ヱ那堀 有慧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:ヱ那堀 有慧(えなほり ありえ)
性別:男
年齢:18歳
身長:175cm
体重:60kg
職業:SA極東地区第01校所属の高等部三年生。
   ……だが、その正体は「蛇神」率いるコラプター部隊・通称ダークフォースの隊員である。
容姿:軍礼服のような白い服を纏い、両肩に青い肩パッド。両手に皮の白手袋。
    常に銀色の腕章をつけ、額と目元を覆ったマスクのようなバイザーを着けている。
    頭髪は黒く、外側にツンツンはねた長髪を無造作に太ももの辺りまで伸ばしている。
眼名:魔影眼(まえいがん)
能力:異牙・七系統の能力全てを発動できる能力。
人物紹介:SA極東地区第01校に通う高等部三年生。17歳の時に試験をトップ合格で編入した。
       「小さい頃に顔に火傷を負った」という理由で常に顔をバイザーで覆っているが、
       実際のところその素顔は黒羽 影葉と瓜二つである(詳細は後述)。
       しかし、振る舞いがキザであり、更に二年時で編入早々、二位以下に大差をつけて「賞金王」を
       獲得したという確かな実力もあって、主に女生徒を中心にして圧倒的な人気を誇っている。
       既にEPSILONのいくつかの地区本部が熱心な勧誘にきており、
       その中には着任早々「一つ☆」を約束しているところもあるという噂もあって、
       周囲からは「学園の貴公子」、「極東01校の最終兵器」と呼ばれ敬愛されている。
       しかし、その正体は「影の支配者(シャドウルーラー)」と呼ばれる「ダークフォース」の一員であり、
       極東校に来たのも九鬼 義隆の意思を継いで再び市内に鬼門を開くための「下地を整える」為であった。
       最後の決戦で黒羽 影葉と相対し、黒い落葉を使って発現させた「黒い双翼」の能力で圧倒しようとするが、
       同じく黒い落葉を使って己の力を極限まで高めた影葉の決死の自爆によりもろとも爆死するという壮絶な最期を遂げた。
       なお、影葉との対決の際に「黒羽 影羅の名と力を受け継ぐ“裏”の黒羽一族の末裔」であることが判明しており、
       影葉に対して「貴様の家系は所詮“劣性”。我ら“優性”の血を受け継ぐ“支配者”の存在を覆い隠す為だけのいわば飾り。
       その力は天と地ほどの開きがある!」と豪語していた。

過去


戦歴

vs黒羽 影葉→引分(相討ち)

技一覧