氷室 霞美


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

名前:氷室 霞美(ひむろ かすみ)
性別:女
年齢:24
身長:162cm
体重:48kg
職業:「カノッサ」幹部・元四天王。占い師。
容姿:青髪のショート。上下紫のジャージを着ている。
能力:オーラを冷気に変化し、更に放出する能力。
キャラ説明:秘密結社「カノッサ」結成当初からの古株メンバーの一人だった女。
       「カノッサ事件」の際に焼き殺されそうになったことで冷気の能力に覚醒したが、
       同時に火に対して若干ながらトラウマを抱えるようになった。
       「氷の魔術師」(クリスタルメイジ)の異名をとるほどオーラの冷気変化と操作に長けており、
       内在された豊富なオーラを駆使しての攻撃力は異能者の中でも屈指である。
       冷静で勝気な性格。思ったことは口にするタイプ。そのせいかトゲのある言動が目立つ。
       占いを趣味としているが、カード占い以外の知識には乏しい。というか皆無。
       ただ、勘がいいせいか、占いでも適当に言ったことが的中するという事がよくあり、
       そういう意味では多方面から色々と頼りにされている。

       【Part1】で不知哉川 霊仙と闘った際に、復讐に生きる生き方に虚しさを覚え、カノッサを脱退。
       【Part2】では副業であった占い師を本業に変え、角鵜野市で生活している。

パラメータ

【Part1~Part2】
(本体)
筋  力:B
敏捷性:A
耐久力:B
成長性:N
(能力)
射  程:A
破壊力:A
持続性:C
成長性:N

戦歴

  • Part1
【1日目】
vs中級の一般異能者→勝利(殺害)
vs虹色 優→無効(部下の登場で戦意損失。逃亡)
vs海部ヶ崎 綺咲→勝利(戦闘不能に追い込む)
vs赤月 怜→無効(倒したか不明のまま退散)
【2日目】
vs海部ヶ崎 綺咲→無効
vs不知哉川 霊仙→敗北(生き残ったが戦闘不能に陥った為)
  • Part2
【1日目】
vs『3』の番号を持つ狂戦士→勝利(殺害)
vs『No.222』の異能者→勝利(殺害)
vs『No.170』の異能者とその一派→勝利(気絶させる)
vsエース→引分(互いに再起可能のまま戦闘終了)
【2日目】
vsエース→勝利(戦闘不能に追い込む)
vsワイズマン→勝利(天木らと共闘し、勝利をアシストする)

技一覧

『フリジッドゾーン』

威力:無
氷点下の冷気を体から放出することで自身の周囲に一種の人工的な極地をつくりだす技。
物理的な破壊力はないが、凍て付くような寒さによって敵の動きを鈍くする効果がある。
オーラの消費量は技の範囲(最大で半径20m)と行使する時間に比例する為、
基本的にあまり広範囲に渡って長時間使い続けることはしない。
逆に範囲を絞れば長時間行使できる為、夏はクーラー代わりに使ってることもあるとかないとか……。

『アークティッククロー』

威力:中
刃状に圧縮した冷気を指先に形成し、鋭い爪を持つ猛獣の如くの斬撃を繰り出す技。
爪によって裂かれた患部は冷気によって瞬時に凍らされる為、出血することはないが、
放置しておけば凍傷によって神経組織が損傷し、文字通り致命的な傷となってしまう。
なお、この技は接近戦だけでなく、指先から冷気を飛ばすことで遠隔戦にも使用できる。

『ノーザンミーティアー』

威力:大
掌に集約させた冷気を光線のような波動にして撃ち放つ技。
くらった者は猛烈な吹雪を浴びたような感覚に襲われ、その身が凍りついてしまう。
威力は調節できるらしく、本気で撃つ時は「両手」を使う。

『アブソリュート・ゼロ』

威力:極大
ノーザンミーティアーの発展型。
あらゆるものを凍結させる絶対零度の冷気を両手から撃ち放つ。
威力は絶大だが、その分、オーラの消費量も大きい。