージェント
容姿:【第弐部】では背中まであった髪を肩の辺りで切り揃えている。色は変更なし。
   瞳の色は茶色。若干ツリ目だが、それを補って余りある穏やかで優しそうな雰囲気が全身から滲み出ている。
   服装は【第弐部】では和装だったが、【第参部】では淡いブルーのスーツ姿で眼鏡をかけている。
   右腕に金色の腕章をつけ、赤いライダーグローブを着用している。
眼名:死刃眼(しじんがん)
能力:空間上に見えない刃(藍自身は見えている)を出現させ、自在に操ることが出来る。
   刃と言っても種類は様々で、刀などの大きなものからカッターなどの小さなものまで豊富に扱うことが出来る。
   但し自分のイメージできる物しか出現させることは出来ず、範囲も最大で7~8mほど。
   刃は本人の意思で視覚化させることが可能だが、力量が高い相手ほどステルス機能の効果は薄くなる。
人物紹介:SA極東地区第01校に勤務する物腰柔らかな女教師。
     担当は能力開発。主に無能力者を対象にした邪気眼の発眼を受け持っている。
     自身も数年前まで無能力者だったこともあり、能力者無能力者関係なく、一人一人親身になって丁寧に対応・解説している。
     更に容姿端麗なこともあって、生徒(特に無能力者層)からは絶大な人気を誇る。
     またエージェントとしての実力も高く、踊るように闘うことから、畏敬の念を込めて「死の舞姫(ファントム・ダンサー)」と呼ばれている。
     全てにおいて平均を上回る能力を持ち、メイエリの二人に師事していたため、
     素手の格闘戦や銃火器の扱い・様々な乗り物の操縦など、一線を画した知識量と技術力を持つ。
     更に元々身体能力が高かったところに邪気眼が発眼したため、加速度的に成長。彗星のような速さであっという間に二つ星を獲得した。
     このことについては、「このまま行けばいずれは賢者に」と言う期待の声と、「ポッと出の新人のクセに」と言う賛否両論の声が上がっている。

     尚、彼女が御影家の関係者であることは極一部の人間(獅子堂などのISS騒乱関係者)しか知らない。

     【脱獄者編】にて脱獄の手引きをした容疑がかけられ、EPSILON、並びに自身の勤めるSA極東地区第01校からも追われる身となる。

過去

六年前は三英傑の一人である御影 篠に仕えるメイドであった。
ISS騒乱後、主と世界を巡る過程で修行の末に邪気眼が発眼。
その後日本のSAの噂を聞き、かつての自分のような無能力者の力になれれば、と言う思いから主の元を離れて四年前に帰国、
一年間の努力の末にエージェントのライセンスを取得した。
その一年後に、総理大臣脅迫事件を企てていた詐欺城 十一を捕まえたことが二つ星を獲得するきっかけとなる。
二つ星の獲得を機に、以前より心待ちにしていたSA極東地区第01校への赴任を決め、現在に至る。

戦歴

vs拘束部隊十人→勝利(七人を気絶させ、残る三人は戦意喪失)
vsボブ・デーモン→勝利(丙 凪沙と共闘。攻撃を受けて気絶していたが、自身の技が決め手となった)

技一覧

『斬鋼刃(ざんこうじん)』

殺傷力:A
複数の刃を生み出す為の邪気を一つに纏め、切れ味を極限まで高めた一振りの刀。
尚、斬鋼刃の使用中は他の刃は出現させることが出来ない。
ちなみに『斬鋼刃』とは、『金剛石をも斬る刃』という意味である。