黒歴市


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆黒歴市(くろれきし)

日本の首都・東京のどこかにある都市。
別の都市にあるEPSILON極東地区本部が治め、管理していることになっているが、
実際は直属組織のSA極東校が管理しており、学園生が多いことから「学園都市」の通称の方が定着している。
前身都市は厨弐市で、基本的な地形や区画は一部を除いてほとんど変わっていない。
ISS騒乱以降、EPSILON極東地区本部及びSA極東校主導のもとに復興・開発が行われており、
当初の人口は騒乱の影響で3万人にまで減少していたが、現在では六倍の18万人にまで増加している。
なお、18万のうちSAの学生が約6万(その内コラプターが4千)、アーセナリーが1万、クライマーが9千、
エージェントは「サージェント」を兼ねた人間のみで数百人と言われている。
都市の規模に比べてエージェントが極端に少ない点については、
「黒歴市内での犯罪者との戦闘は生徒の成長を促すものでもあり、必要以上のエージェントは不要」
という学園の方針によるところが大きい。

◆東エリア
市内で唯一海に面したエリア。
騒乱の影響が少なかったせいか厨弐市と同様に旅館やホテル、レジャー施設が乱立気味に立ち並び、
市内で随一の行楽地スポットとなっている。
ハイパーターミナルビルがある。
◆西エリア
経済特化エリア。各所に大規模な商店街やビジネス街が広がっている。
南エリア寄りにシャングリラがある。
◆南エリア
中流階層、上流階層向けの住宅街が広がるエリア。
SA極東地区第01校の「南側校舎群」やSA極東地区第01校寮の「南側学園寮」、EPSILON黒歴市支部などがある。
◆北エリア
農村・工場地区。エリアの北側半分を山林と田園、南側半分を工場プラントが占めており、
それに挟まる形で中央にSA極東地区第01校の「北側校舎群」や「北側学園寮」がある。
エリアの端、危険区域に程近い場所には烏羽荘が建っている。
厨弐市時代からの建造物としては応龍邸御影家ツタの館(跡地)などがある。
◆危険区域(デンジャラス・エリア)
ドーナツの穴のように市内中央に広がる「立ち入り禁止区域」。
ISS騒乱で最も甚大な被害を出した「厨弐市」の中央区に位置し、斜めに傾いたボロボロのISS本部ビルや、
崩れかけて苔生した厨弐駅など、破壊された旧厨弐市の街並みの多くが未だに手付かずのまま残されている。
騒乱時に撒き散らされた極めて濃い残留邪気が辺り一面に染み付き、広範囲に渡って漂っており、
それが人体に悪影響を及ぼす為に危険である、というのが立ち入り禁止の理由とされている。
実際に年間何十人かの人間がこの区域に立ち入り、帰らぬままとなっているが、
街に蔓延るクライマーやコラプター達の多くは、この区域に本拠地を設けていると噂されている。
なお、未だに機能している施設として朱雀堂がある。
◆地下牢獄(アンダーグラウンド)
市内の地下に広がる広大な「立ち入り制限区域」。
中はEPSILONが管理する三層からなる牢獄になっており、下に行くに連れて収監している犯罪者の危険度(ランク)と
張り巡らされたセキュリティの厳重さが増していく。
ちなみに最下層たる三層目には危険度A級とみなされた数人(通称、マグ・ナンバー)しか収監されていない。
SA極東地区第01校の本部校舎の地下にあり、厳重なセキュリティが施された地上一階に繋がる直通の通路が唯一の出入り口である。