ルカ・ナイトヘイズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:ルカ・ナイトヘイズ
性別:女
年齢:18歳
身長:154cm
体重:44kg
職業:EPSILON極東地区本部管轄・黒歴市支部所属アーセナリー
容姿:小柄のスリム体型。先の尖った毛の束が結び目から二又に分かれた金髪ショートツインテール。赤い瞳のツリ目。
    ツンと澄ましてるが、端麗な顔。服装はミニ丈のヘソ出しノースリーブ、デニムショートパンツ風の黒い「くの一」装束。
    首に赤いスカーフを巻き、足にニーソックスのような黒い長足袋、丈夫な特殊繊維で編まれた赤草鞋を履いている。
    両手には肘までを保護した灰色の手甲指抜きグローブ。腕には赤銅色の腕章をつけ、同色の「証明書」を携帯。
    服やグローブ等の裏地には特殊金属で作られた「帷子」、「鉄甲」、「苦無」等の武具をそれぞれ仕込んでいる。  
眼名:火遁眼(かとんがん)……とは偽りの名。
    .火龍眼(かりゅうがん)……が正式な名である。
能力:強力な火炎を発生させ、操る能力。 火炎は常に手元・あるいは体の一部からしか生み出せないが、
    一度生み出した火炎は操作範囲(半径数十m)内まで幅広く遠隔操作することが可能。
人物紹介:黒歴市で「クライマー狩り」をして生計を立てるアーセナリーの一人。
       同業者の間では男顔負けの気の強さと顔に似合わぬ苛烈な闘い方をする腕利きアーセナリーとして知られ、
       標的であるクライマーやコラプター達からは「煉獄龍(サラマンダー・ヘル)」の二つ名で恐れられている。
       隠密の技を持つ「金髪くの一」としても知られているが、異牙の忍術を、それも「夜霞流」の使い手であることは
       本人が隠していることもあって意外にも余り知られていない(後に太刀風 鼬などには自ら明かしている)。
       出生については本人が公言するところによると父は旧貴族出身のイギリス人、母は旧武家出身の日本人であり、
       両方とも物心つく前に早世した為に母方の遠い親戚に預けられ、そこで忍術を習わされたとしている。

       ……が、それは作り話であり、実際は異牙の名門・「黒羽家」の生まれで、
       その正体は幼い頃に「夜霞家」へ養子に出された黒羽 幻蔵黒羽 影菜の娘であり黒羽 影葉の兄妹、雀舞 美緑の孫である。
       本名は「夜霞 龍華(やがすみ るか)」、旧名は「黒羽 影華(くろばね えいか)」。
       将来的に義母である夜霞 龍姫の三人の息子のいずれかと結婚し、家督を継ぐという運命に反発して家を飛び出しており、
       いずれ差し向けられるであろう追っ手を欺く為に「ルカ・ナイトヘイズ」と名を偽り、髪の色や髪型を変えて生活していた。
       ちなみに家を飛び出す前は黒髪でショートヘア、服装も雀舞に「そんなあからさまに目立つ格好をしたくの一がどこの世界にいる」
       と呆れられた今現在のスタイルとは違い、くの一としてオーソドックスな地味なものだったらしい。
       本人は父である幻蔵の出生について詳しいことは何ら教えられていない為、暗裏 雀勝が従兄弟であるということや
       雀舞が祖母であるということに気がついていないが、元々、雀舞に対してだけは「おばあちゃん」と呼んで慕い、
       度々朱雀堂を訪ねては入り浸ったりなどしていたので彼女との関係は非常に親密である。
       また、彼女自身がルカの保護者的立場を買って出ており、一方のルカ自身もそれを望んでいる節がある為、
       基本は誰に対しても初対面からツンとした傲慢不遜な態度をとるルカも雀舞には素直な一面を見せる。
       同年齢の太刀風 鼬とは15の時に知り合って以来、立場が違えど最も多く行動を共にする親友であり、
       彼女に対しては雀舞に対してのとはまた違う年相応の少女らしい一面を曝け出している。

       ちなみにシャングリラというアパートに住まいを持っているが、部屋はめちゃくちゃ汚いらしく、
       太刀風に「とても女子(おなご)の住む部屋とは思えない」と呆れられている。

       【異牙襲来編】で義兄弟であり結婚の対象とされている夜霞 龍斗夜霞 龍希と再会したが、
       元々兄弟間の仲は余り良くなかったものであるらしく、龍斗と互いに皮肉り合ったり、龍希を罵倒する光景が展開された。
       ただし、龍斗は夜霞 龍之介には唯一心を開いていたと述懐している。
       義母の龍姫は畏怖の対象であると同時に愛を求めていた対象でもあったようで、
       和解の前後に幼い頃からの欲求や想いを人目もはばからずに涙ながらに吐露している。
       【蛇神編】での闇隠 巳呉との闘いの際に闇堕化を制御する(闇に『自らの視覚を封じた上での決闘』を約束した)ことに成功し、
       奥義を体得した。

過去

2~3歳時に黒羽家から夜霞家に養子に出され、14歳までに当主候補の「くの一」として育てられる。
だが、15の時に結婚と当主就任を拒み(なお、太刀風は周囲の好奇な目やプレッシャーなどが原因と推察している)、
表向きは「当主たるに相応しい力を養うための修業」と称して家を飛び出し、黒歴市を訪れる。
その際に太刀風 鼬と雀舞 美緑に出会い、やがて二人と親密な関係になったことで黒歴市定住を決断。
以降、アーセナリーの「ルカ・ナイトヘイズ」として正体を偽りながら暮らし、現在に至る。

戦歴

【新世代編】
vs謎の少年→敗北(?)
vsクリムゾン・フォース800人→勝利(半数を倒すが、残り400人の逃走を許す)
vs鍵錠 龍鎖→勝利
【異牙襲来編】
vs夜霞 龍姫→敗北(結果は決着つかずだったが実力的には圧倒されていた)
【脱獄者編】
vs鬼女羅 姫→勝利(戦闘はほとんどソフィアに任せきりであったが、結果として鬼女羅が死んだ為)
【蛇神編】
vs鍵錠 龍鎖→勝利(殺害)
vs闇隠 巳呉→勝利(苦戦するが最後に闇堕化して撃破、殺害する)

技一覧

『驚天(きょうてん)』

殺傷力:F
「驚天の術」「驚天法」などとも呼ばれる、異牙忍者独得の高速歩法(忍歩)。
高速移動だけでなく、忍歩特有の音を完全に殺す、ということも同時に体現している。

『空蝉(うつせみ)』

殺傷力:F
異牙忍術の一つ。己の衣服を身代わりに敵の攻撃をかわす技。
達人になると仕込んでいた丸太などを小道具にあたかも入れ替わったかのように見せることもできる。

『火遁焦熱壁(かとんしょうねつへき)』

殺傷力:F
異牙・初等忍術「火遁術」の一つ。
掌から本体の前面を覆う高熱の火炎の壁を展開する防御技。

『火遁赤攻拳(かとんせっこうけん)』

殺傷力:D
異牙・初等忍術「火遁術」の一つ。
拳に火炎を纏い敵に高熱のパンチを与える近接技。細身のルカではあまり力がない為殺傷力は低め。
火遁術の基本技なので他の技に速やかに繋ぐことができる。いわばコンボの起点。

『火遁烈火弾(かとんれっかだん)』

殺傷力:B
異牙・初等忍術「火遁術」の一つ。
掌に溜めた紅蓮の火炎を球状に凝縮し火球として撃ち出す遠当て技。
着弾と同時に激しく炸裂し、周囲に炎熱を撒き散らしながら火柱を打ち立てる。
その威力は初等の火遁術の中では最高位に位置する。

『火遁炎龍爪(かとんえんりゅうそう)』

殺傷力:C
異牙・夜霞流高等忍術「火遁術」の一つ。『火遁赤攻拳』を夜霞家上忍仕様に昇華した技。
龍の爪を模した火炎のナイフを指先に現し、敵に斬撃を兼ねた炎の打撃を与える近接技。

『火遁炎龍焼(かとんえんりゅうしょう)』

殺傷力:A
異牙・夜霞流高等忍術「火遁術」の一つ。『火遁烈火弾』を夜霞家上忍仕様に昇華した技。
掌に溜めた紅蓮の火炎を「龍」の形に顕現して放つ。
着弾と同時に激しく炸裂し、周囲に猛烈な炎熱を撒き散らしながら巨大な火柱を打ち立てる。

『火遁九頭龍焼(かとんくずりゅうしょう)』

殺傷力:A
異牙・夜霞流高等忍術「火遁術」の奥義。『火遁炎龍焼』を極大化した技。
火炎龍を一度に九発放ち、敵を九方位から取り囲んで一気に焼き尽くす。
ちなみに闇隠 巳呉戦での使用がルカにとって人生初の奥義発動成功であった。
ただし、その巳呉戦で放ったものは厳密には夜隠流忍術の秘術に値するもので、本来のこの技ではない。